好きな人から嫌われた場合の挽回法
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

恋愛は、一度嫌われてしまったらそこでゲーム終了?

いえいえ、しつこくして嫌われても挽回し、好きな人と付き合えた女性もいます。

今回は、好きな人にしつこくして嫌われてしまった場合の対処法についてレクチャー!

体験談をまじえてご紹介しますので、使えるテクニックはぜひ真似っこしてみてくださいね。

嫌われたかどうかの判断基準や、理想的な冷却期間、嫌われた相手に対してやってはいけないNG行動についても併せてご紹介していきます。

目次

好きな人にしつこくして嫌われた!?あなたが嫌われたかどうかの判断基準

視線を合わせない

視線を合わせない

視線は、相手の本心を知る上で非常に重要なヒントを与えてくれます。

男性でも女性でも、「好き!大好き!」と思う対象は、チラ見でもなんでもとにかく「見ていたい」と思うものですよね。

好きだから視界に入れたくなる。

視界に入るから、ますます気になって好きになる。

こんな連鎖で「好き」という感情は膨らんでいくものですが、逆に「嫌い」と思う対象はなるべく視界に入れないようにするのが人間の性です。

学校や職場が一緒の彼なら話をする機会もあると思いますが、「とにかく視線が合わない」「私を見ようともしてくれない」「会っても気づかないフリをする」といったことが続いたら、それは嫌われてしまった可能性が高いでしょう。

会話を打ち切ろうとしてくる

会話を打ち切ろうとしてくる

「女性に比べて男は共感性が低い」と言われますが、それでも好きな女性のことは「なんでも知りたい!」と思っているし、何を想い、どんなことを考えている子なのかとても気になります。

だから、基本的には好きな女性とのやりとりは会話でもLINEでも前のめり気味。

そこには、「もっと話したい」「もっと君のことを知りたい」という想いがわりとストレートに反映されています。

しかし、嫌いになったら途端に相手に対する興味も失せてしまう・・・。

男にとって、嫌いな女、興味がない女との会話は退屈でしかないのです。

というわけで、LINEでも会話でも、トークを続けようとしません。

「そうなんだ!それでどうなったの?もっと話してよ!」というスタンスではなく、「あっそ、じゃ、お疲れー」という冷ややかな態度・・・。

本当に会話したくないと思うレベルまで嫌われてしまうと、スタンプ一つでおしまいにされてしまうこともあるでしょう。

リアクションがなくなる

リアクションがなくなる

男は、脈アリの女性に対してはリアクションがちょっとオーバー気味になります。

それは、全力で「俺、君の話、めっちゃ一生懸命聞いてるよ」という好意や誠実性を伝えたいからです。

「俺っていいやつなんだよ」「俺ってめっちゃ真面目なんだよ」ということをアピールしたいんですね。

だから、やたら相槌が多かったり、会話でのジェスチャーが大きくなったり。

逆に、冷めるとわかりやすいくらいにリアクションが減ってしまいます。

話を聞いているのかいないのか、ひどい場合は女性が話しているのにスマホをいじり始めたりすることもあり、まったく二人の時間に集中できていない状態。

言ってしまえば、「もう、どうでもいいや」と思うレベルまで嫌われてしまったのだと受け取ることができるでしょう。

頼みごとをしなくなる

頼みごとをしなくなる

男性にとって、恋愛とは「信頼」です。

もちろん、ラブラブしたいし、好きになりたてで盛り上がっている時は相手の女性を冷静に見られなくなる時期もあります。

しかし、究極的には信頼できる相手しか彼女にしません。

なぜなら、本能的に「自分の巣や子孫を確実に守ってくれるメスを選びたい」という願望があるからです。

だから、「こいつ、もうダメだわ」と見切った女性に対しては、頼みごとをしなくなります。

これは、同じ会社の同僚だったりするとわかりやすい変化ですね。

それまで、「悪いけどコピーお願いしてもいい?」とか「会議室の準備、お願いできるかな?」などとよく頼まれごとをしていたのに、それが一切なくなった・・・という場合は、残念ながら彼の信頼を失ってしまった可能性がかなり高いですね。

あらゆる連絡ツールをブロックする

あらゆる連絡ツールをブロックする

みなさんは、嫌いな人からLINEが来たらどう思いますか?

嫌いな人から話しかけられたら?

嫌いな人が自分のSNSをしょっちゅうチェックしていると知ったら、「うわ、気持ち悪ッ」なんて思ってしまうのではないでしょうか。

それは男も同じです。

本気で嫌いになって「コイツ、マジでもう無理だわ」と思われてしまったら、彼はLINEやSNSなどあらゆる連絡ツールをブロックするでしょう。

連絡をもらって不快な気分になりたくないからです。

「ブロック」という言葉には、攻撃を「妨害する」とか「阻止する」といった意味がありますが、今の彼にとってあなたからの連絡は「攻撃」以外の何物でもないということ。

どんな事情があったにせよ、自分の心を守ることでいっぱいいっぱいになっているのですから、今はそっとしておいてあげましょう。

焦らないで!好きな人にしつこくして嫌われた時は冷静に一旦距離をとるべき理由

その謝罪、無意味かも?

その謝罪、無意味かも?

「好きな人に嫌われてしまったかも・・・」と思ったら、たいていの人は必死に、何度も謝って、自分に対する悪い印象を払拭しようとするのではないでしょうか。

しかし、それはあまり意味がありません。

時は戻せないからです。

何かしらの原因があって、彼は相手の女性に対して幻滅してしまった。

その時点で、その出来事を挽回できるくらいの誠意の積み重ねがないと、なかなかすぐに関係を修復することはできないでしょう。

これが長年つきあったカップルだったり、夫婦だったりするなら、ちょっとしたことであれば簡単に修復できるかもしれません。

その点、まだ「付き合う」という関係にも至っていない男女だと、そもそもの信頼関係が築けていない可能性がありますよね。

信頼関係がない状態で、壊れた関係をすぐに戻すのはどんなに謝罪しても無理。

むしろ、謝ることは相手の傷口に塩を塗ることにもなりかねません。

とりあえず、思考停止で「ひたすら謝る!謝ればどうにかわかってもらえるだろう」「私の想いが彼に届くだろう」という精神論的な考え方を手放しましょう。

見ているようで見えていなかった真実がある

見ているようで見えていなかった真実がある

人が誰かを嫌いになるのは、必ず原因があります。

しかし、その原因を自分自身がしっかり理解できているか?というと必ずしもそうとはいえないのが人の心の難しいところ。

女性側が何かひどいことをしたわけでもないのに、なぜか彼が一方的に怒りだして嫌われてしまうという不可解なケースもあるわけです。

その根っこにあるのは、彼のトラウマやコンプレックス。

たとえば、学歴が低いことについてコンプレックスを抱いていた彼に対して、あなたが何気なく自分の出身校の話をしたとします。

学歴が高いことを自慢したわけでもなければ、彼をバカにしたわけでもない。

それでも、人によっては「俺より学歴高いんだ。なんかコイツ、俺のことバカにしてんのかな」と受け取ってしまうことがあるのです。

同じく、親が離婚して家族に恵まれなかった男性の前で親子喧嘩の話をしたりとか。

それも、「俺には喧嘩する家族もいなかったのに、コイツはなんて贅沢なんだ」と思われてしまう可能性があります。

このように、どんな発言や行動が彼の地雷を踏んでしまったのか、それは彼自身にしかわからないことなんですね。

「しつこくした」という行為も、人によって受け取り方が違います。

しつこくされることが心地よく感じる男もいれば、そのしつこさが母親の過干渉と重なって思えて嫌になってしまうケースもあるのです。

長く付き合ってきた相手であっても、しっかり見つめているようでいて全く見えていなかった真実がある。

だから、嫌われたからといってひたすら謝れば良いというものではないのです。

自分を再評価してもらう時間が必要

自分を再評価してもらう時間が必要

頑固で思い込みが強い男ほど、一度「コイツ、もう無理だ」「しつこくて嫌だ」と思ってしまうとその感情を引きずります。

彼の中でできた、「しつこい女」「めんどくさい女」「嫌なことを言う女」というラベリングはそう簡単には払しょくできません。

しかし、二度と挽回できないのかというと、そんなこともないのです。

たとえば、学生時代にいじめっ子だった人に対して強烈な嫌悪感を抱いていたとしても、同窓会で再会したら印象がガラッと変わっていて拍子抜けしたりすることってありますよね。

それは、長い時間をかけてその人の人間性が変化したからです。

そこであなたの脳内では、「この人、本当にあの○○くんかな?」「別人みたいに思えるけど、どうしてだろう?」と“再検証”、“再評価”が始まります。

このプロセスを経ることで過去の嫌な印象がキレイに洗い流され、今現在のポジティブな○○くんのイメージがあなたの中にインストールされていくんですね。

同じことは男女関係でも起こり得ます。

だからこそ、「嫌われた」と思った時は時間を空けてもう一度自分を再評価してもらう必要があります。

本気で挽回したいなら3ヶ月はかかる

本気で挽回したいなら3ヶ月はかかる

人は、悪い記憶を水に流せるようになるまで半年くらいかかると言われています。

ですから、「好きな人に嫌われた」と思った場合は、理想的には半年は連絡を絶って距離を置いたほうが良いのです。

半年あれば相手の心の整理もつくでしょうし、あなた自身も内面・外見ともに磨き上げることができます。

再会したところであなたが全く変わっていなければ意味がないので、彼との関係を修復したいのであれば半年かけて自分を変えていくのが理想的。

「半年はあまりにも長過ぎるんじゃないの?」という場合は、最低でも3ヶ月は連絡をとらない期間を設けましょう。

科学的にも3ヶ月あれば内面や外見をバージョンアップできることがわかっています。

カップルの復縁でも、男性にアプローチするなら別れてから3ヶ月目が良いという説もありますので、「3ヶ月」は一つの目標とするにはちょうど良い時間ですね。

もちろん、本来は半年くらい頑張ってみるのが最も効果的なのですが。

本当に関係を修復すべきかどうか考えることも必要

本当に関係を修復すべきかどうか考えることも必要

好きな人に嫌われたら、誰でも悲しいし不安になりますよね。

「このままずっと、○○くんに嫌われたままなんじゃないか」

「もう○○くんほど好きになれる人はできないんじゃないか」

彼のことを考えれば考えるほど、取返しのつかないことをしてしまったように思えて激しく落ち込んでしまうでしょう。

しかし、実際はそうじゃない。

この地球上には78億人を超える人間がいるのです。

そのうち、「彼だけが私の特別な人だ」というのは誰が決めたのでしょうか。

神様?運命?

でも、最終的にはあなた自身がそう信じることに決めただけですよね。

彼以外にも“億”の単位で男性がいるのに、彼以上の人が二度と現れないと決めつけてしまうのは少々乱暴ですし、あなた自身の人生の可能性を狭めてしまうことにもなりかねません。

ちょっと距離を置いてみたら、他にもっと素敵な男性が現れるかもしれませんし、科学的に見ても「嫌われた相手の心を取り戻すこと」よりも新しい相手と関係を構築することのほうが簡単ですし精神的なダメージも少ないでしょう。

「嫌われたら一旦距離を置いたほうが良い」というのは、「他の男性にも目を向けてみる余裕を持ったほうがいいよ」という提言でもあるのです。

好きな人にしつこくして嫌われた時に挽回するための連絡方法や内容

ヒントは過去のやりとりにある

ヒントは過去のやりとりにある

嫌われたかも・・・と思う相手に対して、どんな話題をふったら良いのか?ってものすごく悩ましい問題ですよね。

しつこくしてしまったことが原因だという自覚があればなおさら、慎重になってしまうでしょう。

まず大事なことは、彼についてもっと深く知ることです。

「知るって言ったって、もう避けられてるんだから無理でしょ」と思われるかもしれませんが、実は彼を知るヒントはすでにあなたの手の中にあります。

それは、スマホに残っている履歴。

LINEやメール、SNSなど、彼が記した文章には、その人の“素”や“本音”が面白いほど顕著に表れているんですよ。

言葉で会話するよりも、文章のやりとりのほうがその人の“ありのまま”が出やすいという説もあり、LINEやSNSの履歴は侮れない他者分析ツールなのです。

過去のやり取りを見返してみれば、彼がどんなことに興味があるのか、どういう話題の時に饒舌になるのか、テンション上がるのかがわかるはず。

使っているスタンプにも好みが表れるので(例えばアニメ)、ここも要チェックですね。

そのうえで、彼が興味を持ちそうな話題であまり肩に力を入れずフランクにLINEしてみます。

たとえば、

○○くんが好きだって言ってたアニメのコラボ商品、コンビニで再販されてたよ。もしかして知らないかも・・・と思ってお知らせしてみました!
○○くんが推しのYouTuberさんの動画、ランキングで急上昇中だね!
このスタンプ(元カレが好きなアニメ)、かわいいね^^
○○くんがおススメしてくれたたこ焼き屋さんに、友達と行ってきたよ!タコがぷりぷりでめっちゃ美味しかった~!教えてくれてありがとう。

こんな感じで、謝るのではなく彼にとって耳寄りな情報を提供するというスタンスでいきましょう。

「しつこい」の真逆の行動で攻める!

「しつこい」の真逆の行動で攻める!

しつこくしたからそっけなくされてしまうようになったのが事実なら、「しつこい」という行動自体を封印しなければなりません。

彼の中では「Aちゃん=しつこい。要注意人物」みたいなラベリングが成立してしまっている状態。

このラベルを剥がしてもらわないことには前に進めません。

ラベリングを解く方法は、「しつこい」と真逆の行動をすること。

すなわち、「うるさくつきまとう」「くどい」「執念ぶかい」「あっさりしていない」の逆の行動を取ることを意識すれば良いのです。

具体的には、「つきまとわない」「追いかけない」「一つの物事にとらわれ過ぎない」「彼だけに執着しない」「あっさりする」、こんな行動を心がけましょう。

LINEして彼から返事がこなくても、追LINEはしない。=追いかけない

偶然と装って彼と会うためにまちぶせしたりしない=つきまとわない

彼のことばかりじゃなく、他の男性にも目を向けてみる=執着しない

長文のLINEやDMを送ったりしない=あっさりする

これを徹底しているうちに、彼の中で、「あれ?Aちゃん=しつこい女っていう公式は間違ってたのかな?」と認知的不協和が生じて再確認のプロセスが始まります。

この瞬間こそ、過去のネガティブなイメージを覆すチャンスですね!

既読スルーされたらむしろ好都合

既読スルーされたらむしろ好都合

自身に貼られた「しつこい」というラベルを剥がすには、「私はしつこい女なんかじゃないよ」「むしろあっさりしてて気持ち良く付き合える女だよ」というエピソードを積み重ねていく必要があります。

そこで使えるのは、彼の「既読スルー」。

嫌われる前は、「どうしたの?」「私、何か怒らせちゃったかな?」と追LINEして地雷を踏みまくっていたのでは?

LINEを無視されたら、誰だって「嫌われたのかな」と焦るし、どうにか挽回したいと思うでしょう。

だから必死で追撃してしまうわけですが、男にとっては1回や2回の既読スルーは日常茶飯事。

大好きな彼女に対してさえ、仕事が忙しかったらLINEはおざなりになります。

まして、恋人未満の女性なら、「そのくらいは大目に見て欲しい。そんなの気にしないでよ!」というのが男の本音。

好きな彼からまたLINEをスルーされたら、今度は「チャンス!」と思ってください。

ここで、追LINEせず動じない姿を見せれば、彼は「あれ?この子、なんか前と変わったかも」と注意を向けてくれるはず。

「前はLINEがしつこかった ⇒ だから避けていたんだけど、既読スルーしてもしつこく迫ってこなくなった⇒もしかして、あの時は何か事情があったのかも?俺の誤解だったのかな?」

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

このようなフェーズに入ってくれれば、彼の脳内で再検証が始まり、「Aちゃん=しつこい女」というラベルを剥がしてもらうことができるかもしれません。

スルーされたら、凹むのではなくむしろそれを利用しちゃって!

失敗パターンを絶対に回避する

失敗パターンを絶対に回避する

何度も何度も失敗パターンにハマって恋愛をしくじっていませんか?

「しつこくしたのがマズかった」ということがすでにわかっているのに、また同じことを繰り返してしまうことがあるのです。

「追LINEしてしつこくしてから、彼が冷たくなった。だから今度は気を付けなくちゃ」と分かっているのに、また同じ罠にハマってしまう。

彼に既読スルーされたら、また不安になって、また追LINEして、前よりもっと嫌われて・・・。

このようなネガティブループにハマらないためにも、自分がなぜ彼に対してしつこくしてしまうのかを丁寧に分析しておくことが大事です。

「私はこういう理由で、LINEが返ってこないと心がざわつくんだ」

「心がざわつくから、それを消して欲しいからまた追LINEしちゃうんだな」

この心のメカニズムが分かっていれば、同じループにハマりそうになる前に「そうだった。この流れは私がまたドツボにハマる流れだ。だから、追LINEはせずに友達にLINEして話を聞いてもらおう」と、地雷を回避できるでしょう。

アメリカの心理学者、ウィリアムジェームズが言っていたように、起こったことをありのままに受け入れることはとても大事。

「これをしたから避けられるようになった」という現実をありのまま受け入れることが、「嫌われた」という最悪の結果を乗り越えていくための唯一の方法なのです。

なにげない挨拶をさわやかにする

なにげない挨拶をさわやかにする

「私、嫌われたかも」「私、無視されているかも」

一度そう思い始めると、人は変に委縮してしまって相手に対してぎこちない行動を取るようになりがち。

しかし、それがかえって彼の癇に障る結果となり、ますます距離を置かれてしまうという結果にもなりかねません。

そこで意識して欲しいのが、挨拶です。

第一印象の9割は丁寧なお辞儀で決まると言われていますが、これは挨拶でも同じこと。

顔見知りでも、久しぶりに会った時にさわやかに「おはよう!」とか言われると、思わず「お、おはよう」と返したくなるという不思議な魔法が挨拶にはあります。

実際、さわやかに挨拶されて嫌な気分になる人っていませんよね?

相手が嫌いな奴でも、毎日毎日欠かさずさわやかな挨拶をされたら、「嫌い」という感情もいつの間にか薄まって好意に変わっていく可能性もあるのです。

たとえギクシャクしていても、挨拶はさわやかに、しっかりと。

これが、彼の信頼を取り戻すキカッケになるかもしれませんよ。

縁が完全に切れちゃう!しつこくして嫌われた好きな人に絶対にやってはいけない追い打ち

しつこい謝罪

しつこい謝罪

誰かと喧嘩した時、しつこく「ごめんね」「ごめんね」と謝られて、むしろ嫌な気持ちになった!イラっとした!・・・そんな経験はありませんか?

謝ってもらう側と、謝る側。

この両者には、いつの間にか上下関係が生じていて、謝ってもらうほうの心の中には「俺のほうが、立場が上だ」というポジショニングができてしまいます。

ひとたびこの関係が固定されてしまうと、無意識のうちに彼はあなたを下に見るようになるでしょう。

また、しつこくしたことが原因で嫌われたのに、さらにしつこい謝罪でかぶせたらますます嫌われますよね。

ちょっと冷静に考えればわかることですが、「好きな人に嫌われたくない」という想いに囚われてしまうと人は大切なことに気付けなくなってしまいます。

少なくとも、謝る前に「なぜ嫌われたのか」を改めて検証することが大事です。

ご機嫌うかがい

ご機嫌うかがい

関係がギクシャクした時、相手の機嫌をうかがって、うまく取り入ろうとする人もいますよね。

自分が下手(したて)に周り、相手の顔色を窺って、なんでも相手の意見に合わせてしまったり。

女性にこれをやられると、男は冷めます。

なぜなら男性は、自分軸をしっかり持っている女性を好むからです。

確かに、男には「女性を守ってあげたい」「主導権を握りたい」という心理がありますが、自分の言いなりになる女を求めているわけではないのです。

必要な時にはハッキリと「NO」と言える強さ、悪いことは悪いと言ってくれる誠実さ。

これがない女性は、男性に幻滅されます。

しつこいだけでも減点だったのに、自分軸もないとなったら、さらなる減点は免れません。

嫌われたの事実だったとしても、全面的にあなたが悪いとは限らない。

あなたの言動に対して彼のコンプレックスやトラウマが勝手に反応していた可能性もありますよね。

過度におもねることなく、堂々と、毅然としていれば良いのです。

彼の前でビクビクする

彼の前でビクビクする

いじめ議論でありがちなのが、「いじめられる側にも問題があるのではないか?」という意見です。

これは、「バルネラビリティ」という性質で、簡単に言うと攻撃を招きやすい性格のこと。

例えば、気にしやすくて傷つきやすかったり、人に言われた通りに動いてしまったり、自己肯定感が低く「私なんか・・・」といつも委縮していたり。

人から嫌われた時も、バルネラビリティが高い人は相手に対して委縮してしまいやすい傾向があります。

「嫌われてしまったんじゃないか」と思った瞬間からその人の前でビクビクしてしまうため、それが彼のサディスティックな一面に火をつけてしまうこともありますよ。

そうじゃなくとも、自分に対してビクビクする相手は、やはりどうしても見くびってしまいますよね。

対等に見ることができないため、これもやはり関係を挽回するのは難しくなってしまうでしょう。

いきなり泣き出す

いきなり泣き出す

男は女の涙に弱い。

しかし、それは「大好きな彼女のうれし涙に限る」と言っても過言ではありません。

男性は女性に比べて共感能力が低いので、泣かれたところでどうしたら良いのかわかりません。

女性がナゼ泣くのか。どうして欲しいのか。

それを想像してみたり、女性の気持ちに寄り添ってみたりということが致命的に下手くそなのです。

まして、それが嫌いな女性の涙だったらなおさらのこと。

「なんで泣くんだよ」「なんか俺が泣かせたみたいじゃん」「泣いて俺を責めてるのかな」「俺をとことん悪者にしたいのかな」

・・・と、悪い方向にばかり考えてしまう男性も少なくありません。

愛する女性の涙は「かわいい」「キレイ」と思えても、ギクシャクした関係にある女性の涙はただただ「重い」そして「めんどくさい」。

これが男性の本音なので、男の前では涙を見せないようにしましょう。

恋愛において、女の涙は武器にはなりません!

第三者を巻き込む

第三者を巻き込む

人間は、自分の目や耳で見聞きした情報よりも、他人経由で入ってくる情報に敏感です。

たとえば、目の前の男性から「かわいいね」と誉められたとしましょう。

嬉しい反面、正直、「本気で言ってるのかな?」「なんか下心があるんじゃないの?」なんて疑ってしまう部分もありませんか?

一方、親しい友達から「○○くんが、A子のこと“かわいい”って絶賛してたよ」と聞かされたらどうでしょうか。

まず、「私がいないところで私のことをポジティブに評価する会話が繰り広げられていたんだ!」ということがちょっと嬉しいですよね。

さらに、その場で私を誉めてくれた○○くんと友達の株もググっと上がりませんか?

人は「人の間」で生きる社会的な生き物というだけあって、やはり「人が私をどう思うか」「周りの人が私をどう見ているか」を気にします。

だから、好ましい噂を耳にしたら純粋に嬉しいし、その噂をしていた人、運んできてくれた人に対しても好意を抱くんですね。

ただ、だからこそネガティブな噂を流されてしまうことにも敏感です。

もしあなたが、彼と共通の友達に、「○○くんに嫌われちゃったかも」と相談したら、それはきっと彼の耳にもやがて届くでしょう。

「あいつ、なんで他のやつにも話すんだよ」「俺だけ悪者にされてるみたいで感じ悪いな」と思われてしまいます。

なるべく、共通の友達は巻き込まないようにしましょう。

同じ理由で、SNSへの書き込みもNGです!

好きな人にしつこくして嫌われたけど付き合えた女性の体験談

周りの人を大切にするようにしました

周りの人を大切にするようにしました

好きになるとその人しか見えなくなるタイプで・・・。

Bさんを好きになった時も、もう彼のことしか考えられなくなっていました。

Bさんは職場の先輩だったのですが、仕事で絡むキッカケがあってから、あこがれが恋に変わった感じで、急激に気持ちが高まっていったんです。

今思うと、彼のほうは仕事の延長のような感覚だったのかもしれませんが、ある日、LINEを交換してくれて。

嬉しさのあまり、舞い上がってしまって、それから毎晩のようにLINEしちゃってました。

LINE交換してくれた=彼女候補にしてくれたみたいな認識でいたんだと思います。

でも、それから、会社で会ってもそっけなくされるようになって、LINEも既読スルーが未読スルーに変わっていきました。

ああ、またやっちゃったな。嫌われたんだなーって、最初はめっちゃ凹みましたょ。

でも、ふと、彼が「○○さんは、誰に対しても気遣いができていいね。○○さんがプロジェクトに入ってくれて、チームの雰囲気も良い感じになってすごく助かったよ」って言ってくれたことを思い出したんです。

そういえば、最近、彼のことばかりで頭がいっぱいで、職場での気遣いとかそういうのが手薄になってたかもな・・・と反省。

それから、Bさんのことは深い追いせず、職場で自分の良いところを出せるように努力しました。

もしかしたらBさんが見ててくれるかな・・・なんて下心もちょっとあったんですけど。

でも、改めて、美人でもなく頭が良いわけでもない私が会社でそれなりに必要とされる存在になれたのは、この性格のおかげだよなあって思えたんです。

一時期は断っていた職場の飲み会とかも積極的に参加するようになって、嫌われたことの傷もだいぶ回復しました。

そしたら、久しぶりに「最近、頑張ってるね」って、BさんからLINEが!

また新しい企画でチームに入って欲しいから、よろしくって言われて、、今はそのプロジェクトがキッカケでBさんとお付き合いする仲になれました。

あの時、「Bさんが私のどこを気に入ってくれたのか」ということをじっくり考えてみたのが良かったんだと思います。(会社員 30歳)

自分のことは自分が一番よく分かっているつもりでいて、実は一番わかっていなかったりするもの。

異性がどこを気に入ってくれたのか?・・・これを深堀して分析していくと、思いがけない自分の魅力を発掘できるかもしれません。

執着を手放したらうまくいきました!

執着を手放したらうまくいきました!

男の人とちょっとイイ感じになると、必ず、向こうが離れていく・・・というパターンを繰り返していました。

なんでだろう?私の何がいけないんだろう?って思っていた時、YouTubeで「執着を手放す」という動画を観たんです。

異性に対して、「どうしてもこの人じゃなくちゃダメだ」「この人は私の運命の人だ」みたいな信じ込み、思い込みがあると恋愛はうまくいかないのだと。

その“重さ”に耐えられなくなって男が逃げてしまうんだ!と知って、「もしかしてこれって私のことかもな」と思えました。

確かに私、好きになるとその人に執着してしまうところがあったんです。

自分ではそれを「一途」なんだと思っていたのですが、見方を変えれば執着ですよね。

それから、なるべく、好きな人がいるときほど友達を誘って遊びに行ってみたり、習い事に通ってみたりして恋愛中心にならないように気を付けていました。

不思議なもので、そうやって自分を忙しくさせて気持ちを他に分散させていると、好きな人からLINEの返信が来たかどうかもあまり気にならなくなってくるんですよね。

友達と旅行した先でたまたまきれいな写真が撮れたのでインスタに載せたら、ちょっと前までイイ感じになってたC君から連絡がきました。

「ここ、稚内でしょ?行ってきたの?俺もここの海、好きなんだ」

そこで気付いたんですが、Cくんの出身地は北海道なんです!

そこから北海道ネタで盛り上がって、ちょくちょくLINEするようになって、彼のほうから「付き合って欲しい」って言ってもらえました。

ちょっと前まで、気まずい関係になっていたのが信じられないくらいの展開です。

やっぱり、執着を手放すことは大事ですね。(アルバイト 26歳)

心理学では「共通項・類似性の法則」と言いますが、人は、相手と自分に何か一つでも共通点が見つかると一気に親密度が増していきます。

「距離を縮めたい」「嫌われた関係を修復したい」という場合は、この事例のように相手と自分の共通点を見つけられると成功確率はググっとUPしますよ。

結局、愛情不足だったんだと思います。

結局、愛情不足だったんだと思います。

私は、けっこう人の感情の動きに敏感なほうだと思います。

だから、自分が「ちょっといいな」と思っている相手が私をどう思っているかってわりと正確に見抜けるんですよ。

そのせいで、嫌われたかもってわかった時のダメージも相当なもの。

もう、この人に嫌われたら世界が終わるんじゃないかってくらいショックで、そんなことをしても無駄だってわかっていても、必死にすがってしまうんです。

Dくんの時もそうで、「あー最近なんかトークが盛り上がらないな」「嫌われたのかな」って思ってからしつこく連絡し過ぎちゃったんですよ。

「私、傷つきやすいから取り扱い注意だよ」みたいなことを言ってしまったのも良くなかったですね・・・。

結果的にブロックまでされていたので、嫌われていたのは間違いないです。

過去に何度も同じことを繰り返してきたので、今回ばかりは私も色々考えました。

いつもは「どうして嫌われたんだろう」って考えるだけだったんですけど、今回は「私はどうしてしつこくしちゃうんだろう」「どうして男の人にすがってしまうんだろう」っていうことをじっくり考えてみたんです。

たぶん、愛情不足だったのかなあと。

私が小学生の時に親が離婚して、父親のいない家庭で育ったので、自分でも気付かない間に、好きな人に対して父親の姿を重ねていたんだと思います。

「どうせいつかいなくなるんでしょ」「私のことなんか愛してくれるわけないよね」って。

ああ、そういうことだったんだーー!って、霧が晴れたような感じで。

それからは、「この人はお父さんじゃないよ。別の男性だよ」ってあえて自分に言い聞かせて男性と向き合うようにしました。

そういう気付きを、ある日、何気なくTwitterでつぶやいてみたんですよ。

そしたら、Dくんから連絡があって・・・。

「俺もシングルの家庭だったから、気持ちすごくよくわかるよ」って。

今思うと、Dくんも女性との関わり方に戸惑っているような感じがあったので、私たちは似た者同士だったのかもしれません。

お互いに心の鎧みたいなものを外した状態で初めて向き合えて、わだかまりが解けた感じがしました。

おっかなびっくり、ちょっとずつだけど、二人で前に進んでいます。(フリーランス 25歳)

心に同じ傷を抱えている者同士が共鳴して恋愛に発展することもありますよね。

しかし、単なる傷のなめ合いになっては意味がありません。

今回の事例のように、傷を自覚し、恋愛によって心に抱えたトラウマを乗り越えていけるような関係性が理想的ですね。

嫌われた理由は、「しつこい」だけだったの?見えているようで見えていない真実にも目を向けて!

嫌われた理由は、「しつこい」だけだったの?

好きな人に嫌われた!・・・と思った場合にとるべき行動や、逆に避けたほうが良いNG行動についてご紹介しました。

時を戻すことは無理でも、もう一度、彼の中に出来上がったイメージを覆すことは可能です。

押さえておきたいポイントはこの5つ!

  • 「嫌いだ」と思った時の男性の行動は、かなりわかりやすい
  • ただむやみに謝りまくっても意味がない
  • 「嫌い」という感情の背景には、彼のトラウマやコンプレックスがある
  • 関係修復には「再評価」と「再検証」の時間が必要
  • たった一つの共通点が関係改善の大きなキッカケになるケースもある

「嫌い」という感情は流動的なものであり、絶対的なものではありません。

その時の体調、気候、置かれた環境によっても変わるものなので、一度「嫌われた」と思っても挽回することは不可能ではないのです。

大事なのは、必要以上に自分の立場を下げないこと。

悪いと思ったことは素直に謝り、そうじゃないことは自分を貫く。

結果的に、それが一番、彼に誠意が伝わるアプローチ方法です。

それで分かり合えない関係なら、潔く手放して新しい恋に進みましょう。

【期間限定】復縁や不倫の事で悩んでいるアナタへ



こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの不倫や復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「不倫相手の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

【輝とともに】とは、あの東京浅草の神様と言われる占い師「大和」が期間限定で、復縁の悩みを鑑定し幸せになる為のヒント、アドバイスを受け取れる今、話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

片思いのあの人や不倫している彼氏の事、復縁の悩みも初回無料で診断できます。



※20歳未満は利用できません。

占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にて占い、復縁や不倫などの難しい恋愛の不安の解消法、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

難しい恋愛の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事