喧嘩を乗り越えて復縁する方法
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

売り言葉に買い言葉で喧嘩別れてしてしまった彼と、もう一度やり直したい!

そんな時は、どうアプローチすればうまくいくのでしょうか。

今回は、喧嘩別れした後の彼の心の変化に注目!

LINEに表れる復縁可能性の有無や仲直りから復縁するキッカケの作り方をレクチャーします。

合わせて、復縁しないほうが良いパターンについても知っておきましょう。

目次

彼氏と喧嘩別れした…喧嘩の内容は?

些細な意見の食い違い

些細な意見の食い違い

「なんで喧嘩したんだっけ?」と、後で振り返ってみると、男女の喧嘩は意外とどうでもいい些細なことがキッカケだったりします。

例えば、週末のデートの行き先とか。

久しぶりのデートだから、私は遠出したかった。

なのに彼は「疲れてるから、近場にしよう」と面倒くさぞうなそぶりをした・・・。

あるいは、今夜の夕食について。

せっかく一緒に食べるんだから、私は新しくできたごはん屋さんに行ってみたかった。

でも、彼は「家でのんびり、映画でも見ながら食べよう」と、おうちモード。

それってもしかして、単に家にいてあわよくば“やりたい”だけんなんじゃないの?と勘ぐってしまったりしてイライラ全開!

気づけばバトルになっていたというケースも少なくないでしょう。

人生を左右するようなシリアスな話題から喧嘩が勃発して別れたというよりは、些細な喧嘩が積もり積もって大爆発!というほうが決定的な“別れ”につながりやすいのです。

感情に任せて衝動的に「別れよう」と言ってしまった

感情に任せて衝動的に「別れよう」

自分から振って別れて後悔するパターンで最も多いのは、「喧嘩の延長でつい感情的になってしまった」というケース。

彼のことが嫌いになったわけでもないし、本気で別れるつもりはなかったのに、売り言葉に買い言葉で「別れよう」と言ってしまった。

「俺は別れるつもりないよ」と言って欲しかったのに、彼は言ってくれなかった。

だから引き下がることができなくなってつい意地を張ってしまった・・・。

そんなパターンで別れている女性はとても多いです。

何度か同じ様なことを繰り返して、その度にカレが優しくフォローしてくれて仲直りできていた。

それなのに、今回ばかりは彼が優しくしてくれなかったから本当に別れることになってしまったというパターンも多いですね。

見かけ上は自分から「別れよう」と言って振った形になりますが、このようなケースでは元カレがあえてその言葉を「言わせた」という可能性も考えられます。

それを薄々感じているからこそ「元カレの気持ちはもう私から離れてしまったんだ」という現実を突きつけられたようで余計にツラく感じてしまうのでしょう。

自分が一方的に振ったというよりも、彼がそれにやんわりと“同意”したことがショックだから気持ちがモヤモヤするのです。

未来についての漠然とした不安に負けてしまった

未来についての漠然とした不安に負けてしまった

喧嘩の延長で、つい衝動的に「別れよう」と言ってしまった・・・、その背景には彼との交際そのものや「将来」についての漠然とした不安感があったのかもしれません。

つきあって2~3年経つし、そろそろ「結婚」の話も出てもおかしくないのに彼は全く興味がなさそう。

そういう話を一切してくれないし、自分から切り出すのもちょっと悔しい。

そういうモヤモヤした気持ちが「不安」に変わって、ついて「別れよう」と言ってしまったのかもしれません。

やはりそこには「俺は別れたくないよ」「ずっと一緒にいたいよ」と言ってもらいたいという期待感があったのではないでしょうか。

しかし、それが叶わなかったがために本当に別れることになってしまった。

言ってみれば、勝手に不安になって、彼の気持ちを確かめることもなく一方的に「別れよう」」と言ってしまったという形の失敗です。

「あんなこと、言わなければよかった」と後悔や罪悪感にさいなまれてしまうのは仕方がないことかもしれません。

男性は女性と違って「察する」のが苦手ですから、不安を感じているならきちんと言葉にして伝えるべきだったかもしれませんね。

こういった「女性脳」「男性脳」の違いが原因で喧嘩別れしてしまう男女も非常に多いです。

自分だけを見ていて欲しかった

自分だけを見ていて欲しかった

決定的な喧嘩別れにつながる原因としては、浮気もあります。

特に大バトルになりやすいのは、男性側の浮気。

私だけを見ていて欲しかったのに、彼は他の女性に目移りしてしまった!

それが悔しくて、悲しくて・・・つい衝動的に「許せない!」「別れよう!」と女性側から別れを突き付けてしまうケースが多いんですね。

それでも「復縁したい」と思うのは、たとえ浮気をされてもやっぱり嫌いにはなれないし、好きな気持ちはしっかり残っているから。

自分だけを見ていて欲しいのに、そうしてくれないカレ。

でもやっぱりそんな彼が好きで忘れられない、ヨリを戻せるなら戻したい。

そんな自分も歯がゆいし、切ない・・・。

喧嘩なんてふっかけなければよかった。

「別れよう」と言わなければよかったんじゃないか?という後悔が半分と、「自分だけを見てくれない、自分を大事にしてくれない男とは別れて正解だ」という気持ちがごっちゃになって、別れた後も精神的に不安定になりやすい別れ方です。

彼の気持ちを確かめてみたかった

彼の気持ちを確かめてみたかった

「別れよう」という言葉は、女性と男性とで重さがずいぶんと違っています。

女性はよく、相手の気持ちを確かめるために「別れ」を口にします。

別れを切り出されて相手がうろたえる様子を見たい!「別れたくない」って言わせたい!・・・そんな、ちょっとズルい気持ちが根っこにあるんですね。

見方を変えれば、自分にもその交際にも自信がないのです。

だから、相手に肯定してもらうことを求めてしまうのでしょう。

最初のうちは彼もその誘導に乗っかって彼女に“自信”を与えてくれますが、何度も続くとさすがに彼もうんざりしてきます。

結果的に、大喧嘩の末に「彼女が別れたい、って思うなら、それでもいいか」という心境になり、あえて引き止めなくなってしまうのです。

一方、男性はめったに「別れよう」という言葉は使いません。

交際が始まると基本的に男性の気持ちは安定しますし、「なんでわざわざ愛情を試すのか?」女性の行動が理解できないという男性も多いのです。

こういった男女間のギャップも別れの原因になっていることを理解しましょう。

【男性心理】喧嘩別れをした元彼の心理は?復縁したいと思い始めるのはいつ頃?

喧嘩の直後:冷静になれないなら話し合ってもしょうがない

喧嘩の直後

実は、喧嘩別れの直後の男性は「別れた」とは思っていないケースも多いです。

男女の喧嘩は女性側が感情的になってしまうケースも多いですが、このような場合、男性は「彼女が冷静になったらまた話し合おう」と思っていたりするんですよ。

今は何を話しても無駄だから、ちょっと時間を置いてもう一度冷静に向き合いたい。

そう思っていたのに、彼女の怒りはなかなか収まらない。

・・・そうこうしているうちに、今度は「別れたくない」と泣いてすがってくる。

自分は平常心で普通に話がしたいだけなのに、彼女はなかなか落ち着いてくれない。

冷静になれないならいくら話し合っても無駄だし、なんだかもう、面倒くさくなってきたな・・・。

と、そんな感じで徐々に気持ちが冷めてくるケースも多いです。

喧嘩別れの際、彼が完全に“だんまり”を決め込んでいたのであれば、それは

「冷静になってよ」

「今は話なんかできないよ」

「ちょっと自分を客観的に見てみてよ」

というサインだったのかもしれません。

そのサインをキャッチして彼の意図を理解し、冷静さを取り戻すことができていれば、「喧嘩別れ」にならず仲直りできたのではないでしょうか。

1週間後:彼女の嫌だったところが次々と思い出されてイライラ

1週間後

喧嘩別れした後の男性心理は、彼女の態度次第でもかなり違ってきます。

まず、彼女がすぐに冷静さを取り戻した場合。

泣きわめいたり、追LINEで彼を責めたりもせず、一旦連絡を絶って自分を客観視できる女性に対しては、男性も「もう一度話し合ってみよう」と思えるでしょう。

喧嘩別れしてそれから約1週間、彼女から全く連絡がなければ男性側も冷静さを取り戻すことができます。

すでにこの時点で、「俺にも非はあったな」「彼女、どうしてるかな?」と思ってもらうことができるでしょう。

しかし、たいていの女性は「このまま終わりにするのは納得できない」「終わりになんてしたくない」「今すぐにでも復縁したい」という気持ちから、しつこくLINEや電話をしてしまいます。

それが、かえって逆効果になることを内心は知っていてもその行動を抑えることができません。

結果的に、彼氏側が抱く「しつこい」「重い」「めんどくさい」というネガティブな感情を強めてしまことになるのです。

喧嘩別れの直後、「終わりにしたくない」という気持ちから何度も彼にLINEや電話をして「私が悪かった」「ごめんね」と謝る女性が多いですが、実はそれは逆効果。

「冷たくするとまた逆上するくせに」

「どうせ本心では悪いと思ってないでしょ」

「こういうところが前から嫌だったんだよ」

と、彼女に対して不満に思っていたことが次々と噴出してますます嫌いになる!という負の連鎖を引き起こしてしまうリスクが高いです。

この時期は何をしても逆効果になるので、本当に連絡しないで。

そっとしておいてあげることが恋の特効薬になります。

2週間後:なんだかんだで俺にも原因はあったかも・・・

2週間後

別れた直後はしつこくLINEしてしまったとしても、そこから一定の期間、連絡を絶つことができれば彼の気持ちをもう一度取り戻せる可能性は十分にあります。

2週間経つと、彼の怒りやイライラもかなり収束しているはず。

「彼女が感情的になるからまともに話し合いができない」と思っていたけど、実はあの時は自分も感情的になっていたな・・・と、自分の反省点も認められるようになってきますし、喧嘩の原因についても客観的に振り返ることができるようになっているでしょう。

「久しぶりに会ったんだから、彼女が行きたいところに連れて行ってあげれば良かったんだよな」

「彼女が不機嫌になったから俺もついムキになっちゃったけど、せっかく来てくれたんだからもっと優しくすれば良かったな」

そんな風に喧嘩した状況の“振り返り”ができるようになると、少しずつ彼女への愛おしさも蘇ってきます。

怒りのピークは通り過ぎているので、早い人だとこの段階で彼女に連絡を入れる男性もいます。

3週間後:彼女、どうしてるかな?傷つけたことを後悔・・・。

3週間後

たとえ彼のほうから「別れよう」と切り出した別れだったとしても、そのまま彼女のことをすっぱりと忘れてしまうという男性は非常に少ないです。

ほぼ100%の確率で、男性には「元カノ、どうしているかな?」と相手の様子が気になる時期が巡ってきます。

喧嘩別れの場合は、だいたい3週間~1ヶ月あたりがその時期。

「俺の態度や言葉で深く傷ついているんじゃないか」

「もしかしたら、立ち直れないくらい落ち込んでいるんじゃないか」

「いや、もしかしたら案外、元気かも」

「誰か別の男に相談して、その相手とうまくいってたりして・・・」

あれこれ考え始めると、もう止まりません。

「こそこそと探るようなことをするのは良くない」という気持ちがありつつも、「やっぱり気になる」という衝動を抑えられずに元カノのSNSチェックをしたり共通の友達に探りを入れたりする男性はとても多いんですよ。

実は女性以上に繊細だし、臆病だし、実はものすごく彼女のことを気にしているのです。

1ヶ月後:一人でいるのも飽きてきた。できるなら復縁したい!

1ヶ月後

喧嘩別れから1ヶ月が経つと、彼にも“覚悟”が出てきます。

一つ目は、前に進む覚悟です。

「彼女ともう一度冷静に向き合ってみて、戻れるなら復縁したい」

「ダメならダメで次の恋に進む」

こんな覚悟をもって、具体的なアクションを起こす男性も多いですね。

別れた後、元彼から連絡がくるとしたら、1ヶ月後~2ヶ月のタイミングでしょう。

直接連絡がこなくても、SNSで「いいね」をしてきたり、自分のTwitterで意味深なつぶやきをしてみたり。

要するに「かまって!」というオーラを全開にしてくるので、復縁の脈アリかナシかは比較的わかりやすいはずです。

一人でいることに飽きてきているので、この時期にそっけなくしたり冷たくあしらったりすると他の女性に走ってしまうかも。

その点はちょっと注意が必要ですね。

喧嘩別れした元彼との復縁の可能性は?冷却期間後のLINEで見抜く元彼との復縁可能性

よくLINEしていた時間帯に連絡がくる

よくLINEしていた時間帯に連絡がくる

冷却期間後の初LINEが、付き合っていた頃によくLINEしていた時間帯に来た。

あるいは、あなたの休日や帰宅後のリラックスタイムに合わせてLINEしてくれているなら、それは「仲直りしよう」のサインかも。

その気がないなら、相手の予定に配慮するようなことはしないはずです。

仲良しだった頃と同じような時間帯、曜日にLINEすることでラブラブムードを取り戻したい!

仲良しだった頃の空気感に戻りたい!

彼女にも、あの頃の気持ちを取り戻して欲しい。

そんな気持ちが感じ取れますね。

逆に、絶対にあなたが見ない時間帯にLINEしてきたりするのは、「つながりたくない」というアピールかもしれません。

「なんで今、それ聞くの?」という話題で連絡してくる

「なんで今、それ聞くの?」という話題で連絡してくる

一定のクールダウン期を置いた後、一見どうでもいいと思えるようなネタでLINEしてくる彼は、復縁したい気持ちがある証拠です。

例えば、

「ねー、キノコの山とタケノコの里、どっちが好きだったっけ?」

「テレビでやってたんだけど、犬の気持ちが分かる装置みたいなのがあるんだってよ。○○も欲しくない?」

こういった類の質問をしてくるのは、「久しぶりに連絡したいんだけど、どうやって始めたら良いのかわからない」「なんでもいいからキッカケが欲しい」という気持ちの表れ。

一方で、「彼女のご機嫌はどうだろうか」と探りを入れる意味もあります。

どっちにしても、あなたともう一度仲良くしたい、あわよくば復縁したいと思っているから連絡してきているので、「復縁脈アリ」と見て良いでしょう。

こちらの記事でも書いていますが、「どうでもいいネタ」は相手の気持ちや状況を知るには最強のLINEテク。

復縁の可能性はアリかナシか?こちらから彼の状況を知りたい時にも使えるテクニックです。

やたら「送信取り消し」が多い

やたら「送信取り消し」が多い

彼とのトーク画面に、やたら「送信取り消し」が多く見られるのも「復縁したい」という気持ちの表れ。

彼女に嫌われたくない。

もう彼女を傷つけたくない、

仲直りしたい。

・・・そんな想いから、言葉選びに慎重になっている様子がうかがえます。

どうでもいい相手とのLINEならばそこまで神経質になることはないでしょう。

何度も読み返すこともないので、誤字脱字にも気づかずそのまま送信してしまうはず。

「送信取り消し」は、あなたを大事に思うからこその行動!

たった一行のLINEにすらも神経を使っているのです。

意外とコレは、「復縁脈アリ」のわかりやすいサインと言えるでしょう。

スタンプや絵文字が多い

スタンプや絵文字が多い

スタンプや絵文字が多いトーク画面は、見た目にも楽しいですよね。

それはつまり、「元カノを楽しませたい」「楽しい気持ちになって欲しい」という彼の優しさ。

興味がない相手にそんなやさしさを表したりはしないので、これもやはり復縁可能性は高いLINEと見てOKです。

逆に、装飾が全くなくそっけない雰囲気のLINEは、「その気」がない場合に多いですね。

もともとの性格もありますので一概には言えませんが、「装飾ナシ」「短文」「返信が遅い」の3つがそろっていたら、今の彼には復縁したい気持ちはないと考えたほうが良いです。

既読になるのが早い

既読になるのが早い

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

スマホの待ち受け画面にLINEの受信通知が表示された時。

みなさんはすぐに開きますか?それとも後回し?

おそらく、すぐ読むか後にするかは「相手次第」ではないでしょうか。

すぐにでも読みたい!読まなくちゃ!と思える相手からのLINEであればすぐに開いて確認するでしょうから、相手から見たら「即既読になる」という状態。

逆に、「あー、この人からのLINEは後でいいかな」「緊急性の高い話題でもないだろうし」「ってか、正直あまり読みたくないし・・・」という場合は後回しになり、相手からすれば「いつまで経っても既読にならない」ということになるでしょう。

もし彼に復縁したい気持ちがあるなら、元カノからのLINEは「待ってました」とばかりにすぐに読もうとするはず。

一方、あまり復縁したい気持ちがなければ

「会いたい、なんて書いてあったら面倒くさいな」

「もう一度話したい、とか言われたらどうしよう・・・」

そんな迷いから読むのを後回しにしがちです。

返信のスピードや頻度も復縁アリ・ナシの指標の一つですが、「既読になるまでの時間」にもぜひ注目して判断してみてくださいね。

自分からLINEしてくるかどうかが一番重要!

自分からLINEしてくるかどうかが一番重要!

喧嘩別れ後のLINEで復縁の可能性があるかないかを見分けようとするなら、なんだかんだ言っても「彼が自分からLINEしてくるかどうか」が最もわかりやすいポイントです。

「キッカケを模索していて自分からはなかなかLINEできない」

「プライドが邪魔して、なかなか自分からはLINEできない」

という男性も多いですが、自主的にLINEしてくる男性はほぼ100%の確率で「復縁できるならしてもいいかな」という気持ちでいます。

実際に成功できるかどうかはあなたの返し方次第ですが、「見極める基準」としてLINEの自主性は絶対に見逃せないポイントと言えるでしょう。

喧嘩別れの後、一度でも彼から連絡があったのであれば、過度に怖がらずにアクションを起こしていってOK。

逆に、彼のほうから連絡してくることが全くないのであれば、「いつ」「どんな」アプローチをするかは吟味したほうが良いです。

こちらの記事でも書いていますが、復縁を成功させるにはベストなタイミングでベストなアプローチをするのが最も効果的!

 

タイミングを誤らないためにも、喧嘩別れ後の男性の心理を分析&正しく見極めることはとても大事なことです。

喧嘩別れの復縁はきっかけ作りが大切。喧嘩別れした元彼と仲直りして復縁するきっかけの作り方

ちょっとお休みをとってみる

ちょっとお休みをとってみる

喧嘩で感情的になってしまった自分を責めたり、別れたことを後悔したりするのは自分の判断を肯定できなくなっている時。

自信を失っている時は、無理に行動を起こしても逆効果だったりします。

そんな時は、自分へのご褒美としてお休みを取り、何も考えないでボーっとする時間を作りましょう。

彼とのことについてあれこれ考え過ぎて、心が疲れていませんか?

彼に好かれようとして頑張り過ぎたのではありませんか?

そんな自分に「ご苦労さま」「頑張ったね」とねぎらいの言葉をかけて、あとは特に何をするでもなくボーっとして過ごてみましょう。

何もしたくない、する気になれないなら、あえて何もしなくて良いのです。

ボーっとする時間は脳をリラックスさせ、新しいアイデアを生み出しやすくしてくれます。

彼のことで頭がいっぱいならなおさら、リフレッシュの意味も込めて「何もしない真っ白な時間」が必要!

気持ちを切り替えて新しい一歩を踏み出すためにも、無理せず休みましょう。

未来につながる謝り方を工夫する

未来につながる謝り方を工夫する

どんな関係であったとしても、仲直りに「ごめんなさい」は必須!

しかし、かしこまって「私が100%悪かったです。ごめんなさい。許してください」と言ったところで、じゃあその先は?という感じですよね。

許して欲しい気持ちと一緒に「やり直したい」「復縁したい」という希望があるなら、シリアスムードだけじゃダメです。

例えば、こんな感じで笑いを取れる謝り方を研究してみましょう。

  • ペットの可愛い仕草写真つきで「ごめんなさい」
  • ちょっと笑える脱力系のLINEスタンプを織り交ぜて「ごめんね」
  • 企業の謝罪会見のように超・大げさな謝罪文で謝る
  • アラビア語など、「ちょ、これって何語?」という意味不明な言語で謝る
  • 「私が思ウニ、今回のことはイクラ謝っても許してもらえないと思いマスが」等、寿司ネタを織り交ぜて謝ってみる
  • ポエムや俳句・短歌風に謝ってみる

ポイントは、相手に「怒っているのがバカバカしいな」と思わせること。

「もしかして、俺が怒ってることって実はたいしたことないことだったかも?」

「あんなことでまだカリカリしてる俺って人間ちっしゃい?」

「もうー。しゃーねーな、許してやるか!」

・・・彼にそんな気持ちなってもらえたら、仲直りのスムーズに進むでしょう。

おふざけしつつも、「ごめんね」という気持ちはしっかり伝えること。

謝っているけど過度にシリアスムードにしないことが成功のポイントです。

何に対して謝っているのかがわかる謝罪をする

何に対して謝っているのかがわかる謝罪をする

とりあえず自分も悪かったし、謝っておけば良いかー。

・・・と安易に「ごめんね」を言いがちですが、謝り方にもコツがあります。

喧嘩別れの後の「ごめんね」で大事なのは、自分が何に対して「ごめん」と思っているのかをハッキリさせること。

感情的になって言い過ぎてしまったこと?

泣いて許してもらおうとしたこと?

彼がしてくれたこと、彼の意見を否定したこと?

「私も~して悪かったよ。ごめんね」と、謝る対象を明確にしてもらったほうが男性は「許そうかな」という気持ちになりやすいのです。

そこは、「とにかく謝ってほしい」「なんでもいいから、誠意を見せて欲しい」「私のイライラを鎮めて欲しい!」と思いがちな女性とは相反する部分ですね。

逆に言えば、自分が悪いと思っていないのに謝るのは逆効果。

「ホントに悪いと思ってるの?」「ただ形だけで謝ってるだけなんじゃないの?」「泣いて謝れば済むと思ってんじゃないの?」

・・・と、なんでもかんでもすぐに折れて謝ってくる女性に題しては、男性はむしろ不信感を抱いてしまいます。

私は本気で変わる!SNSで宣言!

私は本気で変わる!SNSで宣言!

例えば、インスタやLINEのストーリーで「ガミガミババアは、卒業します!」と宣言してみたり。(面白いイラストつきだとなおヨシ!)

LINEのステータスメッセージに「泣き虫バイバイ」と書いてみたり。

直接彼に言っているわけではないけど、彼が見た時にグッと伝わるものがあるはずですよね。

意味深なSNSは、実は復縁ではよく使われるアプローチ。

「みんなにも宣言したから、変わらなくちゃ!」と自分にカツを入れることにもなるので、「彼女は本気で変わろうとしているんだ」と彼にもあなたの本気度が伝わるはずです。

「嫉妬深いところを直すから、もう一回やり直してくれる?」

「もう、口うるさくあなたの欠点を指摘したりしないから、復縁して」

「泣き虫は卒業するから、もう1回だけチャンスをください」

・・・改まって彼に言うのは、なんだか嘘っぽいですからね。

「どうせ口だけでしょ」と思われそうだし、実際に自分も変われる自信がないし・・・。

そんな時は、SNSやLINEで決意表明をするという手が効果的なのです。

「今度行こうね」と約束していた場所に誘ってみる

「今度行こうね」と約束していた場所に誘ってみる

お互いに謝って、ちょっと打ち解けた感じになれたら、思いきってデートに誘ってみましょう。

心のわだかまりを溶かすには、直接会って話すのが一番です。

「今度行こうね」と約束していたお店やテーマパークなどがあるならチャンス!

「良かったら、この前話してたあそこの店に行ってみない?友達として、でいいから」

あくまでも、行くか/行かないかの選択は彼に委ねるのがポイント。

断られたとしても、「なんで?」「まだ怒ってるの?」と責めたりせず、「そっか。じゃあ、またの機会にね」と潔く引き下がって。

彼はその反応を見て今後のことを決めようと思っている可能性もあるので、ちょっと仲直りムードになったからといって油断しないことです。

ハグでもなくキスでもなく、あえて握手!

ハグでもなくキスでもなく、あえて握手!

子供の頃、担任の先生が、喧嘩した子供同士に握手をさせて仲直りさせていた。

そんな記憶はありませんか?

握手は、簡単なようでいて意外にハードルの高いスキンシップ。

そして、確実に相手の体温や気持ちを感じ取ることができる方法です。

「握手しよう」と提案するだけでも勇気が要りますが、実際に手と手を握るとつんつん尖っていた気持ちがふんわりまん丸くなるのが不思議!

スポーツだってなんだって、勝負の最後は握手でお互いの健闘を称え合いますよね。

カップルの喧嘩だって究極的には同じことです。

意地の張り合いも、手と手を握り合ったらそこでおしまい。

「これでおしまい」「もうこの件は引きずりません」

と関係をリセットする意味でも「握手」は仲直りから復縁への良いキッカケとなるでしょう。

復縁成功の具体的なエピソードについてはぜひこちらの記事もチェックしてみてくださいね!

要注意!喧嘩別れした元彼と復縁しない方がいいパターンもある。こんな彼なら要注意

喧嘩した時、暴力をふるわれた

喧嘩した時、暴力をふるわれた

不満がある時、物事が思い通りにいかない時、相手を自分の思う通りにコントロールできなかった時。

そのフラストレーションを暴力という形で表す男性は、女性を幸せにはできません。

「私が我慢すれば良い」と耐えてしまう女性も多いですが、もし復縁後に彼と結婚したとして、二人の間に子供が生まれたとしたら?

その暴力は、次はその子供に向かってしまうかもしれません。

力でフラストレーションを解消するというそのやり方は、彼が幼少の頃に身に着けてしまったクセかもしれないし、その背景には親からの暴力があった可能性も否定できませんよね。

暴力は連鎖していくものですから、その連鎖を食い止めるには相当な覚悟が必要です。

そこまで、彼の人生を背負う覚悟があるかどうか。

「自分の家族や、いつか生まれる子供も巻き込むかもしれない。それでも私は、この人についていける?人生を捧げられる?」

そんな風に自問自答してみて、もし少しでも迷いや不安を感じるのであれば復縁するのは止めておきましょう。

暴力はなかったけど、物に当たっていた

暴力はなかったけど、物に当たっていた

身体に直接暴力をふるわれることはなかったにしても、喧嘩した時に物に当たる男性は要注意です。

それは、「俺の言うことを聞かないと、お前もこうなるぞ」という脅し。

ノンバーバルな暴力とも言えますし、いずれは本当に身体的な暴力をふるうようになるかもしれません。

「感情をコントロールできない」という点で非常に幼稚な男性ですから、今後も喧嘩をする度に同じようなことを繰り返すでしょう。

あなたの大事な物を壊されてしまうかもしれないし、割れたガラスの破片が当たって自分や子供がけがをするかもしれない。

下手したら、警察沙汰です。

いろんな意味で、暴力男と同じくらいにリスキーな恋になりそう。

引き返せるとしたら今が最後のチャンスですから、「こういうヘビーな恋愛、私には無理かも」と思うならあえて復縁しない道を選ぶのが賢明です。

共通の友達に悪口を言いまくっていた

共通の友達に悪口を言いまくっていた

力任せに人を支配することはないにしても、「言葉」で相手を支配するパターンもあります。

例えば、喧嘩の時、同じ人物とは思えないような言葉遣いで罵詈雑言を吐きまくっていたとか。

あなたの人格を否定するような言葉を何の迷いもなく大声で垂れ流すような行為があったとしたら、それはアウト!

いわゆる「モラハラ」で、結婚してからもずっとずっと、死ぬまで苦労させられることになります。

このようなタイプは、共通の知人・友人に彼女の悪口を言いまくるパターンも多いですね。

そうやって彼女の知らないところで味方を奪っていき、彼女を精神的に孤立させてしまう・・・なんともズルいやり方です。

自分にも非があったのに、完全に「彼女が悪い」みたいな言い方で先入観を植え付けてしまうので、気づいた時には周りには味方が一人もおらず敵だらけ、なんてことも。

男女どちらにも言えることですが、好きになった人の悪口を言うのは自分の価値を下げる行為です。

それは、自分が選んだ恋や過去を否定することにもなるので、結果的には自分を否定していることにもつながりますよ。

自分で自分の人生を堂々と引き受けられない男性は、一緒にいても幸せにはなれないでしょう。

結婚してから後悔するよりも、復縁する前に別れておくのが正解です。

SNSで嫌がらせをされた

SNSで嫌がらせをされた

喧嘩して、彼女のほうから一方的に別れを突き付けられた場合。

“直接”ではなくSNSを通じていやがらせ行為をしてくる男性もいるので注意が必要ですね。

例えば、あなたの投稿に対してわざと嫌な感じのコメントをしてきたり。

自分のSNSで、彼女の名前やアカウント名を出して誹謗中傷したり。

すぐにブロックしてアカウントも変えてしまえば良い話なのですが、「最初は元カレだとは気づかなかった」というケースも多いのが怖いところ。(アカウント名を変えて攻撃してくるということです)

まさかいやがらせ行為をしているのが元カレだとは思っておらず、知らずに復縁してしまうこともあるんです。

喧嘩別れした直後にSNSなどで「いつもと違うこと」が起こり始めたら「もしかしたら彼かも?」と疑ってみることも必要かもしれません。

これってもしかしてストーカー?彼が、ちょっと怖い・・・

これってもしかしてストーカー?彼が、ちょっと怖い・・・

あなた自身にも「このまま別れるのは嫌だ」「できれば復縁したい」という気持ちがあるのであれば良いのですが、「ちょっと冷静になって考えてみたい」という心境なのに彼がしつこくアプローチしてくるのは正直ちょっと困りますよね。

LINE攻撃されたり、家や職場まで何度も会いに来られたり。

「ちょっと時間が欲しいんだけど」

「ちょっと距離を置こう」

と提案しても納得してもらえずに一方的なアプローチが続く場合は、むしろどんどん気持ちが冷めていくでしょう。

エスカレートすると彼は力まかせに復縁に持ち込もうとするかもしれませんが、情にほだされてはいけません。

ストーカーちっくな行為に走る男性は、実は「相手を支配したい」「束縛したい」という気持ちが強い可能性あり。

これは「依存」の一種でもあり、お互いに独立した男女関係を築くのは難しいタイプです。

本当にあなたを愛しているから「別れたくない」と言っているわけではなく、見捨てられるのが怖いからすがっているだけかもしれません。

それを自分自身でもわかっていないのが依存男の怖いところです。

これ以上彼と一緒にいて、幸せになれそうですか?お互いに成長できる相手でしょうか?

前向きな可能性を感じられない恋は、受け入れるべきではありません。

復縁しないほうが良いパターン、男性のタイプについてはこちらの記事でも詳しく紹介しています。

「NO」と言える強さ、勇気を身に着けることもステキな女性になるためにはとても大事なことですね!

喧嘩別れはむしろ愛を強くする!諦めないでアプローチのタイミングを見極めて。

喧嘩別れはむしろ愛を強くする!

気まずい喧嘩別れをしてしまった元彼と仲直り&復縁する方法について見てきました。

大事なことは、喧嘩の原因を自分自身がしっかり認識できていること。

それを踏まえて、こんなことを意識してみましょう。

  • 男性心理を知り、彼が今どう感じているかを推測する
  • 最大の復縁チャンスが訪れるのは、喧嘩別れから約1ヶ月後
  • 彼からLINEしてきた、それだけでも望みはある
  • 「とにかく謝れば良い」は逆効果
  • 喧嘩は、DV、モラハラ、ストーカー系を見極めるチャンス

「彼と喧嘩別れした」という事実だけを見れば絶望的でもう絶対に戻れないように感じてしまうかもしれません。

しかし、喧嘩はお互いをより深く知り合うためには絶好のチャンスでもあります。

喧嘩するほど仲が良い、とはよくいったもので、腹を割って喧嘩できる関係はお互いを信頼し合っている証拠。

仲直りのタイミングや方法さえ間違えなければ、別れる前よりもっとラブラブで最強な2人になれるはずですよ!

【期間限定】復縁や不倫の事で悩んでいるアナタへ



こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの不倫や復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「不倫相手の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

【輝とともに】とは、あの東京浅草の神様と言われる占い師「大和」が期間限定で、復縁の悩みを鑑定し幸せになる為のヒント、アドバイスを受け取れる今、話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

片思いのあの人や不倫している彼氏の事、復縁の悩みも初回無料で診断できます。



※20歳未満は利用できません。

占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にて占い、復縁や不倫などの難しい恋愛の不安の解消法、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

難しい恋愛の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事