宝くじがあたるおまじない
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

「宝くじでも当たらないかなー」って、誰しも一度は口にしたことがあるのではないでしょうか。

そこには、「どうせ当たりっこないけど」という心理も見え隠れします。

しかし、リアルに「億」の金額が当たっている方もいるわけですよね。

そういう人たちには何か共通点はあるのか?また、宝くじが当たりやすくなるおまじないや神社での参拝で注意すべきポイントはあるのか。

今回の記事では、宝くじが当たる前兆や、当てるための「言霊」を使った引き寄せ、おまじないについてご紹介します。

目次

宝くじが当たる前兆って?高額当選した人には共通の「お告げ」があった

付き合う相手の層が変わった

付き合う相手の層が変わった

何かが変わる前兆として、「いままで付き合っていた人が離れていく」あるいは「全く新しい人間関係ができる」ということが挙げられます。

これは、宝くじで高額当選した人に限らず、起業して成功したり、恋愛で新しい彼氏ができたり・・・と“何か”がうまくいくようになった人に共通してみられた兆候です。

意識してそうなったわけではなく、自然とそういう流れができたということがポイント。

とりわけ「お金」ということにフォーカスしてみると、「周りの人(付き合う人)の平均収入があなたの将来の年収になる」という説もあり、誰と付き合うかは非常に重要な問題です。

実際、「起業家として成功したい」と思っているのに、今日食べることで精いっぱいな人たちと付き合っていても、夢は描けないですよね。

彼らにとっては、「どうすれば成功できるか」よりも「どうすれば今日、夕食にありつけるか」が切実な問題です。

大きな夢を叶えたいなら、大きな夢を思い描きそのために努力し実績を出していると人と話をしなければなりません。

ですから、「周りの人間関係が変わった」というのは、その人が無意識的に自分のレベルに合う人を選ぼうとしているサインでもあるわけです。

もしあなたの身の周りでこのような変化があったとしたら、それは成功や高額当選の「お告げ」かもしれませんね。

健康への意識が変わった

健康への意識が変わった

なんだかんだ言っても、人間は「生き物」であり、それ以上でもそれ以下でもありません。

どんなにお金を持っていても、不健康で病気ばかりしていたら治療費であっという間にお金は無くなってしまうでしょう。

しかし、健康でさえあえば余計な医療費もかかりませんし、稼ぎ続けることができます。

健康は全ての基本、健康であることはお金以上に価値のあることと言っても過言ではないのです。

金運に好かれる人は一円であっても粗末にしないので、「何に、どれだけのお金がかかるか」シビアに考えます。

その結果、「そうか。健康であることは、お金を大切に使うことにも通ずるのだな」と気づきを得ることができるでしょう。

良い身体は良い人生を作る。

お金に好かれる人は、この法則をよく心得ているのです。

長らく暴飲暴食、自堕落な生活を続けてきた人が、健康を意識するようになったことで経済状態も改善したというのはよくある話。

健康への意識が変わるような出来事(例:自分や家族の病気や死)は、実は高額当選のお告げとも捉えられるのです。

物の選び方の基準が変わった

物の選び方の基準が変わった

お金に好かれない人が取りがちな行動は、何かを買う時に「まず金額を見て買う」ということ。

本当はAよりもBが気に入ったのに、金額が安くてお得だからという理由だけでAを選んでしまう。

これは、「欲しいものを買っていない」状態ですよね。

これでは、無意識は「この人は、欲しいものよりも買えるものを手に入れる人なんだ。欲しいものにそこまでこだわりがないのね」と認識してしまいます。

しかし、お金に好かれる人、高額当選するような人は、金額よりも「気に入ったかどうか」で物を選びます。

すると無意識は、「この人は、お金よりも自分自身の価値観を大事にする人なんだね」「欲しいものを迷いなく手に入れられる人なんだね」と認識してくれるでしょう。

後者のほうが、その時は大きなお金を支払うことになって「失った」ように見えるかもしれませんが、長期的に見ればお金に好かれます。

この「価値観の転換」は何かのキッカケで突然やってくることもあるので、「最近、お金に関する考え方が変わったなあ」「お金の使い方が変わったな」と感じている方は、大きなものを引き寄せられるサインかもしれませんよ。

時間の価値を痛感した

時間の価値を痛感した

「Time is Money(時は金なり)」とはよく言ったもので、時間にはお金以上の価値があると言っても過言ではありません。

時間は、どんな人にも平等に与えられているもの。

今は億万長者であっても、日々の忙しさにかまけて新しい挑戦や投資ができなければ、いずれは金運に見放されてしまうでしょう。

しかし、「(今は)お金はないけど時間だけはたっぷりある」という状態は最強です。

時間があれば副業もできるし、自己投資してスキルアップもできますよね。

収入はやがて今の○倍、○百倍と膨らんでいく可能性を秘めているのです。

「そうか、俺にはお金はないけど時間の余裕はある」

これは、未来を変える超重要な“気づき”です。

「時間の価値」に気づくと、自分の時間だけではなく相手の時間も大切にできるようになります。

そうなれば、無駄な電話やLINEで相手を煩わせることもなくなるので信頼度も上がりますし、商談やプレゼンにも「ムダ」がなくなり、おのずと周りからの評価も上がっていくいはず。

連動して収入も増え、「お金」に好かれる体質に変わっていくことで結果的に宝くじも当たりやすくなるというわけ!

“なにか”を手放せた

“なにか”を手放せた

宝くじで高額当選したり、事業で成功したりできた人が共通して語るのは、「当たる前に、執着を手放した」ということです。

たとえば、成果が出ない事業に見切りをつけたとか。

ブラック企業に見切りをつけて転職活動を始めたとか。

元彼、元カノにすがるのをやめて新しいご縁を探し始めたとか。

窮屈だった人間関係にケリをつけた・・・等々。

言ってみれば、幅広い意味での「断捨離」をしたことがキッカケで運気の流れが変わっているんです。

その“何か”を捨てようと思えたことは、天からのお告げ。

ずっと執着していたのに、なぜか急に「もういいかなー」と思えた経験、あなたも過去にはあったのではないでしょうか?

それは、あなたの魂のステージが一つ上がったサインです。

「そんなことに執着してるなんて時間の無駄だ。あなたには他にやるべきことがある」

無意識がそんなサインを受け取ったからこそ、新しいことや人に目を向けられるようになる。

「こっちのやり方のほうが私に合ってる!」

「会社なんて他にもたくさんあるよね。私のスキルを評価してオファーくれる企業はこんなにあるじゃん」

「男なんて、他にもいっぱいいるじゃん」

当たり前のようでいて、ずっと気づかないフリをしてきた現実に目を向けられるようになった時、その人の人生は大きく変わり始めるのです。

ないものよりも「あるもの」に感謝できるようになる

ないものよりも「あるもの」に感謝できるようになる

私たちはとかく、「ないもの」「不満なもの」に意識を受けてしまいがち。

しかし、よくよく周りを見つめ直してみれば、自らの努力で手に入れたものはたくさんあるはずです。

今、この記事を見ているスマホやパソコンだって、あなたが努力して手に入れたものですよね。

昼食に食べたおにぎりも、今日身に着けている洋服も、LINEをくれる友達や恋人も、全部あなたが自力で手に入れたもの。

ないものねだりをするよりも、「すでに手に入れているもの」「自分のものにしたもの」にフォーカスしてみると、「なーんだ。私って結構、願望をちゃんと実現できているんじゃないの」と気づくことでしょう。

宝くじで高額当選している皆さんも、何かの瞬間にこういう“気づき”の経験をされている方が多いです。

そして、「もし当たったら、寄付でもしようかな」という軽い気持ちで宝くじを買っている方も多かった!

「足るを知る」という精神は、意外にもお金に好かれる上ではとても大切なものなのです。

宝くじが当たるおまじないで言霊を生み出す!夢が現実になるおまじないとは

貯金箱に願掛け

貯金箱に願掛け

あなたは貯金箱を使っていますか?

もし「使っていない」「持ってすらいない」という方は、この機会にぜひ一つ購入しましょう。

目的は二つあります。

  1. 「少額でもお金は大事なものだ」という意識が身に着く
  2.  金運を引き寄せるおまじない効果がある

「一円を笑う者は一円に泣く」という言葉がありますが、本当にその通りで、お金持ちになれる人は一円であっても粗末にしません。

毎日貯金することを続けたら一年後には365円となり、カフェでコーヒー一杯くらいは飲める金額になります。

この習慣を積み重ねていくと、自然と「じゃあ、10円だったら一年後には洋服一着分くらいは買えるなあ」「100円ずつ貯めたら、欲しかったバッグも買えそう!」と夢広がりますね。

金運を引き寄せるには、この「小さく積み重ねる」という意識がとても大事です。

また、「ブタの貯金箱は金運アップのおまじない効果がある」とう説があります。

ブタは、風水の観点から見るとズバリ「金運」の象徴。

「トントン(豚豚)拍子に物事が進む」という意味もあり、とても縁起の良い動物です。

欧米でも、「Pig Might Fly」は「奇跡が起きる」「ありえないことが起こる」という意味に解釈されています。

金運を良くしたいのであれば、豚の貯金箱を手に入れましょう。

そして、豚の鼻を右手の人差し指でつつきながら「3倍になって戻ってこい!」と唱えます。

この言霊で、豚さんのお腹の中のお金はどんどん増えていくことでしょう。

新月の呪文

新月の呪文

金運を引き寄せるおまじないというと、満月に向かってお財布をフリフリする「お財布フリフリ」のおまじないが有名ですよね。

満月は月がマックスに光をため込んでいる状態なので、”豊かさ“を分け与えてくれるように見えます。

一方、新月は「なにもない」状態に見えるので、金運アップを祈願してもあまり効果がなさそうに思えるかもしれません。

しかし、実は新月の時のほうが月は太陽の近い位置にあり、その光をふんだんに受け取っています。

地球からその姿を見ることはできませんが、実はとてもパワフルな状態なのです。

そんな新月の夜にやっていただきたいおまじないを一つ。

新月の夜、空の見える場所に立ち、次の呪文を唱えます。

「願いを満たしたまえ。苦しみを減らしたまえ」

心の中で、空っぽの財布にお金が入ってくる様子をイメージしながら行うとなお効果的。

じきにお金の流れが変わり、あなたのお財布はお札で満たされるでしょう。

新月の願掛けについてはコチラの記事でも詳しく解説していますので、ぜひ合わせて参考にしてみてくださいね。

お金に関するピンチを救う「ロバ」の魔法

お金に関するピンチを救う「ロバ」の魔法

風水では豚さんが金運の象徴。

しかし、ロバもまたスピリチュアルな観点から見れば「豊かさ」に関連付けられる意味を秘めた動物です。

ロバには「個性を失わない奉仕」という意味があり、お金との主体的な関わり方の大切さを教えてくれます。

すなわち、ただ言われるがまま、流されるがままにお金を動かしているだけではダメで、きちんと自分自身の意志がこもったお金の使い方をしなさいよ、ということですね。

ここで、ロバに関する金運アップのおまじないを一つ。

  1. 白い紙にロバの絵を描く
  2. ロバの口からお金が出ている様子を書き足す
  3. ハンカチなど布製のものの上に置き、紙の余白に欲しい金額を書く
  4. 「ブレッドリーブリッド」と唱えて、紙を机の引き出しにしまっておく

何か意味のある言葉でありませんが、「お願い、ロバさん!」という気持ちを込めて!

お金のピンチを脱するためのおまじないですが、ポイントは「金額を欲張り過ぎない」ということです。

宝くじなら、いきなり「○億円」と欲張った金額を書くのではなく、その時点で使い道が想像できる範囲内の額に留めておきましょう。

叶ったら、感謝の気持ちを込めて紙に草の絵を描き加えてあげてくださいね!

必要なサポートが受けられる「オナイム ペランテス ラソナトス」

「オナイム ペランテス ラソナトス」

宝くじは、わかりやすく言えば「お金のプレゼント」。

自力で稼ぐお金ではないので、「収入アップ」系のおまじないや呪文を唱えてもあまり効果はありません。

それよりも、「お金に好かれる」「金銭的なサポートを受けられる」という効果があるおまじない&呪文を試すのがおススメ。

口コミで「効果があった」という声が多いのは、「オナイム ペランテス ラソナトス」のおまじない。

必要な金額をイメージしながら、この呪文を10回程度唱えてください。

宝くじなら、無計画に「1億円」と願うのではなく、使い道を具体的にイメージできる金額を思い浮かべるのが効果的ですよ。

また、「きひる ひひるたからさお ふるふるみつる あめつちのさお」という言霊もおススメです。

「黄金に輝く 光る宝の徳 満ち溢れて降ってくる 天と地のありがたい恵み」という意味があり、金運全般の流れが良くなる効果が知られています。

天から金のシャワーが降り注ぎ、停滞したお金の流れが動き出すようなイメージで唱えてみると、それだけでも満ち足りた気持ちになれますよ。

この「精神的な余裕」も大金を惹きつけるには必要不可欠なものです。

宝くじで億が当たる!言霊を使った引き寄せの法則

「神様の奇跡が起きています」

「神様の奇跡が起きています」

「宝くじなんて、完全に“運”でしょ?」

そう思われる方が非常に多いと思いますが、必ずしもそればかりではありません。

ある言霊を使って「億」の当選を引き寄せている方がいるんです。

その言霊とは、「神様の奇跡が起きています」というもの。

これを毎日、何度も何度も唱えていたところ、自然と頭の中に数字が浮かんできたのだとか。

その数字でロト6を購入したら、高額の当選につながったというのです。

YouTubeでは、この言霊を何度もリピートする動画が数パターンで出ていますので、フィーリングに合うものを選んでぜひ一度聞いてみてください。

「神様の奇跡なんて、あるわけないでしょ」と思われる方もいらっしゃるでしょう。

しかし、実際にこの方法で億単位の金額を引き当てた人がいるわけですから「絶対にありえない」とは言い切れません。

しかもこの男性は、言霊の力で二度も高額当選しているんです。

一度目に受け取ったお金はほぼ全てを「寄付」したということなので、やはりお金に好かれる人は「足る」を知り、必要以上に望まない傾向が見て取れますね。

「すいません」より「ありがとう」

「すいません」より「ありがとう」

「神様の奇跡が起きています」の言霊には、「ありがとうございます」という一言を付け加えたバージョンもあります。

実はこの「ありがとう」は魔法の呪文!

多くのビジネス書、自己啓発書、心理学系の本でも、この「感謝する心」の重要性について説かれています。

何かしてもらった時、あなたはとっさに「すいません」と言ってしまっていませんか?

それは、無意識に「してもらって申し訳ない」「私は、こんな親切を受け取る価値がある人間ではないのに」という心理が働いています。

一方、引き寄せ上手な人は「ありがとう」が口癖。

とっさに、「すいません」ではなく「ありがとう」が笑顔とセットで自然に出てくるのが特徴です。

その背景には、「私は親切を受け取るに値する人間だ」「私には、その親切を受け取る価値がある」という肯定的な自己イメージがあります。

目には見えないものなのでなかなか自覚しにくいと思いますが、「ありがとう」は幸せを引き寄せる言霊。

つい「すいません」と言ってしまうクセがある方は、なるべく「ありがとう」を使うように心がけてみましょう。

自分に優しい言葉をかけ続けよう

自分に優しい言葉をかけ続けよう

私たち人間は、良くも悪くも言葉に縛られる生き物です。

ひどく落ち込んでいる時、「人生はロングショットで見れば喜劇だ」とか「世界はあなたの感じ方次第だ」という言葉に触れたら、ちょっと前向きな気持ちになれますよね。

一方で、「優秀な人は決して環境のせいにしない」なんて言われたら、「ああ、やっぱり、なんでも相手のせいにしちゃう私ってダメなんだ」「会社に不満を持つ私は、ダメな人間だ」とさらに落ち込んでしまうかもしれません。

だからこそ、自分自身に日々、どんな言葉かけをするかはとても大事なこと。

人に対してはもちろんですが、私たちは自分にかける言葉についてももっと慎重になるべきです。

たとえば「神様の奇跡が起きています」という言霊は、心を救ってくれるポジティブな言葉に分類できるでしょう。

科学的根拠は何もありませんが、それでも言霊を毎日つぶやき続けることによってメンタルが上向いていくのは間違いありません。

誰だって、心のどこかではうっすらとでも神様を信じているでしょうし、神様に見放されるよりは好かれたいですよね?

神の恵みが本当にあるなら、誰だって欲しいし、奇跡を起こして欲しいと思うでしょう。

この言霊は、一見ひどくスピリチュアルに寄っているように思えるかもしれませんが、人間の根源的な欲求にダイレクトにアプローチしているのです。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

言霊で無意識を書き換える

言霊で無意識を書き換える

オーストリアの精神科医、ジークムント・フロイトはこんな名言を残しています。

「心とは氷山のようなものだ。その大きさの7分の1を海面の上に出して漂う」

私たちが自覚できている“意識”は心の層のほんのわずかな一部分であり、残りは海の中に隠れていて意識することすらできない。

これはわりと有名な話ですよね。

しかし、じゃあその表に出ていない部分は全くコントロールが効かないのか?というそんなことはありません。

日々の自分への言葉かけや行動で、その無意識の領域を書き換えていくことは可能です。

「言霊」もその方法の一つ。

「私は運が悪い」「いつもいつもなんてツイてないんだ」と、ネガティブな暗示をかけ続けていると、私たちの無意識は「そうだよね。あんたって本当に運が悪いよね。どうせ何をやってもダメだよね」と認識し、新しいことに挑戦する意欲を低下させてしまいます。

逆に「私っていつもツイてるね!」「あー、やばい!どうせ、宝くじも当たっちゃうんだろうなあ」「神様の奇跡が起きてますよ!」・・・とポジティブな言葉をかけ続けていると、無意識は「そうだよ、あんたはいつもツイてるラッキーガールじゃないの!」とセルフイメージを上げてくれるのです。

この無意識が作り上げる「セルフイメージ」は非常に大事なもので、このイメージを超える存在になるのは難しい。

「願えば叶う」とよく言われますが、むしろ「願わないと叶わない」が正解です。

どれだけポジティブンで優しい言霊で自分自身を“その気”にさせられるかが未来を決めてしまうと言っても過言ではありません。

潜在意識や引き寄せの法則についてはコチラの記事でも詳しく紹介していますので、合わせてぜひチェックしてみてくださいね。

宝くじで高額当選する人の習慣を取り入れて金運アップ

トイレはいつもきれいにしておこう

トイレはいつもきれいにしておこう

テレビなどで、儲かっている会社の社長さんの1日を密着する番組をご覧になったことはありますか?

見たことがある方はわかると思いますが、彼らの多くが実践しているのが「朝のトイレ掃除」です。

社員よりも早く会社に行き、トイレ掃除をする。

社長自らがこのようなルーティンを続けている会社は、不思議とお金に恵まれます。

これは個人でも同じこと。

起業して成功しました、宝くじで高額当選しました、投資で当てました!・・・とお金に好かれている人の多くは、同じように「トイレの掃除」を大事にしています。

なぜトイレ掃除が金運に直結するのか?

それは、トイレには「鳥枢沙摩明王(うすさまみょうおう)」という金運の神様がいるからです。

人間界における全ての不浄を焼き尽くしてくれる浄化の神様。

トイレは「人が汚れたものを流す場所」であり、風水的に見て「陰の気が溜まりやすい場所」ですから、ここに鳥枢沙摩明王が祀られているというのは理にかなっているといえますね。

鳥枢沙摩明王には「人間の煩悩や欲望を焼き尽くす」という力もあるので、毎日掃除をしていれば心も浄化されて、欲や怒りに支配されなくなるでしょう。

「オン・シュリマリママリ・マリシュシュリ・ソワカ」

この真言を唱えながら掃除するとさらに金運アップ効果が高くなりますのでぜひ今日からお試しください!

玄関は毎日水拭き!

玄関は毎日水拭き!

トイレに加えて、お金持ちのみなさんが大事しているのが「玄関掃除」です。

玄関は、全ての“気”の入り口。

物であふれ、汚れた玄関では良い運気を引き寄せることはできません。

「“気”とか言われてもイマイチ、ピンとこない」という方は、空気(風)の流れをイメージしてみると分かりやすいでしょう。

春の花の香りを運ぶ風が、玄関から家の中に入ってくる様子を想像してみてください。

そこに汚れた靴や傘、子どもの玩具などが散乱していたらどうでしょうか・・・。

お客さんが「うっ」と顔をしかめてしまうように、運気も入ってくるのをためらってしまうでしょう。

入ってきたとしても、汚れた玄関を通ることでエネルギーも低下してしまいそうです。

一方、すっきり片づけられて清潔をキープできている玄関であれば、邪魔されることなく空気がスムーズに通ってきます。

結果的に、家の隅々まで良い運気で満たされる。

こんな様子を“色付き”で頭の中で想像してみると、玄関掃除の大切さがおわかりいただけるのではないでしょうか。

ホウキで掃くことも拭き掃除も、「汚れた運気を祓い清める」という意味もあります。

ぜひ、毎日の習慣にして、いつどんな幸運がやってきてもスムーズに迎えられるようなピカピカの玄関をキープしましょう。

目先の利益に飛びつかない

目先の利益に飛びつかない

宝くじで高額を当てるような人は、普段からさぞや欲深く計算高い人に違いない。

・・・そんな思い込みをお持ちの方もいるようですが、それは誤解です。

お金に好かれる人は、謙虚で思慮深く、目先の利益に飛びつかない方が多いです。

何かをする時、しない時、「それをする(しない)ことによって、長期的に得られる利益は?失うコストは?」と考える習慣があるので、衝動買いをすることはほとんどないでしょう。

お金ばかりではなく行動の一つ一つで「Benefit&Cost(利益と損失)」を数値化して考えるので、仕事でもプライベートでも大きな失敗が少ないのも特徴的です。

逆に、金運を味方につけられない人は「今、得すること」に飛びつきがち。

将来的に大きなコストを被るような選択ミスをしがちです。

たとえば、同じ商品でも100均の品よりもホームセンターで買ったほうが長持ちする物ってありますよね。

金運を味方にできている人は、「100均で買ってもすぐに壊れてまた買い替える羽目になるだろう。だったら、ちょっと高くてもちゃんとしたものを買ったほうが良い」と考えて、カインズホームなどに出かけ数百円の物を購入します。

しかし、目先の「安さ」ばかり重視する人は、「100円だから」という金額だけで選び、何度も何度も買い替えることを繰り返してしまいがち。

極端な場合は、結局後者のほうがトータルの支出は多くなってしまうこともありますよね。

全てにおいて、このように「長期的なBenefit&Costを考える」という習慣を身に着けることは大事なことです。

「お金がない」と嘆くのではなく、「ラッキー!得した!」

「お金がない」と嘆くのではなく、「ラッキー!得した!」

人生は、口にする言葉によって大きく変わります。

たとえばあなたは、「あーあ。お金ないなー」「お金、貯まらないなー」と、お金がない話ばかりしていませんか?

それが事実なのだとしても、その習慣は改めるべきです。

なぜなら、お金に味方されている人はお金がない話はしないからです。

ないものを嘆くのではなく、「やった!たまたま買い物に行ったら、5%OFFの日だった。ラッキー!」という感じに、得したこと、ラッキーだったこと、嬉しかったことに目を向けて、お金に関するポジティブな感情を口にする習慣があるのです。

「ない」という事実にばかり意識を向けてしまうと、あなたの潜在意識は「あーあ、あなたは結局、ないものねだりなのねえ」「お金を貯められない人なのね」とあなた自身を信用できなくなっていきます。

自分自身を信用できないわけですから、当然、お金についての自信は失われていくでしょう。

これに対して、お金に関してポジティブな言葉を発している人は、「私はお金に好かれている」と自分の無意識を“勘違い”させることができます。

この“勘違い”が実は重要で、「私にはできる」「私ならやれる」「私なら大丈夫」と自分を信じられるからこそ思い切った行動ができるようになるのです。

挑戦することを恐れないので、それだけ試行回数も多くなり、チャンスも引き寄せやすくなるというわけ。

「ない」と嘆くのはやめて、「まあ、私ならなんとかなる!」「まだやれることはある」と自分に前向きな暗示をかけてあげましょう。

モノよりコトに投資する

モノよりコトに投資する

「欲しかったものをやっと手に入れたんだけど、なんか物足りないなあ」

「念願が叶って欲しいものを手に入れたんだけど、また欲しいものができちゃった」

こんな経験、ありませんか?

人の欲望には限りがなく、一つ叶えば再び新しい欲望が出てきてしまいます。

お金に好かれている人は、その心理を良く知っていて、「モノを手に入れること」にあまり価値を置いていません。

それより大事にしているのは、誰かとつながることや何かを体験すること。

つまり、「モノ」よりも「コト」に多くのお金を使っていることがわかります。

友達や家族と旅行に出かけたり、自己投資で新しいことを学んだり、新しいスキルを身に着けたり、ペットを飼ってみたり。

はっきりとした「形」としては残らないかもしれませんが、それでもその体験を通じて得られた資産は誰にも奪われることはないし、あなたの人生を豊かにしてくれるでしょう。

労働を憎まない

労働を憎まない

あなたは、宝くじに当たったら、仕事はどうしますか?

「高額当選したら、仕事なんかやめて一生遊んで暮らしてやる」

と考えている方は、残念ながらまだお金に好かれる状態ではないかもしれません。

金運に味方される人の多くは、「働く」ということを楽しんでいます。

働くこと=お金を儲けることと考えるのではなく、「人の役に立つために」「社会に奉仕するために」「人とつながることで、自分が精神的に豊かになるために」働くのです。

だから、たとえ宝くじで高額当選しようが、事業で大当たりしようが、働くことは止めません。

働くこと=人に使われること=奴隷だ・・・そんな価値観に支配されていると、気持ちよく大金を受け入れることはできないでしょう。

「お金」と「労働」は、セットのようでいて決して切り離せないセットではない。

労働をお金と切り離しても楽しめる境地に至ってこそ、金運はその人の味方をしてくれるのです。

喜ばれることにお金を使う

喜ばれることにお金を使う

高額当選する人に共通する、最も大事なこと。

それは、「人に喜ばれることにお金を使っている」ということです。

たとえば、交際費をケチらない、大切な人によくプレゼントを贈る、寄付する、クラウドファンディングで投資するなどが挙げられるでしょう。

「金は天下の回り物」とはよく言ったもので、お金は社会に循環させてなんぼなところがあります。

「これは俺の金だ!」と、お金にしがみついて手放せない人は、入ってくる分のお金にも恵まれません。

過去に宝くじで高額当選している人の中には「当たったお金の大半を寄付に当てた」とう人もいるほど。

そのくらい、お金に執着がない人のほうが逆に金運に好かれるということなんですね。

すでにお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、これは男女関係にもよく似ています。

追えば逃げられるし、逃げれば追われる。

押せば逃げられるけど、引けば追われる。

「経済は女性の心理に似ている」と言う経済学者もいるように、金運は女心と類似しています。

そんな“お金心”をよく心得ていて、決して深追いしないというのもまた、お金に好かれる人々に共通する特徴と言えるでしょう。

宝くじで当選!どうしても当たりたいなら神社仏閣での祈り方も気を付けて

たまに行くのではなく、定期的に行く

たまに行くのではなく、定期的に行く

みなさんは、神社にお参りに行きますか?どのくらいの頻度で?

おそらく多くの方は、「初詣」とか「厄払い」とか「合格祈願」など特別な“何か”がないと神社に足を運ばないのではないでしょうか。

しかし、いわゆる“お金持ち”と呼ばれる人々はもっと頻繁に神社を参拝しています。

神様に手を合わせる時間は、己と向き合う時間。

幸運を引き寄せるためには、ポジティブな言霊で自分に対してポジティブな“暗示”をかけることが大事ですが、そのためには自分を信じる力が必要です。

神様という存在を信じ、手を合わせて成功を祈る。

この行為を通じて、成功者たちは「何かを強く信じる姿勢」「自分を信じること」のトレーニングを積んでいるのだと言っても過言ではないでしょう。

遠方のパワースポットでなくとも、近所の氏神様でも十分!

「たまに」ではなく、例えば「毎日、会社帰りに」とか「週に1回、日曜日の朝に」などマイルールを決めて神社に足を運び、神様に手を合わせましょう。

願うことは、幸せを引き寄せるためにスタート地点なのです。

神社での参拝ルールについても、ぜひコチラの記事でおさらいしてみてください!

エゴを満たすために祈るのは止めよう

エゴを満たすために祈るのは止めよう定期的に行く

「潜在意識は他人と自分を区別しない」と言われています。

そのため、人のために願ったことが巡り巡って自分に還ってくるということもよく起きます。

これは実際に事業で成功した人に聞いた話ですが、若い頃はずっと、「○○がうまくいきますように」「○○が手に入りますように」と自分のエゴ、願望丸出しな願い方をしていたそうです。

それが30歳を目前にした頃、いつものように初詣に行った神社で手を合わせていた時、突然こう思ったんだそうです。

「もう、自分のことは自分でどうにかします。まだできることはたくさんあると思うから。その代わり、父と母が健康でいられるように見守ってください」

なぜ急にそんな風に思ったのか、自分でも不思議だったそう。

しかし、その後、彼が手がけた商品は大ブレイク。

自らの欲望を手放して両親の幸せを願ったことが、結果的に自分自身にもプラスになって還ってきたということです。

この例のように、自分自身の欲を手放して他者のために祈ってみる。

そうすることで思いもよらない奇跡が起きるかもしれません。

ただし、下心丸出しでやっても意味はないので、心から他者の幸せを願えるような自分になることが理想的ですね。

人の幸せを願う

人の幸せを願う

人の幸せを願っていたら空くじが当たった。

実は、リアルにそんな出来事があったのです。

それは、佐賀県にある、人口470人の「高島」という島で2002年に起きた出来事。

この小さな島で、宝くじの“億”当選者が二人も出たのです!

2人は、島おこし計画で「宝当袋」を作っていたとのこと。

この袋に宝くじを入れて祈った人に宝くじが当たりますように・・・そんな願いを込めて袋を手作りしていたそうです。

その結果、その袋を作っていた本人たちが高額当選したというミラクルな展開。

これは、「金運は人の幸せを願う人に舞い込む」という典型的な例ですよね。

「宝くじは私のものだ」「他の人なんてどうでも良い」

そんな気持ちで作っていたら、おそらくこの当選はなかったでしょう。

自分たちが愛してきたこの島に、もっとたくさんの人を呼びたい。

そして、訪れた人々に幸せが舞い込みますように・・・と、おそらくそんなピュアな気持ちで作っていたのではないでしょうか。

このように幸せに好かれるためには我欲から解放されることが必須。

人のために祈れる人になりましょう。

心の準備ができた人に幸せは訪れる

心の準備ができた人に幸せは訪れる

私たちは普段、あまりにも気軽に「お金がない」とか「宝くじが当たったらいいなあ」という発言をしがちです。

実際、神社仏閣でも「お金持ちになれますように」「今度こそ宝くじが当たりますように」「収入が上がりますように」「一発、当てられますように」という漠然とした願い方をしている人は多いことでしょう。

しかし、じゃあもし当たったら?どんなことにどれだけ使うか、具体的なイメージはできていますか?

何事も、ゴールを定めることは非常に大事です。

私たちの脳には優れた機能が備わっていて、目標とするゴール地点さえしっかりと定めることができればあとは自動でそこまで連れて行ってくれると言っても過言ではありません。

そのゴールに向かう道筋を自動で探すようになりますし、関係する情報には勝手に意識が向くようになる。

自然と、同じような目標を持つ人を引き寄せるようになるし、仕事選びも特定の分野にフォーカスして求人を探すようになります。

しかし、ゴール設定が曖昧だとこの機能は発動されません。

どこを目指したら良いのかわからず、脳がバグってしまうからです。

お金に関しても同じことで、宝くじを当てたいなら「当ててどうしたいのか」「どういうことに使いたいのか」それによって「どんな自分になりたいのか」。

最終的にどんな人生にしたいのか?ゴールを明確に定めて祈ることで、望む未来のためにすべきことがはっきりと見えてくるでしょう。

いつ幸せが舞い込んでも慌てず活用できるように、心の状態を整えておくことも大事ですね。

宝くじが当たるおまじないで金運アップ!お金にまつわる言葉は言霊に注意して

宝くじが当たるおまじないで金運アップ!

宝くじが当たる金運アップのおまじないや、高額当選した人が日常的にやっていた習慣についてご紹介しました。

今日からでも真似っこして実践したいポイントを整理します。

  • 宝くじで高額当選した人には何かしら共通する”前兆”があった
  • お金に好かれる人は「すいません」よりも「ありがとう」を多く使っている
  • 金運が良い人はキレイ好き
  • ないものよりも「すでに手に入れたもの」に注目したほうが物事はうまくいきやすい
  • 他者の幸せを願える人は巡り巡って自分も幸せになれる

私たちは、自分で思っている以上に普段使っている「言葉」に支配されています。

使う言葉、口癖を見直すだけでも不思議なほどいろんなことがうまく回り始めるということはよくあること。

お金に関しては特にその傾向が強いので、「お金がない」が口癖になっている人は要注意!

ないことを嘆くのではなく、どうすればお金を呼び込める自分になれるのかを前向きに考えましょう!

【期間限定】復縁や不倫の事で悩んでいるアナタへ



こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの不倫や復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「不倫相手の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

【輝とともに】とは、あの東京浅草の神様と言われる占い師「大和」が期間限定で、復縁の悩みを鑑定し幸せになる為のヒント、アドバイスを受け取れる今、話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

片思いのあの人や不倫している彼氏の事、復縁の悩みも初回無料で診断できます。



※20歳未満は利用できません。

占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にて占い、復縁や不倫などの難しい恋愛の不安の解消法、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

難しい恋愛の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事