復縁挽回法
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

「好きだから、また前みたいな関係に戻りたい」

そんな気持ちが空回りして、復縁を焦ってしまうことはよくあることです。

「やばい、やっちゃった。ますます嫌われたかも・・・」と思う失敗もあるかもしれませんが、まだ諦める必要はありません。

この記事では、復縁に失敗した時の挽回法をご紹介!

失敗した後の理想的な冷却期間の長さや、ケース別の効果的なアプローチ方法などを体験談ベースで詳しくご紹介していきます。

目次

復縁に失敗した…でも落ち込む必要は一切ナシ!その理由

行動を変えれば挽回できる

行動を変えれば挽回できる
せっかく復縁に向けて動き出したのに、失敗してまた心の距離が離れてしまった。

そんな時は、「もうダメだ」「今度こそ絶望的だ」「もう絶対に復縁なんて無理だ」とドーンと落ち込んでしまうかもしれません。

復縁アプローチの後に連絡が取れなくなってしまった、LINEしてもそっけないなどいろんなパターンがありますが、「やっぱりお前とは復縁なんて考えられない」とハッキリ言われてしまったのであればなおさらのことです。

しかし、そこで諦めてしまうのはまだ早い!まだ、もう一押しできるので、粘りましょう。

・・・といっても、しつこく連絡し続けるのはダメです。

失敗した段階であなたがまずすべきは、

「なぜ失敗してしまったのか」

「なぜ彼が再び自分を避けているのか」

その原因を正確に見極めて、行動を改めることです。

しつこくLINEしてしまった結果、また避けられるようになったのだと感じているなら、その失敗を挽回しようとしてまたLINEするのは逆効果ですよね?

ネガティブな発言でカレの気持ちが離れてしまったと感じているなら、また電話やLINEで泣きついても逆効果ですよね?

失敗したのには必ず理由があるはずなので、まずはそこをしっかり分析しましょう。

しつこくLINEしてしまったのは、「早く復縁したい」という気持ちが先走り過ぎていたからなのかもしれませんし、自分の話を聞いて欲しい気持ちが先行して相手の立場に立てていなかったということでもありますね。

ならば、そういう自分の考え方やコミュニケーションの癖を意識的に改めるように努力すること。

行動が変われば相手からの評価も変わりますし、まだ失敗を挽回できる可能性はあります。

第一に原因分析、そして行動変容。

この2ステップで復縁失敗の挽回を目指していきましょう。

単純に「タイミング」が合わなかっただけかも!

単純に「タイミング」が合わなかっただけ
どれだけ考えて見ても、自分の行動に決定的なNGがあったとは思えない。

それなのに、なぜか彼を不機嫌にさせてしまった・・・。

こんな失敗パターンもあるでしょう。

彼とのやり取りをしっかり分析してみてもどうしても原因が見えてこないのであれば、単にタイミングが悪かっただけかもしれません。

仕事で失敗した、人間関係のイザコザがあってイラついていた、家族関係でゴタゴタがあった・・・・等々、身辺になにかトラブルがあって精神的に不安定な状態だった可能性もあります。

また、体調が悪かった、眠かった、単にお腹が空いていた等、生理的な問題で不機嫌だったのかもしれません。

復縁の成否はタイミングに大きく影響されますので、どんなに効果的な復縁アプローチでもタイミングが悪いと失敗に終わってしまうことも多いです。

ですから、一度の失敗で簡単にあきらめないこと!

なにか思い当たること(彼が眠い時間帯にLINEしてしまった、仕事がハードな時期に連絡してしまった等)があるのであれば、タイミングを変えてまたアプローチしてみると良いでしょう。

前回、ちょっと冷たくしてしまったことに彼も多少は罪悪感を抱いているでしょうから、今度は優しく対応してもらえるかもしれませんよ。

復縁エピソードに学ぼう。失敗しても復縁できてるケースは多い

復縁エピソードに学ぼう
やばい!失敗した・・・と思った時は、実際に復縁に成功できているカップルたちの体験エピソードを参考にしてみると良いでしょう。

芸能人の復縁事例を含め、一度復縁に失敗していても二度目、三度目のアプローチで成功して今はラブラブです!というカップルも多いです。

客観的に見て「これはもう、復縁なんて無理じゃない?」「こうなっちゃたらもうあきらめるしかないのでは」と思うようなケースでも晴れて復縁できていたりもするので、男女の関係は本当にどんな展開が待っているかわかりませんよね。

だから恋は面白いのです!

絶望的な気持ちになっている時ほどこういった成功エピソードに勇気をもらえるはずです。

自分がやってしまった失敗と近い方のエピソードを参考にして、その人がその後どんな行動をして、どれだけの時間をかけて復縁に成功したのかに注目してみるべきです。

そうすることでこれからすべきことが明確に見えてきますし、陥りやすい罠を避けることもできるでしょう。

「時間」の魔法が確執を取り除いてくれる

「時間」の魔法が確執を取り除いてくれる
復縁成功者のエピソードを見ていると、共通しているのは「失敗してから時間をかけて挽回している」ということ。

焦って行動して失敗の上塗りをしてしまった人は、最終的にだいたい復縁できていません。

「やっちゃったー」と思った時に、次にどういう行動に出るかがとても重要。

焦ってすぐに挽回しようとするのではなく、一旦、ひと呼吸ついて冷静に状況を見ることが大事です。

その時点では本当に完全に嫌われてしまったのだとしても、時間は人の気持ちを変えるだけの力があります。

その時点では「絶対に思い出したくない」「もう忘れたい」と思っていたとしても、後になって振り返ってみると「いい思い出だなあ」としみじみ感じるエピソードは多かれ少なかれ誰にでもあることでしょう。

時間には、人の心を浄化する作用があります。

また、人と人の間の確執を限りなく「なかったこと」にしてくれる魔法があります。

だからこそ、復縁で失敗した場合も、焦る必要はありません。

時間の“魔法”を使えば必ず挽回していくことができますから、空回りして失敗行動を繰り返すようなことだけは絶対にしないようにしてくださいね。

復縁失敗から挽回するのは時間をかけた方がいいって本当?理想的な冷却期間は?

お互いに心を浄化する時間が必要

お互いに心を浄化する時間が必要
恋愛に限らず、誰かと言い合いになったりした後は、相手のことが「大っ嫌い!」になったりしますよね。

「絶交だ」「もう顔も見たくない」なんて気持ちになることもあるでしょう。

それでも、1日、2日経つと「いくらなんでも言い過ぎたかな」「そんなにムキになるようなことでもなかったかも」と思えてくるから不思議ですよね。

人の身体には自然に老廃物を排出する浄化機能がありますが、それは心も同じこと。

嫌なことがあったとしても、自然に”浄化“して忘れていくようにできているのです。

その浄化に伴って、相手の言葉によって受けた心の傷も癒えていくことでしょう。

だから、復縁に失敗した後もお互いに自分を浄化する時間が必要なのです。

ただ、心の浄化には身体の浄化よりも時間がかかります。

しかも人によって浄化にかかる時間も長さも違うため、「これだけの期間をおけば完全に嫌なことは忘れて心の傷も回復できます」という明確な目安もありません。

復縁に失敗した場合の冷却期間はマニュアルに頼らず、元カレの性格傾向や自分たちの関係性、失敗のパターンに合わせて柔軟に設定したほうが良いでしょう。

本当に復縁したほうが良いのかどうか見極められる

本当に復縁したほうが良いのかどうか見極められる
復縁に向けたアプローチをするだけでも勇気や覚悟が要ったと思いますが、それが失敗したとなるといろいろ考えてしまいますよね。

「もう復縁できないかも」と思うなら、そこで一歩進んで、

「なぜ復縁したいと思うのか?」

「本当に復縁したほうが良いのか?」

「どうして元カレにこだわるのか」

といったことも改めて自問自答してみましょう。

1回目のアプローチをする前にもう十分に考えたかもしれませんが、失敗したというのは絶好のチャンスです。

もしかしたら、「その復縁はちょっと待ったほうが良いんじゃないの?」という神様からのお告げかもしれません。

粘って粘って、どうにか復縁して・・・、それなのに結局は「やっぱりあの時に他の人にも目を向けておけばよかった」と後悔することになるよ、というメッセージかも?という可能性も否定できないでしょう。

特に遠距離恋愛の場合は、会うだけでも結構な金額のお金がかかりますよね。

自分としては将来的な「結婚」を視野に入れていたから、何万、何十万、もしかしたら〇百万もかけて関係を続けたのに、結果的に「別れよう」と言われてしまうという結末だってあり得ます。

復縁失敗の後の冷却期間は、二人の今後を見極めるためのチャンスという捉え方をして、自分の未来のために有効に時間を活用することをおススメします。

ちょっとした喧嘩別れの場合:2週間~1ヶ月

ちょっとした喧嘩別れの場合
では、復縁失敗した後の冷却期間の理想的な長さをパターン別に見ていきましょう。

まず、「話している間に意見が食い違って、ちょっと口論っぽくなってしまった」「喧嘩や諍いってほどでもないけど、ちょっと気まずい雰囲気になってしまった」という場合。

このようなケースでは、あまり長く期間を空けてしまうのはかえって逆効果になります。

あまり長く放置しておくと、「いつまで怒ってんだよ」と誤解させてしまいますので、2週間を目安にまずは一度、謝りましょう。

「この前はちょっと言いすぎちゃったと思う。ごめんね」

と、一言LINEするだけでも心証はだいぶ変わります。

彼のほうも「あちゃー。なんかちょっとやっちゃったかも」と思っているかもしれませんが、自分からは連絡できずにもやもやしているはず。

ぜひ、「ごめんね」はあなたのほうから発してください。

それによって、結果的に復縁の主導権も握ることができるでしょう。

失敗したと思うならなおさら、自分の主導で挽回して良い流れを作ることを意識してみてください。

彼を怒らせてしまった場合:約1ヶ月

彼を怒らせてしまった場合
売り言葉に買い言葉で、明らかに彼を怒らせてしまった。

彼が電話の先でブチ切れた!珍しく言葉が乱暴だった・・・。

そんな時は、心を浄化してくれる「時間のマジック」をうまく利用しましょう。

すぐに謝っても火に油を注ぐだけ。

ですが、1週間、2週間と経つうちに彼も冷静さを取り戻します。

そして、「自分も言い過ぎたな」「元カノ、どうしているかな?」と心配になってくるはずです。

あなたの言葉が怒りの原因になっていたのだとしても、「感情的になってしまった」という事実を激しく後悔していることでしょう。

相手のタイプにもよりますが、男性のほうからはなかなか謝るきっかけはつかめないと思います。

冷却期間があまりに長くなると、彼は「あんな風に怒ってしまったし、もう元カノとは無理だろう」とあきらめモードに入ってしまいます。

そうなる前、約1ヶ月を目安に連絡して安心させてあげましょう。

「気にしてないよ」「私も悪かった」というメッセ―ジを伝えてあげれば、彼も安心して「自分も悪かった」と素直に謝れるはずです。

「自分は悪くない」「感情的になった向こうが悪いんだ」と意固地にならず、こちらから謝りやすいきっかけを作ってあげることが信頼関係を強化することにもつながるでしょう。

完全に嫌われた・・・と思う場合:約半年

完全に嫌われた
復縁話がもつれて、「もう、俺たちが復縁することは絶対にない」「そんな気は全くない」みたいなことをハッキリと宣言されてしまった。

・・・これも落ち込むパターンですし、そこまで言われたら諦めてしまう女性も多いでしょう。

しかし、まだ挽回できるチャンスはあります。

ただ、この場合は最低でも3ヶ月、理想的には6ヶ月以上の時間を空けることが必要。

その間は、できれば「他の男性と恋愛すること」も視野に入れて考えてみて欲しいです。

「復縁はありえない」と言わせてしまうくらいの原因があったのは確かですし、まずはそれを見極めること。

自分に原因があり、それが「無理なく改められること」であれば、自分を変える努力をしていきましょう。

しかし、「そこまでして復縁する必要が本当にあるのかな?」と少しでも疑問に思うところがあるなら、復縁アプローチは慎重になったほうが良いです。

半年あれば、元彼があなたの人生にとって本当に必要な人であるかどうかを見極めるには十分なはず。

それでもやっぱり「彼でなくちゃダメなんだ」と明確に思える理由が見つかったならもう一度頑張ってみましょう。

その時は、「時間をかけて考えてみたけど、やっぱり私はあなたと一緒にいたい」という気持ちをシンプルな言葉で素直に伝えることが効果的です。

LINEブロックされている:半年~1年

LINEブロック
復縁アプローチをした後、LINEをブロックされて全く連絡がとれなくなってしまった。

これは、元彼のほうの気持ちの問題で、「復縁」やあなたの存在自体を完全にシャットアウトしてしまっている状態です。

他に好きな人ができてしまったのかもしれませんし、メンタルや仕事の問題で今は復縁の問題に向き合いたくないという可能性も。

このような時に、「LINEがダメなら電話で」とか「メールなら届くだろう」「アナログに手紙を送ってみるのはどうだろう」とあれこれ別の方法でアプローチしてしまう女性が非常に多いです。

しかし、「LINEをブロックしている」というのは彼からの強いメッセ―ジ。

「俺にかまうな」「俺に連絡してくるな」と、強く伝えているわけですから、そんなときはその気持ちを汲んでほっとくのが一番です。

ここでしつこく連絡するのは失敗の上塗りになるだけ。

逆説的に思えるかもしれませんが、一切の連絡を絶って復縁を一旦諦めるのが復縁成功への最短アプローチです。

最短でも半年はこの状態をキープしましょう。

その間、あなた自身も「本当に自分の人生には元カレが必要かどうか」をじっくり考えてみる必要があります。

それで答えが出たなら、半年後にもう一度LINEしてみて。

その時点でもブロックされていたら、メールを送ってみるのもアリです。

復縁に時間をかけたほうが良い理由や、パターン別の冷却期間の目安についてはコチラの記事でも詳しく紹介していますのでぜひ合わせてチェックしてみてくださいね。

知らないうちにやってしまいがち。よくある復縁失敗エピソード

連絡するのが早すぎた

連絡するのが早すぎた
別れてから復縁のタイミングを待つ間は、早く元カレに連絡したくてうずうずしてしまうことでしょう。

復縁マニュアルを見ては、「そろそろかな?」「もういいよね?」と、理想的とされる「〇ヶ月先」と指折り数えて待つ女性も。

しかし、連絡するタイミングを今か今かとスマホ片手に待ち受けている間は復縁は成功しないでしょう。

実際、Aさんは「フラれた場合は3ヶ月~半年は冷却期間を置いたほうが良い」」という基準に忠実に、別れてからちょうど3ヶ月目にLINEしました。

しかし、彼の反応は冷ややかなもの・・・。

元々、Aさんの嫉妬深さやネガティブ思考なところが原因で「別れよう」と言われてしまったのですが、彼はAさんが思っていた以上にAさんとの恋愛で疲労困憊になっていたようです。

3ヶ月という時間は、Aさんにとってはひたすら長くツラいだけの時間でしたが、元彼にとっては「ようやく気持ちの整理がついた」「ようやく彼女からの束縛から自由になって自分らしさを取り戻せた」というタイミング。

そこでまた連絡がきたので、「またか・・・」「もう、いい加減解放してくれよ」という気持ちになってしまったのです。

このように、タイプによって別れから復縁を考えられるようになるまでの時間は大きく異なります。

マニュアルに流されず、元彼の性格に合わせて時間を置くことが大事ですね。

また、その間、自分を見つめ直すことも必要。

コチラの記事でも紹介していますが、復縁成功には「忍耐」が要ります。

まずは「なぜフラれたのか」を徹底的に分析し、「自分が変わること」を意識してみましょう。

ただ待つだけの3ヶ月は途方もなく長いように感じたかもしれませんが、「やるべきこと」をやっている3ヶ月はあっという間に過ぎていくものです!

一方的なLINEでブロックされちゃった・・・

一方的なLINEでブロックされちゃった
売り言葉に買い言葉で大喧嘩。

挙句の果てに「もう、別れよう」「そうだね」・・・なんて予想もしていなかった展開になってしまったというBさん。

その時は自分も感情的になって興奮していたので「こんな男、もうサヨナラしてやる!」と思って勢いよく彼の部屋を飛び出してきましたが、自宅に帰ってから猛省。

「どうして、あんな心にもないことを言ってしまったのか」

「別れるつもりなんて、全くなかったのに」

慌ててその日の夜に「ごめんね」のLINEを入れましたが返信はナシ。

翌日も、その翌日もLINEしたり電話したりしましたが、彼は相当怒っているのか全く反応してくれません。

返信してくれないことでBさんはますますムキになり、仕事中も彼のことしか考えられなくなってしまいました。

その後も一方的なLINE攻撃を繰り返してしまった結果、ついにブロックされてしまいました。

このケースの決定的な失敗点は、冷却期間を全く作れなかったこと。

とりあえず「ごめんね」を伝えるだけだとしても、せめて2~3日空いていれば彼の反応も違っていたでしょう。

元々負けず嫌いが災いして喧嘩になったのに、さらに仲直りするにもムキになっているBさんに対して、元彼は心底疲れてしまったのです。

感情的になっている時にどれだけ言葉を尽くしても復縁はできません。

これは、どんなケースにも共通して言える復縁の絶対ルールと言って過言ではないでしょう。

忙しい時期に「会いたい」って言っちゃった

「会いたい」って言っちゃった
彼氏、彼女としてお付き合いしていたのであれば、彼の仕事がいつ忙しいのか、その波もなんとなくわかるはずです。

また、1日の中でも余裕がある時間とそうでない時間帯がありますよね。

そういったことを知っているにも関わらず、自分の気持ちだけでLINEや電話をしてしまうのも復縁で失敗しやすいパターン。

まして、電話で泣いてしまったり「会いたい」と無理を言ったりするのは絶対にNGです。

実際、Cさんはせっかく電話できる関係にまで関係を修復できていたにも関わらず、彼が忙しい時期に「どうしても会いたい。ちょっとでも会えない?」と言ってしまったことが原因で再び元カレから距離を置かれてしまいました。

LINEや電話では友達のような関係に戻れていても、やはり「会う」となると精神的にエネルギーが要ります。

今は仕事も多忙でそういう時期ではなかったのに、Cさんはそれをわかっていながらちょっとゴリ押しし過ぎてしまったんですね・・・。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

声を聴いてしまうと会いたくなるのはわかりますが、そこはグッとこらえて。

LINEや電話でつながっていてもらえるだけでも幸せなことだと思うことが大事です。

別れた原因を蒸し返してしまった

別れた原因を蒸し返してしまった
せっかくLINEや電話でつながれたのに失敗したパターンでは、「別れた時のことを蒸し返してしまった」という例が多いですね。

例えば、

「私たちってどうして別れたの?」

「なんで別れようって言ったの?」

「どうして浮気したの?」

「私の何がいけなかったの?」

・・・といった言葉で元彼を問い詰めるような行為です。

Dさんは、一方的に彼に「サヨナラ」を言われたことをずっと引きずっていました。

しばらく経ってまた彼から連絡がくるようになり、ずっと聞きたかった「どうして別れようって言ったの?私の何がダメだったの?」という問いをぶつけてみました。

彼から返ってきたのは、

「そういうところだよ。結局いつも、自分は悪くないって思ってるでしょ?自分がいつも被害者だって思ってない?そのネガティブなところ、直したほうが良いよ」

という言葉でした。

そこでDさんは初めて、自分のネガティブ思考が原因でフラれてしまったことに気づいたのです。

元彼としては、そんなことは冷却期間の間に気づいていて欲しかったのかもしれませんよね。

冷却期間に「やるべきこと」をしっかりできていなかったが故の失敗例です。

些細な一言に過敏反応してしまった

些細な一言に過敏反応してしまった
別れた彼と久しぶりにLINEや電話でやり取りしていると、ふと、「彼、前より冷たくなったな」「自分に厳しくなったな」「前ほど優しくなくなったな」と感じることがあります。

それは、あなたが今はもう「彼女」ではないから。

付き合っている間は、やはり彼のほうにも「嫌われたくない」という思いがあって、それなりに気を遣ってくれていたのでしょう。

それが、友達の延長のような関係になった今は、気を遣う必要がない。

だから、恋人同士の時には言えなかったようなことも言えるし、時には相手の欠点を指摘してみたりもするわけ。

ある意味では“素”の自分を出せているということです。

しかし、やはり女性目線では傷つくんですよね・・・。

Eさんも、元彼からの「料理、あんまり得意じゃないよね」という言葉にグサッときてしまいました。

付き合っていた頃は、何を作っても「おいしいよ」「○○は料理が上手だね」といつもベタ褒めしてくれていたのに・・・と、そのギャップに戸惑ってしまったのです。

元彼にしてみればとても些細なことで、彼女を傷つけるつもりは全くなかったのでしょう。

しかしEさんは彼の態度の変わりぶりに傷つき、「どうしてそんな風に言うの?」「なんでそんなに性格が変わっちゃったの?」と彼を責めるようなLINEをしてしまいました。

結果、彼からは「そういうのが疲れる。正直、付き合っているのがしんどかった」というお返事が。

知らず知らずのうちに、Eさんは彼に対してかなりの「無理」と「我慢」をさせてしまっていたんですね。

今のままでは復縁しても同じことの繰り返し。

Eさんにとってはとても大事なことに気づかせてくれた失敗であって、二人の未来にとっては必ずしもマイナスではなかったのかもしれません。

結婚へのプレッシャーをかけてしまった

結婚へのプレッシャーをかけてしまった
長く付き合った二人の復縁、特に遠距離恋愛にありがちなのが「結婚」が絡む失敗です。

「限られた人生の中で、これだけ長い時間をあなたのために費やしてきたのだから、復縁するなら結婚してくれるよね?」

「遠距離で相当な気力とお金を使って付き合ってきたんだから、責任とってよね」

こんな気持ちが根底にあると、復縁はほぼ失敗します。

Fさんも、復縁の失敗を振り返って「彼に期待し過ぎていた自分がバカだった」と振り返ります。

彼と長く付き合ったのも、遠距離恋愛を選んだのも、自分が選択した人生。

それを彼のせいにして結婚へのプレッシャーをかけるというのは卑怯でズルいやり方だったと語っています。

結婚は、それぞれが一人でしっかり立てる人間同士でなければうまくいきません。

こちらの記事でも紹介していますが、復縁から結婚までスムーズに進んでいる女性の多くは、自ら積極的に行動することで奇跡を起こしています。

元彼が復縁や結婚に消極的なのは、あなたとの未来に不安を抱いているからではないでしょうか?

ならば、その不安を払拭できるような女性を目指すこと。

彼に責任転嫁して相手を責めるのではなく、自分の人生の責任は自分で背負うことが大事です!

「しつこくし過ぎた…」復縁失敗しても大丈夫!ケース別の挽回方法

強引に迫って失敗した場合:時間をかけてマイナスイメージを払拭する

強引に迫って失敗した場合
しつこくLINEやメール、電話攻撃をしてしまった・・・これは復縁の失敗でよくあるパターンです。

このようなケースでは、とにかくその「しつこかった」というマイナスイメージを消すしかありません。

どうやって消すかというと、彼の中にある「記憶浄化作用」×「時間」の相乗効果を狙うしかありませんね。

簡単に言うと、再びクールダウンする時間を設けて嫌な記憶を忘れてもらうのです。

少なくとも2~3ヶ月は自分からは連絡しないこと。

これをまずは徹底してください。

そしてその間に、なぜ自分がしつこく彼にLINEしてしまったのかを考えてみましょう。

不安だったから?

寂しかったから?

無視されることにプライドが傷ついたから?

自分をわかって欲しかったから?

・・・どれも自分本位ですよね。

結局、しつこく相手にアプローチしてしまうのは、自分を満たすためなんです。

そこから脱却しない限り、本当の意味での復縁は難しいでしょう。

純粋に「彼が好きだから」「彼の声が聴きたいから連絡した」と言えるようになるまで、繰り返し自分に「なんで彼に連絡するの?」と自問自答してみると良いですね。

早く復縁を迫り過ぎた場合:クールダウンの時間をしっかりとる

早く復縁を迫り過ぎた場合
「鉄は熱いうちに打て、っていうし、早くアプローチしないと彼が私を忘れてしまう」

「早く復縁を迫っておかないと他に彼女ができてしまう」

そんな焦りから、十分なクールダウン期を設けずに元彼に連絡してしまう女性も多いです。

しかし、焦れば焦るほど復縁はうまくいきません。

身をもって感じたという方は、今度こそ十分な時間をとって二人の関係をクールダウンさせましょう。

こちらの記事でも紹介していますが、冷却期間にするべきことは山ほどあります。

彼への未練から悶々としているだけだと一人でいる時間はものすごく長く感じるかもしれませんが、「あと〇kg痩せる」「インスタのフォロワーを〇〇〇人増やす」「○○の資格を取る」など明確な目標を定めて努力すれば時間はあっという間に過ぎます。

理想的には、元彼に連絡することを忘れてしまうくらいに夢中になれる“何か”を見つけられると良いですね。

その“何か”に出会うためにも、まずは前を向いて自ら動き出すことがとても大事なのです。

タイミングが悪かった場合:同じ失敗を繰り返さないで!

タイミングが悪かった場合
「女心と秋の空」とはよくいったものですが、同じく男性のメンタルにも変動はあります。

仕事で嫌なことがあった日は不機嫌になったりもしますし、体調がイマイチで気分が落ちてしまうこともあるでしょう。

お腹が空いて不機嫌になる男性もいますし、朝が苦手、夜は眠くて不愛想・・・みたいなタイプもいますよね。

彼が“ダメ”なタイミングでLINEしたり電話したりすると、冷たくあしらわれたりすることも多いです。

ましてや、復縁の話などは相当気を遣って相手のベストコンディションなタイミングに合わせていかないと良いお返事はもらえないでしょう。

冷却期間の長さや自分の言動に思い当たるようなことが何もないのに彼に冷たくされた、復縁話を断られたといった場合は、単純にタイミングが悪かったのかもしれません。

そのようなケースでは、彼のほうも「冷たくして悪かったな」と思って連絡してくることが多いので、まずは様子見で。

しつこく謝ったりご機嫌伺いをしたりせず、ほっておくのが一番です。

もし彼から連絡がなかった場合は、1ヶ月以上の時間を置いて再アプローチしてみましょう。

その場合、時期や時間帯に気を付けて。

「本当にタイミングが悪かっただけなのか」それとも「嫌われてしまったのか」と判断がつかない場合は、彼の誕生日やクリスマス、新年の挨拶など何かの節目まで待ってから「おめでとう」のLINEをしてみましょう。

何も気にしていないなら普通に返事がくるでしょうし、本気で復縁がNGなら返信もないかもしれません。

まずは焦らず、彼の出方をうかがってみて!

結婚を焦り過ぎた場合:いっそ、彼の前から消えてみる

結婚を焦り過ぎた場合
「私たちもそろそろ、落ち着いたほうが良い年齢じゃないかな?」

「私もそろそろ子どもが欲しいし」

といった言葉で結婚をほのめかした結果、また彼から避けられるようになった。(もしくは「復縁・結婚はありえない」とハッキリ宣言された)

このような場合は、元彼に対してあなたの結婚願望は伝わってしまっているので挽回が非常に難しいです。

いまさらどんな言葉を並べてみても、あなたが結婚を焦っているという事実は彼の中から消えないでしょう。

「結婚したいなら、俺じゃない人を探したほうが良い」

そんな気持ちがかたまってしまっている可能性が高いです。

このようなケースでは、あなた自身も「本当に彼でなければいけないのか」ということを改めてじっくり考えてみたほうが良いでしょう。

二人の関係は「復縁」の先の「結婚」を意識するほど深いわけですから、ハッキリいえば結婚するか永遠に別れるかの二択です。

いずれにしても、あなたは元彼にとっても人生で何度も出会えないような特別な「運命の人」。

彼もそれはよくわかっていると思うので、ここでパッタリと連絡を取らずカレの前から姿を消したりすると逆に不安になってあなたを探し始めるかもしれません。

これはちょっと覚悟が要るのですが、自分からは彼に連絡できないように連絡先を消してしまう。

そのくらいの強い気持ちがないと彼の心を動かすことはできないでしょう。

(↑※「強引に迫ってしまい失敗した場合の挽回方法」など失敗した原因別で、冷却期間以降にどんな行動をとるべきか解説をお願いします。)

ピンチから一発逆転の体験談!失敗から見事復縁成功までのステップ

「めんどくさい女」から「面白い女」へ。SNSで印象操作作戦!

「めんどくさい女」から「面白い女」へ
「別れてからあまり時間が経っていないのに、しつこくLINEしてしまった」

「電話で話している間に泣き出してしまった」

「些細なことから口論になってしまった」

・・・こういった形で復縁に失敗してしまった場合は、彼の中であなたに対するネガティブイメージが上書きされてしまっている可能性があります。

「一度は別れた元カノだけど、あれからちょっと経ったし、彼女だって変わっているかも。俺も反省したけど向こうだって悪かったと思ってるだろうし、前より付き合いやすくなっているかも」

そんな期待を込めて復縁に向けて気持ちが動き出していたのに、「やっぱりダメだ」「やっぱり変わってなかった」「元カノと復縁はナイな・・・」と、ガッカリしているかもしれません。

そこから挽回して復縁するには相当なエネルギーと覚悟、そしてひねりの効いたアイデアが要るでしょう。

Aさんは、せっかくまたLINEできるようになった元彼と些細なことでバトル。

またしてもギクシャクした関係に戻ってしまいました。

しばらくは連絡しないほうが良いな、というのは感覚的に分かったので、自分からLINEするのは控えることに。

それでも、どうにかして、彼の中の「嫌なイメージ」を払拭したい!

そこで思いついたのが、「Twitterで毎日1回、面白いことをつぶやく」「インスタで、面白い写真をアップする」という方法です。

例えば、今日あった出来事(例:コンビニの店員とのやり取りなど)への一人ツッコミ、面白い替え歌、猫がしゃべる動画や愛亀が「お手」をする動画・・・etc。

誰も傷つけないような、クスッと笑えるネタを日々、延々とアップしていきました。

彼女の狙いは、彼の中にあった「A=面倒くさい女」という情報を「A=面白い女」に変えること。

時間はかかるかもしれませんが、記憶をポジティブな方向に上書きしていくことを狙ってこの習慣を続けていこうと決めたのです。

もともとネガティブ思考だったAさん、最初は「面白いネタ」を見つけることが一苦労でいつまで続けられるか自信がなかったそうですが、徐々にネタ探しを楽しめるようになったとか。

予想外のところでも反響があり、フォロワーもグッと伸びてもうすぐ5000を超えそう!

というところでついに元彼から連絡がありました。

「お前がこんな面白いやつだったなんて、知らなかった。俺といるときも、素のお前でいてくれていいんだよ」

と言ってもらえたそうです。

付き合っていた時との“ギャップ”が彼のハートを強く引き寄せたんですね。

ストレートに連絡する以外に何か、失敗を挽回できる方法はないか?とポジティブに考え、実際に行動したことが吉と出たエピソードでした。

気持ちの押し付けじゃなく、「聞き役」に徹することで信頼度UP

「聞き役」に徹することで信頼度UP
付き合っていた頃は、なにかあるとすぐに彼氏に報告&相談していたというBさん。

物静かで思慮深い元彼は、自他ともに認める「聞き上手」で人から相談をされやすいタイプだったそうです。

そんな性格に甘えてついつい頼る一方になっていて、

「プライベートでもずっと人をサポートするのはツラい。俺も誰かに甘えたい」

という一言でお別れを宣告されてしまいまいました。

その後、約半年のクールダウンを経てBさんのほうから連絡。

彼は普通にLINEにも応じてくれましたが、そこでもBさんは「一方的に自分の近況を報告する」「一方的に悩みを相談する」という失敗をやらかしてしまいました。

当然、その次からはLINEの返信も滞りがちに・・・。

別れた時の原因が全く改善されていなかったわけですから、聡明な彼はBさんに愛想をつかしてしまったのでしょう。

そこでBさんは、ようやく自分の性格を改めようと決意しました。

友達関係でもいつも「聴くより話す」が圧倒的に多かったというBさん。

それからは、すべての人間関係において「聴くが6割、話すは4割」を心がけました。

意識してみて気づいたことは、自分は「話す」ことで自分を守ろうとしているところがあるということ。

相手に何か指摘される前に自分から話して防衛する。

沈黙に耐えられないから、ひたすら話して間をつなぐ。

その関係においてリード権を得たいからまず自分から話す。

・・・この癖が、元彼を知らず知らずのうちに追い詰めていたのだと気づいたのです。

その後もしばらくは元彼から連絡がくることはありませんでしたが、3ヶ月ほど経ってから「どうしてる?しばらく連絡ないからちょっと気になって」とLINEが。

そこでBさんは、書きたいことの8割を飲み込んでして、

「うん。こっちは元気でやってるよ。○○くんはどう?仕事忙しいの?」

とだけ返事を返したそうです。

いつもは1回のLINEで10行以上打ち込むことが多いというBさんですから、元彼も「あれ?」と思ったのでしょう。

「ホントに元気?なんかあった?」と心配のLINEが。

Bさん、嬉しさにちょっと気分が舞い上がりそうになりましたが、ここでもグッと堪えてひたすら短文のやり取りを続けました。

すると、意外なことに彼のほうから仕事の愚痴を言ってきたんです。

これまで彼女の前でも弱みや愚痴を言ったことがなかった彼だったので、Bさんは驚きと共に「やっと心を開いてもらえた」「信頼してもらえた」という実感に胸がじんわり。

それからも、彼のほうからLINEがくるというパターンが続き、これまでとは立場が完全に逆転しているそうです。

できれば向き合いたくはない自分の欠点をしっかり受け止め、それを改めようとして前向きに努力すれば致命的な失敗も挽回できるということ!

覚悟を決めて連絡先消去。自分の人生を歩き始めたら連絡がきた!

覚悟を決めて連絡先消去
元彼とは6年付き合ったというFさん。

20代の半ば~30代の前半を彼に「捧げた」というEさんは、復縁したら絶対に結婚したいという想いを強く持っていました。

元々、嫌いで別れたわけではなく、関係が長くなるにつれて生じたマンネリから「ちょっと距離を置いてみよう」となったとのこと。

結果的に再び復縁する雰囲気になりましたが、Eさんが「結婚」をやたらに口にしてしまったために、彼から「今はそこまで考えられない」「この先も、どうかわからない」と言われてしまったのです。

そこでEさんは覚悟を決めました。

彼女の中では「結婚するか、永久にサヨナラするか」どちらかしかないというところまできていたのです。

そこで、「もし彼から連絡がなかったら、この恋は終わりにして“次”に行く」と決め、彼の連絡先をすべて消去。

自分からは決して連絡できないようにしてしまったのです。

考えに考えた末の行動だったので、自分でも意外なくらいに気持ちは落ち着いていたとのこと。

「連絡したい」と思っても自分からはできないので、かえって他のことに集中していられて、この期間に5kgのダイエットに成功したり、仕事では難攻不落の取引先から受注をゲットするなどラッキーなことが続きました。

「そろそろ、次の恋に進もうかな」と、友達に誘われた合コンに行こうと思っていた矢先に、元彼からLINEが。

「全く連絡もないし、SNSのアカウントもなくなっちゃったし、、なんか心配になって」

「Eの気配が全くなくなって、自分がこんなに取り乱すと思ってなかった。近くにいるのが当たり前になっていて、Eに甘えてたんだと思う。やっぱり俺にはEが必要なんだって、痛いくらいわかったよ。これからもずっと、そばにいて欲しい」

と、崖っぷちからの逆転プロポーズ!

本気でその恋に人生を賭けたいと思うなら、Eさんのようにあえてその恋を完全に手放す勇気も必要だということですね。

絶対ピンチな状況から復縁を勝ち取る方法については、コチラの記事でも詳しく解説しています。

ぜひ合わせてチェックしてみてくださいね!

やってしまったことは仕方ない。それより「今、できること」に全力を尽くすべし!

「今、できること」に全力を尽くす
「復縁に失敗した!」「今度こそ嫌われた!」というピンチから挽回して復縁する方法についてご紹介してきました。

ポイントを振り返りましょう。

  • 「もうダメだ」と思っても時間をかけて失敗した要素を取り除けば挽回できる
  • 「本当に復縁したほうが良いのかどうか」改めて考えてみることも必要
  • 失敗のパターンによって、再アプローチまでの冷却期間は異なる
  • 冷却期間は、改めて自分の「欠点」と向き合う絶好のチャンス
  • 「彼の連絡先を消去する」というくらい思いきった覚悟も時には必要

人は失敗する生き物ですし、失敗があるから「次は頑張ろう」「同じ失敗を繰り返すまい」として努力できるのです。

「あちゃー、やっちゃった」と思っても、やってしまったことは仕方がありません。

過去にこだわってクヨクヨするのではなく、前を向いて「今、自分ができること」「すべきこと」にエネルギーを集中させましょう!

【期間限定】人生や恋愛の事で悩んでいるアナタへ



こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「このままで良いのか…間違っていないのか…」

「コロナ禍の大変な時代…問題を解決して幸せになりたい…」

こんな感じならば、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

【輝とともに】とは、あの東京浅草の神様と言われる占い師「大和」が期間限定で、恋愛・金運・仕事・人生の悩みを鑑定し幸せになる為のヒント、アドバイスを受け取れる今、話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

片思いのあの人や不倫している彼氏の事、復縁の悩みも初回無料で診断できます。



※20歳未満は利用できません。

占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事