復縁できるLINEテクニック
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

復縁するために具体的な行動を起こしていこうと思った場合、LINEは手っ取り早く使えるツール。

ですが、送るタイミングや内容によっては復縁のチャンスを完全に失ってしまうことにもなりかねません。

そこで今回は、復縁できるLINEのテクニックに注目!

元彼にLINEを送るベストなタイミングや、彼が思わず返信したくなるLINEの具体的な例文、逆に既読スルーやブロックをされてしまうNG例を合わせてご紹介します。

目次

嬉しい?それとも戸惑う?元カノからLINEがきた時の男性心理

時期によって感じ方は変わる

時期によって感じ方は変わる
もし、ずっと音信不通だった元カレからいきなりLINEがきたら、あなたはどう思いますか?

「嬉しい」という気持ちの前に、「えっ、なんだろう?」とちょっと戸惑うのではないでしょうか。

逆に、別れ話がもつれて超険悪な時に何度も何度もしつこくLINEされたらどうですか?

「もうっ!なんなのよ」とブロックしてしまいたい気持ちになるのではないでしょうか。

このように、別れた後のLINEは「いつ送るか」で相手の感じ方も反応も全く違います。

ましてや、それが「復縁したい」という内容なのであれば、タイミングは慎重に選ぶべき。

自分から元カレにLINEする時は、まず、「自分だったらどう思うかな?」と想像を巡らせてみると良いでしょう。

男性と女性で感じ方は違いますが、送る時期によって感じ方が全然違ってくることだけはハッキリ認識できるはずです。

タイミングを間違うと復縁のチャンスを逃すことにもなりかねませんので、「いつ送るか」は慎重に吟味してくださいね。

いつ・どのタイミングで・どんなLINEを送ったら元カレはどう思うのか。

タイミング別に見ていってみましょう。

【別れた直後】「また来たよ…(うんざり)

別れた直後
別れた直後というのは、お互いに感情的になっていることが多いです。

どちらから別れ話を切り出したか?

それによっても違ってきますが、彼のほうから切り出した別れ話なのであれば特に、別れた直後のLINEはやめたほうが良いでしょう。

どんな理由があったにせよ、今の彼はあなたを避けている状態です。

「別れたい」ということは、「今は一緒に居たくない」とう意味にも捉えられますよね。

もっと言えば、今は元カノの気配を感じたくないのです。

一人にして欲しいのです。

その気持ちを無視して何度もLINEしたり電話したりするのはデリカシーに欠ける行為だと言っても過言ではないでしょう。

元彼の本音は「また来たよ・・・」という感じで、内心、元カノからのLINEにうんざりしてしまうのです。

そもそも別れた直後は女性側も感情的になっていますので、復縁話を始めたところでポジティブな方向にはまとまらないでしょう。

関係を悪化させ、復縁を遠ざけてしまう行為ですから、別れた直後の電話は絶対に控えたほうが良いですね。

【別れて1ヶ月】「あ、元カノからだ。(開くかどうか迷う)」

別れて1ヶ月
では、別れてから約1ヶ月経った時にLINEした場合はどうでしょうか。

1ヶ月あれば、お互いに気持ちの整理はだいぶついているはずです。

少なくとも、感情的な言い合いになるのは避けられるのではないでしょうか。

ただ、どんな理由で別れたか?によって元カレの反応は異なります。

彼のほうから一方的に別れを切り出された場合、彼の中ではもう元カノとの恋は終わっている可能性があります。

「復縁」というのは今の段階では全く頭になく、「できれば全部忘れてしまいたい」「それで新しい恋を始めたい」という方向性で気持ちの整理をしているなら、そこで元カノからLINEがくると正直「またか」と思ってしまうかも。

そうはいっても、なぜ連絡してきたのか気にはなるので、「開いてみようか」それとも「しれっとスルーしようか」と迷うところでしょう。

一方、女性側から振った場合やどちらともなく自然消滅という場合、元カレも「できれば復縁したい」という気持ちがあるかもしれません。

約1ヶ月ぶりに来た元カノからのLINEに、彼は興味津々。

いずれにしても、ここでLINEを開かせるためには通知に表示される文頭にどんな言葉を選ぶかが重要です。

特に、彼に復縁する気があまりない場合は、この最初の部分を見ただけで「やっぱ開くのやめておこう」と思ってしまうかもしれません。

「そんなめんどくさいLINEじゃないよ」「開いてみたら、きっといいことがあるよ」と伝わるような始め方が理想的ですね。

これについては「最初のメッセージが肝心!元カレが返信したくなる自然なLINEの始め方」項目で詳しく解説します。

【別れて数ヶ月】「えっ、元カノ!?いきなりなんだろう・・・?」

別れて数ヶ月
別れた後は、男女ともになかなか連絡しづらいものです。

当初は「1ヶ月くらい経ったらLINEしてみようかな」と思っていたとしても、なかなかキッカケがなくて迷っているうちに数ヶ月経っていたというパターンも多いでしょう。

結局、数ヶ月、半年と経ってから元カレにLINEしてみることにした・・・この場合、元カレはどう感じるのかいうと、まずはやはり驚きます。

何ヶ月も音沙汰がなかった元カノからいきなりLINEがくるのですから、「嬉しい」とか「ウザい」という感情の前に単純に「えっ、何?」「なにかあったのかな?」という「驚き」が先に来るようです。

元彼のほうも復縁のチャンスをうかがっていたのであれば「速攻で既読⇒返信」という反応になるかと思いますが、彼のほうはすでに気持ちの整理がついていて別の恋を始めていたりする場合はなかなか既読がつかないかもしれません。

元彼のほうから振った、そしてカレはすでに新しい恋に向かって動き始めている(あるいはすでに彼女がいる)という状況だと、ちょっと「今さら感」があるのは否めないでしょう。

このように、数ヶ月後のLINEには「元カレの反応によって今のカレの復縁ボルテージを知ることができる」というメリットもありますね。

不安を感じさせない送り方を心がけて!

不安を感じさせない送り方を心がけて!
どのタイミングでLINEするにしても、大事なことは「彼を不安にさせない」ということ。

「また自分の過ちを責め立てられるのではないか」
「しつこく復縁を迫られるのではなにか」
「返信したらすぐに電話がくるんじゃないか。でもって、泣かれるんじゃないか」
「ここでLINEを返してしまったら、家まで押しかけてきちゃうんじゃないか」

元カノからのLINE通知を見て、元カレはこんな葛藤を抱え、ああでもないこうでもないと悩み始めます。

女性が思っている以上に男性はデリケートでビビりなところがあるので、「そのLINEに何が書かれているのか」について過剰に不安を感じたり防衛体制をとってしまったり。

復縁成功につなげるためには、とにもかくにもそのLINEを開いてもらわなければいけませんので、彼を不安にさせるような送り方、言葉の選び方は避けなければなりません。

そこでぜひ意識して欲しいのが、「送るタイミング」と「冒頭の言葉の選び方、LINEの始め方」なのです。

別れた後すぐに送ってもいいの?復縁したい元カレにLINEを送るベストなタイミング

どんなケースでも別れた直後はやめたほうが良い

別れた直後はやめたほうが良い
どちらから振ったのか。

原因は、浮気?すれ違い?価値観の違い?結婚話のもつれ?

・・・男女の別れはケースバイケース。

ですが、一つだけ共通して言えることは、別れ話の直後のLINEはしないほうが良いということです。

どんな状況にせよ、お互いにかなり興奮しているでしょうし、物事を冷静に考えられる状況ではありません。

喧嘩別れした場合は特に、すぐにLINEして謝ったとしても焼け石に水でなんら意味はありません。

英語では「Only a drop in the bucket」と表現しますが、バケツの中に水が一滴落ちたところでたいして変化はありませんよね。

「復縁したいなら、謝るのは早いほうが良いんじゃないか」「鉄は熱いうちに打て、ってよく言うし?」

なんて考え方もありますが、この場合は熱意や愛情が盛り上がっているというよりも「怒り」でカッカしている状態なので早く打っても意味がありません。

感情的になってひどい暴言を吐いてしまった場合は特に、その日に謝ってもむしろ逆効果で火に油を注ぐだけです。

少し冷却時間を設けてからLINEすることをオススメします。

喧嘩別れの場合、2週間は様子見で。

喧嘩別れの場合
では、どのくらいの冷却期間を空けたら良いのか。

コチラの記事でも書いていますが(「復縁はタイミングが命!絶対にやり直したい元カレと復縁する理想的なタイミング&切り出し方」)、喧嘩別れの場合は「1ヶ月以内」の仲直りが一つの目安になります。

ただし、LINEするなら最低でも2週間は空けて!

お互い一人になって、「なぜあんなひどい喧嘩をしてしまったのか」「こんな最悪な状況になる前に、どうにか回避できなかったのか」と、原因を考えてみる時間が必要です。

1週間くらいすれば、「自分もちょっと言い過ぎたかな」「怒り過ぎたのではないか」「相手の言葉に反応し過ぎたかも」と反省する部分も出てくるでしょう。

喧嘩別れした直後は「もう一生会いたくない」とすら思ってしまうかもしれませんが、1週間、2週間と時間を経るうちに自分の子供じみた行動が恥ずかしくなり、ちゃんと会って謝りたいという気持ちが出てくるはずです。

そのタイミングで連絡すれば、彼のほうから「会って話そう」と言ってくれるかもしれません。

一方的に振られた場合は3ヶ月以上間を空けよう

一方的に振られた場合
次に、元カレのほうから一方的に別れを告げられた場合です。

あなたに非があったのか、それとも彼の心変わりか、はたまた転勤や留学など物理的な障害ができてしまったのか。

状況によっても異なりますが、3ヶ月は様子を見てください。

女性の場合はちょっと感情が高ぶると「もうっ!別れようっ」と口走ったりしてしまいやすいですが、男性はそう簡単に「別れ」という言葉を口にしない方が多いです。

特に、おとめ座・A型の男性はよほどの覚悟がなければその言葉を口にしません。

彼が「別れよう」と言ったのであれば、それは本気の本気。

そう簡単には「やっぱり別れるのやめよう」とは言いませんし、まして「復縁」という言葉も軽々しくは口にしないでしょう。

自分の意志を貫き抜き通すためにも、別れてしばらくは元カノと一切の連絡をとりたくないという男性も多いです。

ただ、3ヶ月~半年くらい経つと彼の状況も変わっているでしょうし、なによりあなた自身にも変化が生じてくるはず。

数ヶ月ぶりのLINEのやり取りは彼にとっても新鮮で、「別れたらそう簡単には元には戻らない」という決心もグラつくでしょう。

ですから、「ヨリを戻す」というよりは「出会い直して新しい恋を始める」という感じなら復縁も十分にアリだと思います。

自然消滅後のLINEは戦略的に。

自然消滅後のLINEは戦略的に。
一方、喧嘩したわけでもなく、ハッキリと「別れよう」という言葉があったわけでもなく自然消滅的にダメになってしまった場合。

お互いに関係がマンネリ化して心が離れてしまったケースが多いので、もう一度自分に興味を持ってもらうことが最優先課題となります。

この場合は、いきなりLINEするのではなく戦略的にいきましょう。

まず、LINEのプロフィール画像を変えてみてください。

自撮り、ペット、空、旅先の美しい風景、映えるスウィーツ・・・なんでも良いので、とにかく「変化」を加えてみましょう。

これは、彼の興味を引くことが目的。

「あれ?アイコン変わってる。なんかあったのかな」

と、ふとした瞬間に気にかけてもらうことが大事なのです。

さらに、それから1~2週間経ったタイミングでタイムラインでさりげなくプライベートをアピール。

新しく買った服、友達と行ったテーマパーク、趣味で作った作品、人気店のドリンクやスウィーツ・・・等々、「なんかめっちゃ楽しそう」「充実してそう」「幸せそう」と思ってもらえるような写真をアップしましょう。

「何の気なしにLINEを開いたら、元カノの楽しそうな様子が目に飛び込んできた」というシチュエーションを演出するためのテクニックです。

少なくとも、これで元カレはあなたに対して興味を抱いてくれるはず。

このタイムラインを不定期に何度か繰り返せば(といってもしつこいのは逆効果なので1~2週間空けて2回くらいにしておきましょう)、彼のほうからLINEしてくるかもしれません。

「彼からLINEが来るか?来ないか?」で彼の復縁ボルテージを知ることができるというわけです。

最初のメッセージが肝心!元カレが返信したくなる自然なLINEの始め方

「寒くなってきたね。風邪とか引いてない?」

「寒くなってきたね。風邪とか引いてない?」
1ヶ月、3ヶ月、半年・・・と期間が空くと、彼にLINEするのもちょっと緊張してしまいますよね。

付き合っていた頃は、特に用がなくても気軽にLINEできたでしょうが、別れた後はそうはいきません。

特に迷うのが出だしの部分ですが、そこは手堅く「時候の挨拶」でいきましょう。

「最近、急に寒くなってきたね」

「毎日、暑いね」

「紅葉がキレイになってきたね」

・・・等々、季節に関して最近感じていることを言葉にしてみましょう。

さらに、「風邪ひいてない?」とか「夏バテとか大丈夫?」など相手の体調を気遣う言葉あるとLINEをもらう側はなんだか優しい気持ちになりますよ。

手紙を書く場合でも、はじめの部分には季節の挨拶や相手の健康を気遣う言葉を入れますよね。

そのしきたりが長く続いてきたのは、人間関係においてこのやりとりが重要な意味を持っているという証拠です。

実際に手紙を送ったりもらったりしたことがある方ならおわかりかと思いますが、このワンクッションを置くことで相手との間に適度な距離感ができます。

「また感情的になってはいけないな」

「もう彼女じゃないんだから、過度にくだけた言葉遣いをするのは良くないな」

と、自分にブレーキをかけるような効果もありますし、元カレのほうとしても相手が自分に気を遣っていることがわかるので感情的になりにくいでしょう。

「私たちはもう別れた二人なんですよ」

と、互いに暗黙に確認し合う意味でも、文頭は季節の挨拶と健康を気遣う言葉が手堅いです。

これなら、スマホの通知欄に表示されても嫌な印象を与えませんし、「とりあえず、開いてみるかー」と思ってもらえるでしょう。

「久しぶり!急に、ごめんね。」

「久しぶり!急に、ごめんね。」
「すでに別れた二人」であることをしっかり認識し合うことが大事、とお伝えしましたが、だからこそ急にLINEすることに対しても「申し訳ない」と遠慮する気持ちがあることを見せておくのも大事です。

自覚がない方が多いですが、電話やLINEは相手の時間を奪う行為。

元彼は自分の時間を削ってあなたの文章を見てくれるのだ、という認識を持っておくことはとても大事なことです。

例えば、自分の立場に置き換えて考えてみたとしても、疎遠な人からいきなりLINEがきたらドキッとしませんか?

「何ごと!?」「なにかあったのかな?」と余計な心配をしてしまったりして、それが実際には大した要件でもなかったりすると拍子抜け。

元彼も同様に、久しぶりに元カノからLINEが来たら良くも悪くもドキッとして一瞬身構えてしまうはずです。

そして、人騒がせで思わせぶりな彼女に対して苦々しく思ったりもするでしょう。

しかし、文頭に「急にごめんね」という一言があるだけで、印象は違ったものになるのです。

「あけましておめでとうございます。」

「あけましておめでとうございます。」
季節の挨拶にも通ずることですが、「お正月」「誕生日」「卒業」「入学・入社」「クリスマス」などイベントの時にLINEするというのもオススメ。

「あけましておめでとう」のLINEは、友達なら普通に送り合うものですし、元カノから「おめでとう」LINEが来ても特に不自然ではないでしょう。

「あ、元カノ。最近どうしてるのかな~?」という軽いノリで気軽にメッセージを開いてくれるでしょうし、また気軽に返信してくれる可能性も高いです。

お正月は長期連休中の会社も多いので、「時間に余裕がある」「結果的に気持ちにも余裕ができる」というタイミングであるのもLINEが成功しやすいポイントと言えます。

実際、復縁に成功したカップルの多くが「キッカケはお正月に送ったあけましておめでとうのLINEだった」と語っているんですよ。

うまくいけば、そのLINEのやり取りを通じで初詣に行く約束をしてそのまま復縁!というシナリオも。

「新しい年を迎えたことだし、心機一転、もう一度始めてみますか」という前向きな気持ちになりやすいというのもお正月マジックですね。

絶対見て欲しいなら送り方も工夫せよ

絶対見て欲しいなら送り方も工夫せよ
とはいえ、お正月のLINEっていろんな人から送られてきますよね。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

友だち、親戚、会社関係、取引先・・・と、多くのメッセージに紛れてしまって見つけてもらえない(もしくは後回しにされてしまう)という可能性も無きにしも非ずです。

「絶対に見て欲しい」と思うなら、他の人とは違った方法でアプローチしてみましょう。

例えば、お正月の挨拶は多くの方がスタンプを使いますが、あえてスタンプは使わず、自作・編集した写真(年賀状のような感覚で)を送るとか。

初詣やカウントダウンのイベントに出かける予定があるなら、カウントダウン⇒花火が上がる瞬間の流れを動画撮影してそれを送るとか。

他の人とはちがった一工夫があると、「なんかすごいな」「気合入ってるな」と印象付けることができますし、返事を書かないわけにはいかない気分にさせることができるでしょう。

「仕事のことで、ちょっとご相談です」

「仕事のことで、ちょっとご相談です」
絶対に返事が欲しい!ということであれば、仕事をダシにするというのも一つの手です。

男性は基本的に仕事と恋は別物!と考える方が多いので、相手が元カノであっても「仕事に関する相談だ」と言われればLINEを見ないわけにはいかないでしょう。

同じ会社だったり、同業者だったりする場合は特に効果的で、確実に返信につなげることができます。

そうでない場合でも、例えば元カレが車のディーラーなら「実家で車買うんだけど、相談に乗ってもらえないかな?」と言われればすぐにLINEを返すはず。

「あなたのところで買いたい」「あなたのところで直して欲しい」「あなたなら良い方法を知っているんじゃないかと思って」

・・・等々、①彼の利益につながる、②彼の自尊心を高める という効果があるので返信率は高めです。

めんどくさい元カノのLINEは返さなくても、仕事の実績につながるかもしれない“お客さま”からのLINEは無視できないはずですからね。

こういったやり取りをキッカケにまた気持ちが通じて復縁するというケースも少なくありませんので、最初はそっけなく事務的なやり取りオンリーだったとしても希望は捨てないで!

【例文】思わず即レスしたくなるかも。元カレが復縁したくなるLINE

文章を打つ前に絶対やっておきたい!恋愛成就のおまじない

文章を打つ前に絶対やっておきたい!恋愛成就のおまじない
イザ、元カレにLINEを送るとなったら、ちょっと緊張してしまう・・・、うまく言葉が出てこないという方も多いことでしょう。

しかし、綺麗にまとめようとすればするほど紡ぐべき言葉が見つからなくなってしまうものです。

そんな時は、気持ちをほぐす意味でもこんなおまじないを試してみましょう。

両想いになれるおまじない
  1. LINEやメールを打つ前に、文章の始めに「LOVE」と打ちます。
  2. その下に文章を書き、全て書き終わったら「LOVE」を消して送信しましょう。

たったこれだけのおまじないですが効果は抜群。

口コミで伝わる有名な恋まじないです。

おまじないというよりも、LINEを打つ前のウォームアップのような感じで試してみると良いでしょう。

ただし、送信を押す前に「LOVE」の文字を消去するのを忘れないようにしてくださいね。

過去を振り返り、二人の思い出を肯定する

過去を振り返り、二人の思い出を肯定する

「年が明けたと思ったら、もう桜の季節だね。

時間が経つのは早いね。

この前、○○(共通の友達)と一緒に△△公園でお花見してきたよ。

去年は□□(元カレの名前)くんと一緒に見たなあ・・・と思ったら、切なくなった。

改めて、あの頃の私は幸せだったなあと思いました。

□□くんのやさしさに甘えすぎて、その幸せを大切にできなかったことを今はすごく後悔しています。

改めて、本当にごめんなさい。

またいつか、□□くんと一緒に桜を見られる日がくるといいな」

このLINEのポイントは、以下の3つ。

  • 冷静に過去の自分を反省できている
  • 過去を否定するのではなく肯定している
  • 自分の気持ちを、飾らない言葉で素直に表現できている

美辞麗句や言い訳を並べるよりも、このくらいシンプルに気持ちを伝えられたら元カレもグッとくるでしょう。

「また一緒に見よう」ではなく、「見られる日がくるといいな」とちょっと遠慮がちな表現になっているのも男性の返信意欲を高めるポイントです。

二人で行ったイベントを回想する

二人で行ったイベントを回想する

「この前、○○と一緒に、△△△(二人が共通して好きなアーティスト)のライブに行ってきたよ。

久しぶりの来日だったけど、やっぱりあの演奏力は圧巻だね!

前の来日公演は□□くんと一緒に見に行ったなあーと思い出したので、ちょっとLINEしてみました。

最近はどうしてる?オススメのバンドとかある?

色々あったけど、また一緒にライブとか行けたらいいな。

みんなで集まる時は誘ってもいいかな?」

このLINEで、元カレの心を惹きつけるポイント

  • 冷静に過去の二人を振り返ることができている
  • 元カレの好みを覚えている
  • 「復縁」をにおわせず、あくまでも友達というスタンスでLINEしている

一度壊れてしまった関係を元通りに修復するのは難しいことです。

ですから、「やり直そう」とか「復縁しよう」とか言われるとハードルが高いように感じられて身構えてしまう男性も多いでしょう。

しかし、このLINEのように「友だちとしてまた付き合っていきたい」というニュアンスであれば、あまり復縁プレッシャーを感じずに返信できるはず。

ただし、最悪な口喧嘩をした末に別れた場合は、「いまさらなに言っちゃってんだよ」と思われてしまうかもしれません。

あくまでも、自然消滅や元カレ側に非があって別れた場合などに使える文例です。

季節のイベントに合わせたLINEで復縁願望を高める

季節のイベントに合わせたLINEで復縁願望を高める

「今日はクリスマスだね。

去年は一緒に過ごせてうれしかった。

一緒に行ったあのお店のシャンパンが美味しくて、今でも忘れられません。

今年は一緒に過ごせなくて残念です。

でも、□□くんにとって素敵な1日になることを願っています。

メリークリスマス!」

「会いたい」とか「やり直したい」とか「一緒にクリスマスを過ごしたい」とか。

直接的な表現は全くありませんが、文章全体から「今年も一緒にクリスマスを過ごせたらいいのにな」という気持ちが伝わってくるLINEですよね。

クリスマスや誕生日、お正月などのイベントは、元カレがふと「ひとりぼっち」を意識して寂しくなるタイミング。

新しい彼女もできていないなら、元カノからのLINEに心がグラつくことはまちがいありません。

最初はさみしさから返信するとしても、何度かやり取りしているうちに「やっぱり会いたい」「ヨリを戻したい」という気持ちは高まっていくことでしょう。

余計な言葉がない。だからこそ想いが伝わる

余計な言葉がない。だからこそ想いが伝わる

「今、○○(元カレと一緒に旅行した場所、もしくは思い出の場所)に来てるよ。

ここはいつ来ても綺麗。

どんな場所より、一番好き」

そして、とびっきりキレイに撮れた写真を1枚添付。

彼に対する気持ちは何も書いてないように見えますが、言葉は少ないのに彼の心へのパンチ力は最強。

  • 思い出の場所をちゃんと覚えている
  • (綺麗な景色に対する)感動を共有したいという気持ちが強く伝わる
  • 「一番好き」という言葉がインパクト大!

特に、「一番好き」という表現は、元カレに対する告白とも受け取れるので彼はドキドキしてしまうことでしょう。

あえて言葉を絞って、視覚的・感覚的なアプローチで気持ちを伝えるという好例です。

【例文】これじゃ既読スルーされちゃうかも。復縁が遠のくLINE

非常識な時間帯に送ってくる

非常識な時間帯に送ってくる
元彼に久しぶりに送るLINEは、復縁できるかどうかを左右する大事なLINE。

つい、内容にばかり意識が向いてしまいますが、実はそれより大事なのはLINEの「マナー」です。

最も注意すべきは送る時間帯。

深夜や早朝に送ってしまう女性も多いですが、もし彼がLINEの通知を常にONにしているとしたら睡眠を邪魔している可能性があります。

「これから寝ようとしていたのに起こされた」
「ぐっすり眠っていたのに起こされた」
「ゆっくり寝られる日なのに起こされた」

なんてことにならないように、LINEを送る時間帯はよく考えたほうが良いです。

内容がどんなにグッとくる文章だったとしても、送る時間帯がマズイだけで読む気にならないこともありますよ。

A型男性は特にそういったルールや常識に対してシビアなので、非常識な行動に対しては厳しいです。

それだけで「アイツ、やっぱり変わってないな」「自分の都合しか考えてないんだな」と思われ、LINEも読むことすらなくスルーさせてしまうかもしれません。

具体的には、深夜0時~朝7時のLINEは禁止。

元彼が早寝な人なら23時だって遅いかもしれませんし、朝7時は出社の準備でバタバタかもしれません。

過去に付き合っていたなら、彼の生活パターンもなんとなく知っているはず。

睡眠や仕事の時間は避けて、「今なら気持ちにも時間にも余裕がありそう」という時間帯を狙ってLINEしてみましょう。

攻めすぎてるアイコン

攻めすぎてるアイコン
別れた後、綺麗になった自分をアピールしたい!

そんな気持ちから、LINEのアイコンやプロフィール画面を自撮り写真に変える女性も多いです。

しかし、あまりにアップ過ぎる写真はNG。

セクシー過ぎるショットもNG!

確かに綺麗になったことは伝わるかもしれませんが、「相変わらず自分が大好きなんだな」とか「イタいな・・・」と、ドン引きしてしまうかもしれません。

そのアイコンを見ただけで、そっとLINEを閉じてしまう男性も・・・。

バージョンアップした自分をアピールしたいのであれば、あえて顔は映さず後ろ姿のシルエットのみにするのがオススメ。

それでも十分に美しさは伝わりますし、「ちょっと痩せた?」「正面から見た感じはどうなったんだろう」と好奇心を掻き立てられます。

また、あえて自分は映さず、旅先で撮った美しい景色やペットの写真などにするのも良いでしょう。

「別れた後も、元気にやってます」

「もう、すっかり元気です!」

そんな空気感が伝われば元カレも安心してLINEを開けるはずです。

とりあえず、文章が長い!

とりあえず、文章が長い!
女性は、LINEやメールの文章が長い方が多いという印象。

最後まで読んだ後、「で、用件はなんなんだっけ?」ともう一度読み直す必要がある・・・なんてことも珍しくありません。

逆に、男性は短文の方が多いです。

必要最低限のことしか打たないという方も珍しくなく、女性の側からしてみればちょっと「そっけないな」と感じてしまうくらい。

もちろん個人差はありますが、こういった文章の長さに関するギャップも別れる原因になったり復縁がうまくいかない原因だったりすることが多いのです。

一つ確実に言えることは、復縁したいのであれば長文のLINEは逆効果だということ。

男性は、長い文章を見るとそれだけでうんざりしてしまうという方が多く、今カノのLINEでさえも最初から最後までちゃんと読まない方もいるくらいです。

まして元カノからのLINEとなれば、「うわっ!まためんどくさいLINEが来た」と避けられてしまう可能性が高いでしょう。

一応開いてはみたものの、読む気にならない・・・、返信する気にならない(というよりも何を言いたいのかがよくわからないので返信もできない)というわけで結局既読スルーされてしまうことになってしまうのです。

内容が「反省文」になっている

内容が「反省文」になっている
さらに最悪なのは、その長文が反省文であること。

「私のこういうところがダメだったよね」
「あの時、私がこうすれば良かったのにね」
「そしたら今でも一緒にいられたのにね」
「こんな私なんか、嫌いだよね」
「もっと、□□に好きになってもらえるような女になりたい」

自分の欠点をつらつらと書き綴り、さらに元カレへの未練や「たら」「れば」が続きます。

正直、気が滅入りそうな内容なので、男性の多くは途中で読むのをやめてしまうかもしれません。

「元カレにLINEしたけど既読スルーされている」という方は、もしかしたら彼は途中で挫折してしまったのでは!?

女性同士のLINEならアリですが、男性相手のLINEで「長文の反省文」は絶対に止めたほうが良いです。

彼との間のあれこれを反省していて、その気持ちを伝えたいのであれば「私が悪かったと思う」という一言に集約して。

それだけで気持ちは伝わりますし、あれこれ言い訳するよりも誠意が伝わりやすいです。

ネガティブな言葉が多い

ネガティブな言葉が多い
あなたは、誰かにLINEを送った後、自分の文章を見返していますか?

していないなら、ぜひ一度チェックしてみましょう。

「でも」「だって」「どうせ」「ダメ」「嫌」

こんな言葉多く使っていませんか?

ネガティブな言葉が多いメッセージは、全体的な印象もネガティブになりがち。

LINEをもらった相手は、なんとなくスッキリしないようなモヤモヤした気持になるでしょうし、何を言っても「でも」でネガティブに返される気がして返信しにくくなります。

元彼に送ったLINEが既読スルーされているのは、彼が返す言葉に困っているからなのかもしれません。

これからはぜひ、意識的に「好き」「いいよ」「大丈夫」「OK」「わかったよ」といった言葉を使うようにしてみましょう。

ネガティブな思考クセは一朝一夕に修正できるものではありませんが、ポジティブな言葉を意識的に使うことで考え方のクセも変わっていくものです。

「でも」と打ってしまいそうになったら、その前に「そうだね」という肯定クッションを付け加えてみるとい良いですよ。

これなら一旦肯定してポジティブに受け入れてから反対の考え方を付け加える感じになるので、読んだ時の印象が違ってくるはずです。

返信を求める

返信を求める
「ああ~。元カノも反省してくれてるみたいだし、なにより俺のことをすごく思ってくれてるみたいだし、、やっぱり会いたいな。ヨリを戻したいな」

あなたのLINEを読んで、元カレの気持ちは高まっていくかもしれません。

が、最後に「返事待ってます」「返信、楽しみにしてます」という一文があるだけで気持ちが萎えるという男性も少なくありません。

「返事を求められている」「待たれている」

というその状況は彼にとってはプレッシャーであり苦痛。

一気に復縁ボルテージは下がり、返信そのものが億劫になってしまうんですよ。

ですから、復縁LINEにおいて「返事を求めない」は鉄則中の鉄則。

LINEはあなたが一方的に送ったものであって、返信を求める権利はありません。

返事をするかどうかは彼の自由。

返事を強要するようなLINEになってしまうとかえって既読スルーされてしまいますので気を付けましょう。

わざわざ「返事ちょうだい」と言わなくても彼が返事を書きたくなるような、そんなLINE術、文章術を磨いていきましょうね!

LINE一つで愛が再び燃え上がる!送るタイミングと言葉選びが成功の鍵

LINE一つで愛が再び燃え上がる!送るタイミングと言葉選びが成功の鍵
復縁したい場合に効果的なLINEの送り方、具体的な文例、逆に嫌われるNG行為についてご紹介してきました。

復縁を成功させる上で有効なLINEテクニックについておさらいします。

  • LINEは「いつ送るか」というタイミングが重要
  • 読んでもらうには、メッセ―ジの書き始めを工夫すべき
  • 文章だけではなく、視覚的に訴える方法もある
  • 長文とネガティブな内容は嫌われる
  • 返事は強要しない

たった1回のLINEがキッカケで急速に距離が縮まる場合もあれば、逆に距離が開いてしまう場合もあります。

大事なLINEですから、言葉選びやタイミングは慎重に。

間違っても、酔った勢いで深夜にLINEしちゃいました!なんてことがないように気を付けてくださいね。

最後に・・・、

元彼にLINEする前にぜひ試して欲しいおまじないを紹介します。

元カレと良好な関係に戻れるおまじない
  1. 写真やプリクラから、元カレの部分だけを切り抜いてガラスの小瓶に入れる。
  2. 瓶の半分くらいまで「オールスパイス」を入れる。
  3. その瓶を左手に握りしめてLINEの文章を打つ。

素直な気持ちを伝えられる勇気をもらえるおまじない。

すぐに元通りの恋人関係に戻るのは無理でも、少しずつ距離を縮めていくことができるはずです!

【期間限定】復縁や不倫の事で悩んでいるアナタへ



こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの不倫や復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「不倫相手の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

【輝とともに】とは、あの東京浅草の神様と言われる占い師「大和」が期間限定で、復縁の悩みを鑑定し幸せになる為のヒント、アドバイスを受け取れる今、話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

片思いのあの人や不倫している彼氏の事、復縁の悩みも初回無料で診断できます。



※20歳未満は利用できません。

占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にて占い、復縁や不倫などの難しい恋愛の不安の解消法、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

難しい恋愛の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事