復縁のきっかけエピソード
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

「ある日、遅刻しそうになって急いで走っていたら、曲がり角で男性とぶつかっちゃった。なんとそれは、何年も前に別れた元カレで・・・」

なんてドラマみたいな奇跡は、現実にはそう簡単には遭遇できません。

復縁したいなら、チャンスは自分で作り出す必要があります。

成功者たちは、どんなきっかけで復縁しているのか?どんなチャンスを生み出しているのか?

今回は、奇跡的なきっかけに恵まれた復縁エピソードや自分でチャンスを作り出して復縁に成功したエピソードに注目!

チャンスを逃さず確実に復縁につなげるテクニックや心得についてまとめていきます。

目次

遠距離でも復縁結婚できる!自分できっかけを作って成功したエピソード

行動する勇気さえあれば遠距離恋愛でも復縁&結婚できる

行動する勇気さえあれば遠距離恋愛でも復縁&結婚できる
遠距離恋愛のように、「距離」の問題で別れてしまうカップルはとても多いです。

会えない間、相手がどうしているのか分からなくて不安。

傍にいて欲しい時に居てもらえないのが寂しい・・・。

相手を強く求める気持ちと、ちょっぴり疑う気持ちが入り混じって、不安で不安でたまらなくなってしまうのでしょう。

不安が強ければ強いほど、“気持ち”という見えない糸で相手を束縛してしまいますし、彼もまた「なんで自分を信じてくれないんだ」とだんだん嫌気がさしてくる。

結果的に、関係がギクシャクして別れてしまった・・・そんな話もよく耳にします。

しかし、遠距離恋愛でも距離を乗り越えて復縁し、結婚しているカップルも珍しくはありません。

例えば、北海道と東京という距離で遠距離恋愛していたAさんは、もともと寂しがり屋で「遠恋は絶対に無理!」というタイプ。

彼の仕事の都合(家の事情で地元にUターン就職した)で遠恋になってしまい、不安と寂しさで1日何度も彼にメールやLINEをしてしまったそうです。

当時は彼は仕事も忙しくAさんの気持ちを受け止める余裕がなく、結局は別れてしまった二人。

Aさんは、「遠くにいる俺より、近くでずっと一緒に居てくれる人を探したほうが良い」という、元カレの最後の言葉をずっと引きずっていました。

しかし、2ヶ月ほど経った頃、「会えないのが問題なら、自分から会いに行けばいいんだ」と気付き、思いきって自分から北海道まで会いに行ったのだとか。

そして、自分は遠距離恋愛が苦手なこと、どうしても不安になってしまうこと、だから北海道で仕事を探す覚悟を決めてきたことなどを伝えたそうです。

元カレのほうも、最初は戸惑った様子だったようですが、消極的だったAさんが自ら行動を起こしてくれたことが嬉しかったよう。

職場や仕事にも慣れ気持ちに余裕ができつつあったタイミングだったため、Aさんの気持ちを受け入れてくれたそうです。

その後、Aさんは宣言通りに北海道で就職活動をして見事に内定をGET。

半年後には北海道に引越して、二人で暮らし始めたそうです。

まさに自分の人生をかけた決断&行動ですから、二人の間には復縁=「結婚」を前提にして付き合うという共通認識があったとか。

自分の本気を伝えるには、このくらい思い切った行動にでなければいけないのですね。

一度や二度の浮気で動揺しちゃダメ!

一度や二度の浮気で動揺しちゃダメ!
遠距離恋愛には、「浮気」の問題もついてまわりますよね。

彼と離れて自分が寂しいのと同じように、彼もまた寂しいのです。

となれば、ちょっとした心の隙間に入り込む若い女の子(例えば会社の後輩とか)に気持ちがグラつくことだってあるでしょう。

「自分の知らない土地で、知らない女の子とラブラブしてる」という、そのシチュエーションが絶対に許せない!と言う女性も多いです。

しかし、復縁に成功して「妻」という絶対的な地位を手に入れたBさんは、遠距離恋愛時代の浮気は全て許してあげました。

確かにそれが原因で別れてしまったことはあったそうですが、「浮気はさみしさの裏返し」「さみしさや愛情の裏返し」と捉え、「むしろ、自分のことが好きすぎて一人でいるのがつらかったから浮気したのね」と前向きに捉えるようにしたのだそうです。

実際、なんだかんだ言っても元カレは最終的にはいつもBさんの元に帰ってきたとのことで、浮気は「本気」にはなっていなかったのでしょうね。

その浮気がもしも「本気」なら完全に別れることも視野に入れたほうが良いですが、寂しさ故にココロが漂ってしまっただけの浮気なら、一度や二度は目を瞑ってあげましょう。

寂しがり屋の彼と復縁したいのであれば、そのくらいの心の余裕が必要です。

Bさんのように「どうせ最後は私のところに戻ってくるんだから」とどんと構えて、些細なことに一喜一憂しない強さが必要ですね。

離れているからこそ、共通の友達が頼りになる

離れているからこそ、共通の友達が頼りになる
そうはいっても、遠距離恋愛だと一度別れると別れっぱなしになってしまうケースも多いです。

どこかでバッタリ会うという奇跡も起こりにくいですし、元カレのほうも「どうせ近くでいい彼氏ができるだろう」と、復縁したくてもあえて連絡をよこさないという可能性も考えられます。

つまり、あなたのほうから何かきっかけを作らないと一生「別れた恋人。今は他人」で終わってしまうということ。

そこでCさんが実行したのは、「共通の友達数人を誘って遊びに行く」という計画です。

もともと東京で出会って付き合い始めたものの、仕事の都合で彼は新潟へ。

そこで、「みんなでスキーに行くから、○○(元カレ)も来ない?」と誘い出す作戦に出たのです。

復縁願望があることは親友にだけ打ち明けて、外のメンバーにはナイショ。

ですが、東京にいた頃はよく集まっていた仲間だったので、一声かけるとみんな「行く行く!」と集まってくれたそうです。

彼も、久しぶりの連絡に驚いた様子でしたが、「みんながせっかく来てくれるなら」という感じで出てきてくれました。

もともと嫌いで別れたわけではなかった二人は、会った直後は会話もぎこちなかったものの、すぐに以前の雰囲気に戻れたのだとか。

「やっぱり、こうやって楽しいことを考えてくれるCが好きだよ」「いつも、俺の楽しいコトの中心にはCがいたんだなあって気づいたよ」と言ってもらえたそうです。

その後は二人で北陸周辺の温泉を探索し尽くすなど遠距離恋愛をポジティブに楽しみ、彼は2年後に東京に戻ることができたのだとか。

見知らぬ土地での転勤生活を支えてくれたCさんは「人生に欠かせない人」とのことで、二人は晴れて結婚したそうです!

「元気にやってる?」地元の特産物を差し入れして復縁!

地元の特産物を差し入れして復縁!
さきほどのエピソードでもわかりますが、遠距離恋愛が寂しくて辛いのは女性のほうばかりではありません。

もしかしたら男性のほうは女性以上に孤独を感じているのかもしれませんよ。

男性は、女性と違ってある程度の年齢になると「友だち同士で遊ぶ」ということも少なくなってくるので、よけいに孤独感を募らせている可能性があります。

そんな時、見慣れた字で宛名を書かれた小包が届いたら?

Dさんは、この「ほっこり贈り物作戦」で見事に復縁&結婚を勝ち取りました。

もともとは大学の同期だった2人ですが、就職を機に遠距離恋愛に。

お互いに仕事も忙しく、だんだん連絡の回数が減って疎遠になり、自然消滅のような形で別れてしまったのだそうです。

それでも、Dさんは今でも元カレが好き。

機会があれば復縁したいと願うものの、どうやってきっかけを作ったら良いのかわからず悩んでいました。

そんな時、実家の母親から送られてきた段ボール箱を受け取って気づいたことがありました。

「宅配って、なんかあったかい気持ちになるな。そうだ、彼にも何か美味しい物を送ってあげよう」と。

地元からも友達からも離れて一人で生活するカレに、何かほっこりするものを届けてあげたい。

・・・そんな気持ちで、バレンタインのチョコやら地元の銘菓やらを詰め詰めで送ったそうです。

「元気してますか?バレンタインを兼ねて、ちょっとした差し入れです。寒いと思うけど、風邪に気を付けて頑張ってね」

こんなメッセージカードもつけて送ったところ、受け取った彼からさっそく「ありがとう」のLINEが。

ちょうど風邪で体調を崩していたタイミングと重なったこともあり、Dさんの思いやりに救われたそうです。

心身が弱っている時ほど、人のやさしさや思いやりは骨身に染みるもの。

元カレはこの出来事で一気に復縁ボルテージが上がったようで、それからちょくちょくLINEしてくるようになりました。

彼はいわゆる「転勤族」で、その会社に勤めている限り日本各地を転々とする運命。

正直、結婚はあきらめていたところがあったそうですが、「Dならきっと、たとえ単身赴任になってもうまくやっていける」と確信し、結婚を決めました。

もちろんDさんの返事はOKで、「たとえ地球の裏側に転勤になったとしても、必ず愛を届けます」と誓ったそうです!

長年別れてた元彼と再会して…偶然のきっかけに恵まれた復縁エピソード

長年別れていたのに気持ちが再燃!「結婚式」の奇跡

長年別れていたのに気持ちが再燃!
別れて1年、2年、3年・・・と年数を経るうちに、元カレとの過去は遠い思い出話になっていきます。

「やり直したい」という気持ちがあっても、正直なところ「別れてからあまりに時間が経ち過ぎていて、再会しても普通に話せる自信もない」という感じ。

「遠目にパッと見て、あとは素通りしてしまうかも」という女性も多いのではないでしょうか。

しかし、Eさんのように長年別れていても偶然の再会から復縁に至ったという成功エピソードもあります。

復縁のきっかけとして「友だちの結婚式」を挙げる方は多いですが、Eさんもまさにその一人。

大学時代の友人の結婚式で、当時付き合っていた元カレに再会しました。

学生時代のやんちゃな感じは消え、今はしっかり落ち着いたビジネスマン風。

それでいて、くしゃっとした笑い顔や当時から好きだったハスキーボイスは変わらずで、やはりキュンキュンしてしまったそうです。

友だちの結婚式で再会したまた恋が盛り上がって・・・なんてドラマの中だけの話かと思っていたのに、まるで学生の頃に戻ったようにドキドキする自分の気持ちをどうにも止められなかったというEさん。

そう感じていたのは元カレも同じだったようで、彼のほうから連絡先を聞いてきたそうです。

長年別れていて全く会っていなかったというのも恋には良いスパイスになったようで、「時間」という調味料で味付けされた恋にお互いココロを奪われてしまったんですね。

元々、好き合っていた仲ですから、時間が経って出会い直せばやっぱり惹かれるものがあるのでしょう。

また、「結婚式」という非日常なシチュエーションも男女の気持ちを高める効果があるようです。

友達主催の飲み会で久しぶりの再会。互いの変化が新鮮でドキドキ

友達主催の飲み会で久しぶりの再会
長年別れて会っていなかったとなると、なかなかこちらからは連絡しにくくなってますよね。

「もうとっくに彼女ができているよね」

「いや、もしかした結婚してたりするかも?」

「すでに子供がいたりしてね・・・」

なんてあれこれ想像し始めると、余計な妄想が膨らんで「連絡してみようかな」という気持ちが絞bでしまうことも。

「長年別れていた」「別れて数年経っている」という状況は、「相手が今どんな状態かが全くわからない」という不安もはらんでいるのです。

しかし、逆にそんな状態だからこそ再会した時に思いもよらない展開が待っていたりもするものですよね。

Fさんの復縁エピソードもまさにそんな感じで、長年別れていた彼と、友達が企画した飲み会(ほとんど同窓会のような感じ)で再会したことがキッカケで復縁しました。

親しい仲間内の飲み会というよりはわりと規模の大きな会だったので、「元カレに会ったとしてもあまり気まずくならないよね」と思い気楽に参加したとか。

「また会いたい」「できれば復縁したい」という気持ちがありつつも、別れて5年以上も経っていたのであまり期待はしていなかったそうなんです。

しかし、過度に期待せずに参加したことがかえって良い方向に作用したのでしょう。

元カレのほうから「久しぶり。今、どこに住んでるの?」と話しかけてきてくれたんだそうです。

そして、別れる直前はけっこうひどい喧嘩もしたはずなのに、そんなことが全くなかったかのように自然に話せている自分たちに驚いたとか。

結局、「せっかくだから、久しぶりにご飯でも行かない?」とお誘いがあり、それからちょくちょく連絡を取り合うようになったそうです。

当時は若さゆえに我を通し過ぎたり相手に期待し過ぎたりするところがあったそうですが、いろいろ経験して今は「人に期待するのをやめた」というFさん。

彼だけではなく他の友達からも「なんか雰囲気変わったね」「話しかけやすくなったね」と言われたそうなので、彼もその変化を感じ取ったのかもしれませんね。

5年という歳月は、ふたりに「出会い直し」の魔法をかけてくれたのです。

このように、元カレの中にある自分のイメージを上書きすることも復縁成功のポイント。

そのためには、「長く別れていても、いつ再会できるかわからない」「いつかまた、恋が始まるかもしれない」という緊張感を持って日々自分を高めていくことが大事ですね。

帰省先で出会い直した二人。過去の思い出が想いを結んだ

帰省先で出会い直した二人。
このように、「久しぶりの再会」は復縁を後押しする絶好のシチュエーション。

再会きっかけで復縁成功した体験談はとても多いです。

さらにそこに「懐かしい場所」「思い出の場所」というエッセンスが加わると、お互いを求める気持ちがさらに高まるでしょう。

例えば、帰省した時の再会。

Gさんは、お盆休みで地元に帰省する途中の新幹線の中で元カレと再会しました。

高校時代につきあっていて、大学に入ってからも遠距離恋愛を続けたものの途中で自然消滅。

それ以来、もう5年以上も会っていなかったそうですが、パッと見た瞬間にすぐに彼だとわかったとか。

それは彼のほうも同じだったようで、どちらからともなく「久しぶり」と話しかけて、同じ在来線に乗り換えて実家のある町まで一緒に帰ったそうです。

ちょうどそのタイミングで夏祭りがあったため、「久しぶりに行ってみる?」という展開になり、連絡先を交換。

地元の祭りに行くのは二人とも高校を卒業して以来のことだったので、町の景色も、夜の出店の雰囲気も、なにもかもが懐かしく、ほろ苦い青春時代にタイムスリップしたような気持ちに。

「あの時、こうだったよね」

「あの先生、今どうしているかな」

と思い出話をしているうちに、Gさんは「やっぱりこの人と一緒にいると楽しいな」「この人といる時が一番自分らしくいられるな」と感じたとか。

最後、別れ際に「やっぱり○○くんといると楽しいな。変わってないね」と素直な気持ちを伝えたところ、彼のほうも「俺も同じこと思ってた。やっぱり俺たちって気が合うんだね。なんで別れたのかめっちゃ後悔してる」と。

それからもちょくちょく連絡を取り合い、時間をかけて二人の間の糸を結びなおしていったそうです。

「過去に囚われ過ぎると復縁できない」なんてジンクスもありますが、このように良い意味で「過去」が二人の距離を近づけてくれることもありますね。

試しに連絡してみた。そしたら、まさかの展開に!

試しに連絡してみた
長いこと別れた状態が続いていると、ふとした瞬間に「ちょっと連絡してみようかな?」みたいな気持ちになったりしませんか。

「復縁したい」という気持ちよりも、「元カレ、どうしているかな?」「いきなりLINEしたらどんな反応するかな?」と、好奇心が勝るような心境。

ですが、案外、そのくらい軽い気持ちで連絡してみるとあっさり返事が来て拍子抜け!みたいなケースも多いです。

別れた直後、どれだけ必死にLINEしても既読にすらならなかったのに、なんで!?と思うかもしれませんが、言っていればそれこそが復縁の真髄。

追えば逃げる。

追えばブロックされる。

ならば引いてみたら?・・・という発想の転嫁が、別れた直後はどうしてもできないんですよね。

5年の年月を経て、その復縁の真髄を自然に心得たというのは一つの成長と言えるでしょう。

逆にいえば、そのくらいの状態にならないと復縁できないパターンもあるということです。

メールからの復縁に成功したHさんも、別れた直後はどれだけメールしても電話しても出てもらえなかった一人。

ですが、6年が経ち、スマホの機種変更をした時に「ちょっと、連絡してみようかな」という気持ちになって軽いノリでメールを送ってみたのがきっかけでまた元カレとつながれるようになりました。

まさか返信がくるとは思っていなかったそうで、自分でメールを送ったのに「えっ!どうしたの?」と返事してしまったとか。

「もう、完全に昔のことはふっきれているんだな」

「普通に話せる関係に戻れたんだな」

・・・と、その素っ頓狂なやりとりが、かえって彼の心には良い印象を与えたようです。

今なにしてるのか?今、どこに住んでいるのか?

そういったお決まりの話題から仕事の話や共通の友人、趣味の話などになり、気づけば会う約束をしていたとか。

元カレのほうも連絡するタイミングを逸して音信不通になっていた可能性もあります。

どんなきっかけにしても「思い切って自分から連絡してみる」というのは二人の関係を大きく動かすきっかけになりそうですね。

社内恋愛はチャンスの宝庫?男性が作ったきっかけが元で復縁したエピソード

社内恋愛は復縁に有利。その理由は?

社内恋愛は復縁に有利。
一方、復縁を考える上で絶対的に有利なのは「社内恋愛」です。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

なぜなら、お互いの「今」を把握しやすいから。

復縁はアプローチのタイミングの良し悪しによって結果が左右されてしまいやすいため、元カレが今どんな状態であるかを把握することはとても大事です。

しかし、一般的には別れてしまえばただの他人に。

相手の近況を知る方法はSNSや共通の知人からの情報くらいしかありません。

その点、社内恋愛であれば遠くから相手の様子を伺うことができますし、業績などが分かりやすい職種なら相手の心身のコンディションもなんとなくわかりますよね。

「今、連絡しても良いのかどうか」

「復縁に向けたアプローチをして良いのかどうか」

というところを把握しやすいので、大きくタイミングを誤るということが少ないというメリットがあるのです。

また、男性側から見ても「元カノの様子がわかる」というのは安心材料。

「自分から復縁アプローチしていいのかどうか?」と迷っているのは男性側も同じことなので、元カノの様子がわかりやすい社内恋愛は男性からのアクションを後押ししてくれる効果も期待できます。

仕事を頑張ることが復縁にもプラスになった!

仕事を頑張ることが復縁にもプラスになった!
よく、「復縁したいなら自分磨きが大事」と言われますが、どんなに自分を磨いてもそれを元カレに見てもらえないことにはどうしようもないですよね。

心身共に生まれ変わった自分を見てもらって、「ああ、今の○○なら復縁しても大丈夫だ」と思わせることができるかどうか?というのが復縁成功の鍵となります。

だからこそ連絡を取ったり会ったりという「きっかけ作り」が大事なわけですが、社内恋愛であれば仕事を頑張って大きな結果を出すだけでも元カレに「頑張ってる自分」をアピールできますよね。

仕事を通じて「もう、あなたのことしか見えていなかった私じゃないよ!」というアピールができるので、彼にも「アイツ、変わったな」という印象を伝えやすいというメリットがあります。

例えばIさんの場合は、振られたショックを仕事で晴らそうと、新しい顧客獲得を全力で頑張ったんだそう。

最初はやけくそな気持ちだったそうですが、途中で、「私は誰かと笑って話しているほうが気がまぎれるんだな」と気付き、いつしか以前よりも心から仕事を楽しめるようになっていました。

そうなると、「どうすれば売れるのか」「どうすれば数字が伸びるのか」ということも気になって営業スキルをガチで究めると決意。

ファッションやメイクも研究し尽くし、気づいたら月間営業成績がNO1に!

必死過ぎてすっかり失恋したことは忘れていたそうですが、そのタイミングで数ヶ月ぶりに元カレのほうから連絡があったとか。

「最近、変わったな。なんだか遠い人になった気がして寂しかった」と言われ、Iさんはその瞬間にずっと張りつめていた心の緊張の糸がふっと切れてしまったそうです。

「○○くんとのことがあったから、本気で自分を変えようって思えたんだよ」

と素直な気持ちを伝えたところ、

「そんな風に思っててもらえたとは思ってなかった。でも、嬉しいよ。そういう頑張り屋なところが好きだったって、今思い出した!」

彼から嬉しい言葉をもらい、Iさんはそこでようやく本当の自分を取り戻したように感じました。

そして、自分の長所さえも見失ってしまう「恋愛」という呪縛の怖さを思い知ったそうです。

業績UPで自信がついた?元カレからまさかのいきなりプロポーズ

業績UPで自信がついた?
仕事を頑張ることで復縁のチャンスにつなげるというメリットは、女性だけではなく男性側にもあるようです。

男性は、女性が思う以上に「先のこと」を考えながら生きているところがあります。

口には出さなくても、つきあっている間ずっと「結婚」のことを真面目に考えていたという男性も少なくありません。

社内恋愛の場合、「仕事でガツンと一発当ててから元カノに連絡しよう」と、ただ黙々と仕事にまい進するというケースも多いです。

Jさんの元カレもそのようなタイプで、別れてからしばらくは一切連絡ナシ。

会社ではちょくちょく顔を合わせていたものの、目が合えば軽く挨拶する程度で、もはや「同僚以下」の扱いになってしまったとJさんはかなり落ち込んでいたそうです。

しかも、元カレはJさんと別れてから急に仕事で頭角をあらわし始め、社会でも一目置かれるくらいの結果を出したのだとか。

付き合っていた頃はお世辞にも「仕事ができるタイプ」ではなかったということもあり、その急激な変化にJさんも驚いていたそうです。

同時に、「なんだかもう、手が届かない人になってしまった」と寂しい気持ちもあったようですが、状況は春の異動を控えた3月に急展開を見せました。

海外の支社での主要なポストに抜擢された元カレから「会って話したいことがある」とLINEがあり、急遽、二人きりで食事をすることに。

もう1年以上も放っておかれた状態だったので、最初はそのお誘いを受けて良いものかどう
か迷ってしまったそうです。

彼の中で二人の恋はとっくに終わってしまったものだと思っていたので、「日本を去る前の、最後のお別れを言われるのかな」と思って出かけたとか。

しかし、そこで「一緒に来て欲しい」という、思いもよらなかった元カレからのプロポーズ!

Jさんとの別れであれこれ反省するところが多かったという元カレは、「自分に、彼女を幸せにするという絶対的な自信ができるまでは連絡しない」と心に決めていたのだそうです。

このように、男性側が思い切ったアクションを起こして復縁が成就することが多いというのも社内恋愛の特徴ですね。

チャンスはあったのに…きっかけを活かせず復縁に失敗したエピソード

せっかく会えたのに、服もメイクもイマイチだった・・・

せっかく会えたのに、服もメイクもイマイチだった
このように、復縁のきっかけはある日突然やってくることが多いもの。

ということは、どんな展開になっても「WELCOME!待ってましたよ復縁チャンス」と言えるくらい、自分自身もしっかり準備をしておかないといけないということですね。

例えば、社内恋愛して別れた元カレから「今日の夜、空いてる?大事な話があるんだけど」といきなり誘われたら?

みなさんは、すぐに「OK!」と即答できますか?

その日に着てきた服がイマイチだったり、その日のメイク、ヘアスタイル、もっと言えば下着に自信がなかったりしたら「ごめん、明日でもいい?」と言ってしまうかもしれません。

しかし、恋のチャンスを運ぶ女神様は待ってはくれないのです。

普通の人間関係なら「当日にいきなり誘ってくるほうが失礼なんじゃないの?」という感じですが、恋愛は特別。

「どうしてもこの日に気持ちを伝えたい」というバイオリズムがあるので、そこを逃すと彼の気持ちは盛り下がってしまう!

男性の心理を理解せずに復縁のきっかけを逃してしまうことも多いので、いつどんなチャンスが巡ってきてもキャッチできるように心身のコンディション(特に身支度)を整えておくことが大事ですね。

再会が嬉し過ぎて舞い上がり過ぎた

再会が嬉し過ぎて舞い上がり過ぎた
とはいえ、あまりにそのチャンスを待ち構え過ぎていても失敗してしまいます。

Kさんは、友達が主催した飲み会で、数ヶ月ぶりに元カレと再会。

思いのほか彼が自然に話しかけてくれたので、嬉しくなってつい自分のことをしゃべり過ぎてしまいました。

最初は「最近どうしてる?」「仕事はどう?」と、お互いに探り合いながら近況報告をする感じだったそうですが、お酒の力もあって気づけば一方的に自分の話ばかりしてしまっていたとか。

元々、元彼は口数が少なく、付き合っていた頃も会話のほとんどはKさんが話すという関係だった2人ですが、この時もやっぱりそのようなバランスになってしまったそうです。

別れる時に、「Kと一緒にいると、安らげない」と言われ、「復縁できるように、癒し系の女になる」「“間”を大事にできる女性になる」と自分に誓ったにも関わらず、再会してもやっぱり同じ失敗をしてしまったというわけ。

この時、もしKさんが落ち着いて相手の話を聞ける女性に成長していたら、「また会おう」と言ってもらえたかもしれませんが、それ以降も彼から連絡がくることはなかったそうです。

話し始めたら、やっぱり彼を責めちゃった

話し始めたら、やっぱり彼を責めちゃった
Kさんの例でもわかるように、別れてから初めての「再会」というシチュエーションは、復縁のチャンスである一方で実は危険なトラップがいっぱい。

「自分のことを話し過ぎた」という失敗で復縁のきっかけを逃す人もいれば、「相手を責めてしまった」という失敗をする女性も多いです。

「それはきっと、彼と別れた原因を自分の中でしっかり消化できていなかったからかも」と語るのはLさん。

喧嘩別れしたした元カレから数ヶ月ぶりに連絡があって会うことになったそうですが、そこでLさんは、別れ際に言えなかった怒りを彼にぶつけてしまったのです。

「最初、会おうってなった時は彼を責めるつもりなんて全然なくて。ただ、また会えて嬉しい!という気持ちだけだったのに・・・、一緒にいるうちに押さえ込んでいた気持ちが爆発しちゃった感じ」

そう語るLさんは、別れてから再会するまで「別れた原因をただただ彼のせいにしていた」ことを強く後悔しています。

たとえ直接的な別れの原因は彼が作ったものだったとしても、そこまで追い詰めてしまったのは自分自身かもしれない。

その謙虚な気持ちがないと、別れを相手のせいにするばかりで一歩も前には進めません。

復縁を強く望むのであれば、「なぜ別れることになってしまったのか」「回避できなかったのはなぜか」「自分はどうすれば良かったのか」と、一段降りて自分自身の行動も反省することが大事です。

自分の気持ちを素直に伝えないまま自然消滅

自分の気持ちを素直に伝えないまま自然消滅
「言いたいことを言い過ぎて復縁のきっかけを逃してしまった」という方も多いですが、逆に「言いたいことを言えなくて、結局チャンスを逃した」というエピソードもあります。

別れた元カレが連絡をよこすというのは、なにかしら意図があってのこと。

「復縁したい」とまで明確には思っていないにしても、「元カノ、どうしているかな?」「まだ怒っているかな?」とご機嫌伺いのような面もあるはずです。

要するにあなたのことを気にかけているから連絡をしてくるわけなので、そこでそっけなくされてしまうと気持ちがシューッとしぼんでしまいます。

調子にのって話し過ぎてもダメだし、かといって相手を責めるのはもってのほか。

ですが、「しゃべらず、だんまり」というのもよくないパターンです。

筆者の友人(男性)は、勇気を出して元カノに電話をしましたがあまりにも沈黙が多かったので「まだ怒っているんだ」「完全に嫌われてしまったんだ」と感じて復縁はあきらめたそうです。

しかし、その彼女が、彼から連絡がくることを心待ちにしていたのを筆者は知っています。

普段から自分の気持ちを言葉にするのが苦手な女性なので、その時はなおさら緊張して黙ってしまったのでしょう。

二人はお互いに復縁を望んでいて実際に行動も起こしているのに、結局そのまま自然消滅してしまいました。

少なくとも、復縁を望んでいるのであれば「もし、元カレから連絡がきたらこんなことを伝えよう」と、言いたいこと、言うべきことを頭の中で整理しておくことが大事ですね。

エピソードから読み解く!きっかけを見逃さず上手に復縁につなげるコツ

周りをよく見て、世の中の流れに敏感になろう

周りをよく見て、世の中の流れに敏感になろう
ちょっとしたチャンスも逃さず復縁につなげるためには、普段から周りで起こることによく目を向けて、物事に敏感になる必要があります。

例えば、遠距離恋愛だった彼が住む地方で地震があったとしましょう。

そこですかさず「地震があったみたいだけど大丈夫だった?」とLINEできるような人は、やっぱり復縁成功率が高い!

「今でも俺のことを気にかけてくれているんだ」

と、彼のハートをグッと掴めるかもしれないせっかくのチャンスです。

不安なときに自分のことを心配してもらって嬉しくない人はいないでしょう。

逆に、世の中のことに疎い人はその地方で地震があったことすら知りません。

せっかく彼とつながれたかもしれないチャンスをみすみす逃してしまうのはもったいないですね。

失恋して気持ちが内側に向かいがちな時こそ世の中に目を向けることがとても大切。

恋愛するとどうしても自分中心になってしまう!という方は、ツライ時こそ物事を客観的に見る目を鍛えましょう。

悲しみに暮れているばかりでは、大事なチャンスを逃してしまいます。

男性心理を分析する

男性心理を分析する
復縁は、「元カレ」という相手があって成立するもの。

だからこそ、「相手が今どういう状況なのか」「どんな気持ちいるのか」ということを的確に読んでアプローチすることがとても有効です。

仕事が忙しくて気持ちに余裕がない時に「会いたい」と言われたら、彼はどう思うでしょうか?

災害で心身が強いダメージを受けているのに、「どうしてLINEの返事くれないの?」と言われたらどう感じるか?

友だちの結婚式や同窓会で再会する場合、「どんなファッションだったら元カレの心がグラっとくるか」「逆に、気持ちが引いてしまうのはどんなファッションか」?

こうして一つ一つまずは「彼目線」になって考えてみること。

これを習慣づけていけば、なにかきっかけがあった時にも瞬時に「彼が求めるような行動」が自然にできるようになるはずです。

ただ、男性は女性とは違った思考回路を持っているので、自分目線で考えているだけだと期待するような結果にはつなげられないでしょう。

ぜひ、男性の心理について解説された本やサイトなども参考にしつつ「彼がグッとくる」アプローチをしかけていってみてくださいね。

心理学を活用した復縁テクニックについてはこちらの記事で解説していますのでぜひ合わせて参考にしてみてください!

押し過ぎないこと

押し過ぎないこと
彼の気持ちを分析すること、にも通じることですが、こちらから「復縁したい!」という気持ちを押し過ぎると絶対にうまくいきません。

実際、成功エピソードと失敗エピソードを比較してみると、失敗している人は押しが強すぎる傾向がありますよね。

一方で、成功エピソードのほうは「まさか復縁できるとは思ってなかった」という逆転パターンも多いという印象。

「押してダメなら引いてみろ」という言葉がありますが、まさにその通りで、「まさか復縁できるとは思ってなかったけど」というくらい、執着のない状態のほうが叶いやすいです。

「引き寄せの法則」でも、望む未来を手に入れるにはネガティブな感情を手放すことが大事だと言われています。

復縁を強く望むのであれば、あえて一旦その恋を完全に手放すことも必要です。

いつでもオシャレは手を抜かない!

いつでもオシャレは手を抜かない!
恋を手放しても、オンナとしての美意識やプライドを手放してはいけません。

彼のために、というよりは“自分のために”オシャレも頑張りましょう。

どんなに気持ちが沈んでいる時でも、服装一つで気持ちは上がります。

むしろ、失恋で気持ちが落ちている時だからこそいつもよりもメイクやファッションを頑張りましょう。

オススメは、毎日のコーディネートブックを作ること。

アウター、インナー、ボトムス、シューズ、バッグ、アクセサリー、ヘアスタイル、メイク。

「明日はどんなファッションで出かけようかな?」と、1週間先くらいまで考えてノートに落とし込みます。

これを習慣化すると、休みの日であっても「テキトーな家着で過ごす」ということがなくなり、オシャレのセンスが磨かれていくんですよ。

また、一日一日、コーデを積み重ねていくことで失恋してツライ気持ちを少しずつ乗り越えていくことができるでしょう。

ちょっとコンビニに出るだけでも、パーカーとデニムのシルエットにこだわってみたり。

結果的に、どんな時に元カレからアプローチがあっても自信を持って堂々と彼の前に立つことができるはずです!

きっかけを上手に活かすコツを復縁エピソードから学ぼう

きっかけを上手に活かすコツ
元カレとやり直すためのきっかけを上手に生かせた人、逆に生かせず失敗してしまった人。

いろんなエピソードを紹介してきましたが、運が味方してくれるかどうかはあなたの心の状態がやはり強く影響しています。

彼との関係を築き直す上で妨げとなるようなネガティブな気持ちがあると、それがメンタルブロックとなって恋の進展を邪魔してしまうこともあるのです。

別れた後はやはりじっくり時間をかけて自分自身と向き合うことが大事ですね。

復縁エピソードから学ぶべきポイントをもう一度おさらいします。

  • 自分の身の周りや世の中で起こっていることに目を向ける
  • 外に向かってしっかりとアンテナを張っておく
  • 相手の気持ちを考えて行動する
  • 自分を客観的に見ることを意識する
  • 自分を高める努力を怠らない

総じて言えることは、自分のことで精いっぱいなうちは、復縁は難しいということ。

復縁のきっかけを生かすためにも、心に余裕が必要です。

感情的なガラクタを処分して、心のスペースを作りましょう!

【期間限定】人生や恋愛の事で悩んでいるアナタへ



こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「このままで良いのか…間違っていないのか…」

「コロナ禍の大変な時代…問題を解決して幸せになりたい…」

こんな感じならば、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

【輝とともに】とは、あの東京浅草の神様と言われる占い師「大和」が期間限定で、恋愛・金運・仕事・人生の悩みを鑑定し幸せになる為のヒント、アドバイスを受け取れる今、話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

片思いのあの人や不倫している彼氏の事、復縁の悩みも初回無料で診断できます。



※20歳未満は利用できません。

占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事