晴れるおまじない解説!降水確率が高くても晴れる
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

明日は大事な試合!デート!楽しみにしていた野外フェス。

なのに天気予報は雨予報で90%・・・!

そんな時でも、まだ可能性は残されています。

世界各地に伝わる強力で即効性の高い雨除けのおまじないなら、雨を晴れにするという奇跡を起こせるかもしれません。

今回は、明日や当日の雨を止ませるだけではなく、長期的なスケジュールでも効果があるおまじないもご紹介しますので、大事な予定がある日にぜひお試しください!

目次

雨を避けて晴れるおまじないをするなら気を付ける注意点!

簡単には操れないものだということを認識しておく

簡単には操れないものだということを認識しておく

「お天気」は、文字通り「天」の「気分」。

お天道様の気分次第で変わるもの、と古の人々は考えていました。

それは、科学技術が進歩した現代になっても変わっていません。

正確に言えば、核兵器を使ったり、宇宙空間に特殊なミラーを置いたりすれば天気は変えられるかもしれません。

アメリカでは、ハリケーンの発達をコントロールしたり進路を変えたりする研究も進められています。

しかし、個人レベルで自由自在に天気をコントロールする技術は確立されていないのが現状です。

現実的な問題として、もし万人が自由に天気を操れる技術ができたら、「晴れにして欲しい」という人がいる一方で、「雨がいい」という人も出てくるでしょう。

そうなったら、晴れたり曇ったり雨になったりと、せわしない一日になってしまいますよね。

世界中の誰にとっても、天気は「変えられない」という点では平等です。

どんな大富豪でも、エライ人でも、天気を自由に操ることはできない・・・そんな崇高なものを個人の力で変えようとしているのですから、「晴れにするおまじない」はスケールの大きい魔法です。

まずは、「私はこれから、かなり壮大なことに取り組もうとしているんだ」ということをしっかり認識しておきましょう。

“何か”が犠牲になるリスクを覚悟して!

“何か”が犠牲になるリスクを覚悟して!

あらゆる「不可能」を可能に変えてきた科学をもってすれば、天気くらい簡単に変えられるんじゃないの?

そんな声も聞こえてきそうですが、実は天気を変えることには多くのリスクが伴います。

天気は複雑な雲の動きによって生じるものなので、ちょっとした誤差がとんでもない結果を引き起こすことがあるのです。

近年立て続けに起きている大雨がそのわかりやすい例。

「雨雲がこのように動いて、このような位置関係になったことで、このエリア(被災地)にピンポイントで大雨が降ったものとみられます」

みなさんも、テレビでこんな解説をしているのをご覧になったことがあるでしょう。

これはいわゆる「バタフライ効果」の一種で、蝶の羽ばたきで生じるようなちょっとした空気の流れが何日も先の天候を変えてしまうことがあるということなんです。

(※蝶の話は、あくまでも比喩です。アメリカの気象学者ローレンツが「ブラジルの蝶の羽ばたきがテキサスにトルネードを起こすだろうか?」と発言したことがキッカケで、このような比喩が生まれました。)

天気は、それだけ繊細なもの。

それを魔法の力で変えるのですから、何かしら”犠牲“が生じる可能性は覚悟しなければなりません。

映画『天気の子』でも言われていたように、古くから人や動物の「命」をいけにえとして捧げることで天気を変えてもらおうとする風習があったよう。

それは日本のみならず世界各地にみられることから、「天気を変えること=なんらかの犠牲が必要」というのは単なる迷信ではなく実際にそういうことが何度もあったのだ、とも考えられるでしょう。

おまじないをしたからといって誰か身近な人が亡くなる、ということはさすがにないにしても、何か大切なものを紛失したり、身近な誰かとのイザコザや別れがあったり・・・と、大なり小なり代償を払うことになるのは覚悟しておくべきですね。

それだけリスクが高いということなので、軽い気持ちでは行わないようにしましょう。

いつやるか。「タイミング」が結構重要

いつやるか。「タイミング」が結構重要

世の中には、特別なおまじないをしなくても天気を晴れにしてしまう人たちがいます。

俗に言う、「晴れ女」や「晴れ男」ですね。

彼らの言動を観察していると、ある共通点があることに気付きます。

するべき行動を先延ばしにしない

たとえば、「今日、買い物行こうかな~」と漠然とした予定を立てていた場合。

思い立ってすぐに行動すれば、たとえ「晴れのち雨」の予報だったとしても、雨が降る前に帰ってくることができますよね。

しかし、「もうちょっと後で」と先延ばしにしていれば、イザ出かけようと思って外に出たとたんに雨が降ってくるということも起こり得ます。

晴れ女/晴れ男の多くは、圧倒的に前者のタイプの方が多く、雨が降る前に行動するんです。

つまり、雨が降るタイミングをうまく避けることによって「自分は晴れ女だ」というエピソードを積み重ね、それを自信に変えているというわけ。

逆に、雨女/雨男はタイミングを読むのがちょっと苦手な方が多いようです。

普段からポジティブワードが多い

晴れ女/晴れ男は、「私がいればきっと晴れるよ!」「だから大丈夫」という感じで、相手の気持ちを上げてくれるような前向きな発言が多い傾向があります。

一方、雨女/雨男は「たぶん雨が降るよ」「ごめんね」「私はいつもそうだから・・・」という感じで、「申し訳ない」「どうせ私なんて」系のネガティブ発言が多め。

言われた相手は、その人を責めるわけにもいきませんし、複雑な心境になるでしょう。

その人が、俗に言う“陽キャ”か“陰キャ”かは天気に直接関係はありません。

が、①のタイミングの例でもわかるように、ポジティブ思考の人のほうがタイミングをつかむことについては長けているようです。

 「絶対、晴れる」と信じている

「私は晴女です」と言う人は、もし雨が降ったとしても「今日はたまたまだった」「今日はちょっと体調が悪いからだ」と考え、「晴れ女である」というセルフイメージを絶対に覆しません。

「私がいれば必ず晴れる」と強く、強く信じているのです。

これはほとんどの晴れ女・晴れ男が共通して持っている、面白い信念です。

この信念については、歌手のさだまさしさんについての興味深いエピソードが参考になります。

さださんも「晴れ男」で有名な方で、彼の野外コンサートはいつも必ず晴れるというジンクスがあったそうです。(というか、本当に毎年晴れていたそうです)

このことに対してさださんは、

「何千人もの人が同じ場所に集まると、その熱気が上空に昇って、少々の雲くらいは追っ払ってしまうんだ」

というような内容のことを語っていたとか。

そんなことが本当にあり得るのかどうかはともかくとして、「晴れ男」としての強い自信がなければこんな発言はできませんよね。

運を味方につける人は、さださんのようにどんな出来事も「これは起こるべくして起こっているんだ。全てのことには意味がある」と考える傾向があることがわかっています。

ですから、晴れにして欲しいのであればまずは「私は晴れ女だ。だからきっと運が味方して晴れにしてくれるだろう」と強く自分を信じることから始めてみましょう。

強運思考についてはコチラの記事でも詳しく紹介していますので、ぜひ合わせてチェックしてみてくださいね。

叶ったら必ずお礼をすること

叶ったら必ずお礼をすること

いわゆる「運が良い人」「ツキに恵まれやすい人」は、ある「言霊」の力を使うのがうまい人だとうこともわかっています。

それは、「ありがとう」。

何かをしてもらったら「ありがとう」が当たり前・・・と思っていても、意外とちゃんと言えていないことって多いですよね。

たとえば、どこかにご飯を食べに行った時や買い物に行った時。

帰り際、お金を払ってお釣りやレシートを受け取った時、「ありがとうございます」とか「ごちそうさまでした」とか、みなさんは店員さんに言葉をかけていますか?

店員さんが「ありがとうございました」「またお越しください」と言ってくれているのに、たいていの方はスルーして店の外に出ていきます。

「店員さんの挨拶は、店のルールだから」「社交辞令みたいなものだから、わざわざ反応する必要はないのでは」

そう思っている方が多いかもしれませんが、いわゆる運のツイてる人は、このような些細なやり取りも大事にしているんです。

もちろん、天気の願いを叶えてもらった時にはちゃんと神様にお礼をします。

願いを叶えてもらってお礼を言う人と、全く言わない人。

両者を比べたら、いくら神様が全ての人に平等とはいえ、やはりちゃんとお礼を言ってくれる人をひいきしてしまうのは仕方がないことでしょう。

「晴れ女」や「ツイてる人」「運が良い人」というのは、このような「ありがとう」の積み重ねによって運を増やしているとも考えられるわけです。

このように、長い目で見れば、「願いっぱなしにしない」という心がけがかなり効いてきます。

神様に“何か”を叶えてもらったら、必ずお礼をする習慣をつけましょう。

叶わなかったとしても決して悲観的にならないで

叶わなかったとしても決して悲観的にならないで

天気を変えるおまじないは、どんなに口コミ評価が高いものだとしても「100%の効果」が保証されているものではありません。

「即効性がある」「これは絶対に効く」と言われている方法であっても、やってみて全然ダメなこともあります。

そんな時、「なんだよ、おまじないなんて嘘じゃん」「神様なんていないじゃん」と悲観的になったり投げやりになったりするのは止めましょう。

そもそも、「天気は個人の力では変えられないものだ」というのが大前提。

毎回必ずうまくいくという保証はどこにもありません。

とはいえ、その願いが本気であればあるほど、叶わなかった時のショックも大きいものですよね。

どうすれば気持ちを切り替えられるのか。

キリスト教で古くから伝えられている「ニーバの祈り」という言葉に、そのヒントがあります。

「神よ。願わくば私たちに、変えることのできない物事を受け入れる落ち着きと、変えることのできる物事を変える勇気と、その違いを常に見分ける知恵とをさずけたまえ」

天気は、「変えることができない物事」ですよね。

それをどうにか変えようとしてあがいたり、おまじないや神様を恨んだところで何の解決にもなりません。

それよりも、もしおまじないが叶わなかったならば「天気は変えられないんだ」と潔く受け入れること。

その上で、例えばおしゃれな雨具を買いそろえたり、雨でも楽しめるアトラクションを楽しんだり、考案したりと、「雨を楽しむ」という方向に発想を逆転させていくことを心がけましょう。

その昔、隠れていた天照大御神が天の岩戸から姿を現したように、太陽もあなたの楽しそうな姿につられて雲間から顔を見せてくれるかもしれませんよ。

明日絶対晴れる!超強力な晴れる呪文とは

神様を味方につけて晴れにする方法

神様を味方につけて晴れにする方法

たとえ明日が雨の予報だったとしても、まだ諦める必要はありません。

『天気の子』がそうであったように、あなたの強い想いが天に届けばお天気が味方をしてくれる可能性もあります。

「そんなバカな」と思われるかもしれませんが、何もしなければ何も変わりません。

たとえ非科学的だと言われるような方法でも、試してみて本当に晴れたら儲けもの!

コストがかからないのであれば、やってみて損をすることは何もありません。

「ああ・・・、○日は雨かあ」と予報を見てガッカリした日から毎日続けることで、「途中で予報が変わった!「次の日の予報が変わった!」と口コミ評価が非常に高い呪文をご紹介しましょう。

  1. 「私は神様に愛されている」「だから私は生かされているのだ」と強く自分に言い聞かせる
  2.  深呼吸をして、気持ちを集中する。そして次の呪文を唱える
  3. 「今まで天気を変えるために祈って聞いてもらえなかったことはありません」
  4. 「私が神様に祈り続けて聞いてもらえなかったことはないのですから、絶対に雨は降らない。そして、別の計画を立て直す必要はない」

嘘みたいな話ですが、「本当に天気予報が変わった」という現象が実際に起きているんです。

ただし、絶対に忘れてはいけないことがあります。

それは、予報が変わったら、その時点で必ず「神様!雨を降らせないようにしてくださることに心から感謝いたします」とお礼を言うこと。

このステップを忘れてしまうと、当日雨になってしまうことがあるので気を付けてください。

そして当日は、傘を持たずに出かけましょう。

それは、神様に対して「あなたのことを信じています」と誠意を示すという意味があります。

これだけ科学技術が発展した現代であっても、人間に天気を変えることは不可能です。

だからこそ、「神さまのお力をお借りする」という謙虚さ、そして手伝ってもらえたら感謝するという素直さを持つことが大事なのです。

奇跡を起こすことができる人はいつも、目に見えない大きな力を信じ、そして感謝できる人なのですから。

天に願いが通じる呪文

天に願いが通じる呪文

仕事でもプライベートでも、なにかピンチに陥った時、とっさに「神様!お願いします。助けてください!!」と心の中で叫んでしまった。

・・・誰にでも、一生に何度かはそんな瞬間が巡ってくるでしょう。

たとえば、一生に何度もないイベント(例えば部活の試合や結婚式)がある時などは「どんな手を使ってでも晴れにしたい!」と強く思うのではないでしょうか。

「神様、お願いします」と願ってすんなり叶うこともありますが、実はもっと効果的な呪文があります。

「かんながらたまちはえませ」(惟神霊幸倍坐世)

空に向かって願いごとを口に出して言った後、天の神様に向かってこの呪文を2回唱えてみてください。

そうすれば、天気に限らずあらゆる願いごとを叶えてもらうことができるというのです。

実際にこの呪文を唱えたところ、

「試験で合格できた」

「好きな人と同じクラスになれた」

「いじめがおさまった」

「愛犬の病気が良くなった」

・・・等々、あらゆる方面でご加護を受けている方が大勢いらっしゃるんです。

その中には、「大事な日の雨予報が覆って晴れになった」という方もいました。

非常に効果の高いおまじないで、「願えばすぐに叶う(ことが多い)」という即効性の高さも話題になっています。

ただし、自分の力ではどうにもできない緊急時のみに使うようにしてください。

「全て神様の御心のままに、よりよくお導きください。お守りくださいませ」

このように、神様に対して、「全部、あなたのお導きに従います」と服従するような意味があるので、「自分でどうにかしてやろう」という邪念が介在するとうまくいきません。

また、恥ずかしがらずに声に出すというのもポイント。

日本では、古くから「言葉には魂が宿る。その言霊の力で願望が実現する」という考え方があるからです。

「神様?本当にいるの?」と半信半疑な方もいらっしゃるかもしれませんが、本当にいるのかどうかは一旦置いておいて、まずは「この呪文で無理めの願いごとが叶っている方がたくさんいるんだ」という事実に目を向けてみましょう。

呪文を唱えるのにはお金に要りません。

どうしても!という時は、天にすべてを任せてみましょう。

ピンチをチャンスに変える「禍・消・転・福」

ピンチをチャンスに変える「禍・消・転・福」

雨が降るのか晴れになるのか、降水確率は50%くらい。

この状態は、一番モヤモヤしますよね。

晴れるなら晴れる!雨なら雨で諦めがつくのに・・・という夜に試して欲しいおまじないがコチラです。

  1. 左の手のひらに、右手の人差し指で「禍・消・転・福」と一文字ずつ丁寧に書く
  2. 左手のひらをグッと握って、「明日が晴れになりますように」とお願いする

これは、禍(わざわい)を福に転ずる呪文。

天気に関わらず、「いいことあるといいな~」という時に使えるおまじないです。

ツイてないことが続く時は、連動してお天気にも見放されてしまうことが多いもの。

「悪い流れをここらでリセットしたい」という時によく使われる呪文なのです。

実際にやってみるとわかりますが、「いいことがありますように」と漠然と祈るよりも、願いごとを明確にしたほうが天に想いが伝わりやすい!

自分にとって何が「禍」で、何が「福」なのかを明確にしておくことが大事です。

このおまじないをやっておくと、たとえ当日が雨になってしまったとしても、「雨で良かったかも」と思えるようなハッピーなハプニングに恵まれるでしょう。

なんだかんだでこれが最強!「カムイパパイヤアホーイヤ」

なんだかんだでこれが最強!「カムイパパイヤアホーイヤ」

「どうやら天気予報では、明日は大荒れらしい・・・。でも、晴れて欲しいんだけど!」

この状況では、誰もが「しょうがないか」「あきらめるしかないか」と弱気になってしまうでしょう。

しかし、たとえ降水確率が90%だったとしても残りの10%にかけてみる価値はあります。

実際、大気の状態のバランス次第では、雨の予報が覆って晴れになることも絶対にないわけではありません。

皆さんも、「ニュースでは大荒れだって言ってたけど、ふたを開けてみたら晴天だった」という経験を一度や二度は経験されたことがあるのではないでしょうか。

ものはためしで、唱えてみましょう。

「カムイパパイヤアホーイヤ」

これは北海道のアイヌ民族に伝わる伝統的なおまじないで、台風をも除けられるくらいの強いパワーがあると伝えられています。

この呪文を、晴れて欲しい日の前夜、窓を開けて夜空を仰ぎながら3回唱えてください。

しっかりと声に出して、ゆっくりと丁寧に!

口コミでは「てるてる坊主よりも強力だ」と言われている呪文ですから、きっと明日に奇跡を起こしてくれるはずです。

具体的な意味や起源、そのほか「天気を晴れにする呪文」についてはこちらの記事でも詳しく紹介しています。

ぜひ参考にしてみて、効果を検証してみてくださいね!

天気予報の降水確率90%!でも晴れさせる方法

太陽神のパワーで晴れにする!魔法の呪文

太陽神のパワーで晴れにする!魔法の呪文

週末に大事な予定があるのに、週間予報の降水確率はまさかの90%だった・・・!

「いやいや、天気予報って結構コロコロ変わるよね。全然問題ないでしょ。晴れるよ」

そんな風にあまり深く考えない方もいれば、たったそれだけのことでも「ああ~雨かあ」と気持ちが沈んでしまう方もいます。

しかし、実際に「降水確率」が覆って快晴になることもよくありますよね。

それはもしかしたら“誰か”がこのおまじないをしていたからなのかもしれません。

ブドウジュースのおまじない
  1. 用意するもの:コップ、グレープジュース(あるいは赤ワイン)
  2. コップにジュースを注ぐ
  3. ②のコップを持ってベランダや庭に出る
  4. 天を見上げ、目を閉じ、次の呪文を心の中で10回唱える
  5. 「太陽神ラーさま。あなたの産み落とした子が、雨雲のせいで大変嘆き悲しみ、苦しんでいます。どうか、太陽の力を借りて慰めてあげてください」
  6. 呪文を唱え終わったら、コップのジュースを飲み干す

ブドウは皮ごと食べられて栄養価の高いフルーツ。

スピリチュアルな観点から見ても波動が高く縁起の良い果物なので、日常の食生活に取り入れることで運気が上がっていくという説もあります。

天に願掛けをし、セットで波動が上がるフルーツジュースを飲む・・・というこのおまじないには、「太陽の神様にもお願いしたし、パワージュースも飲んだじゃん。もう大丈夫だよ、きっと晴れるよ」と自己暗示をかけて不安を減らす効果もあるということですね。

晴れ女や晴れ男は、「私が外に出れば絶対晴れるよ!」という強いポジティブ思考の持ち主であり、実際に晴れた日のことをよく覚えているだけだという説もあります。

「私は雨女だから」と気持ちの上で負けてしまい、うまくいかないことと雨をセットで考えてしまいがちな方は、ぜひこのおまじないで少しずつ自信をつけていきましょう!

「わたしは晴れ女なんだ」と根拠のない自信を持てるようになるだけでも、実は人生って結構見え方が変わってくるものなんです。

さざれ石の浄化力で雨を「晴れ」に!

さざれ石の浄化力で雨を「晴れ」に!

おまじないに対して、「なんだかよくわからない呪いみたいなもの」というイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、実際にやってみると、「なるほど」「これは叶いそう」と納得するところも多いものです。

というのも、おまじないとは、ある意味では「願望を視覚化する儀式」だから。

たとえば、ここで紹介するおまじないはそのわかりやすい例だと言えるでしょう。

さざれ石のおまじない
  1. 用意するもの:晴れて欲しい日の週間天気予報が載っている新聞紙、さざれ石(おススメは水晶)、画用紙、赤系のクレヨン
  2. 新聞紙を好きな大きさに折りたたむ(なるべく、手のひらサイズになるように)
  3. 画用紙にクレヨンで「晴れ」のマークを描く
  4. ②の新聞紙の上に、③の画用紙を置く(描いた面が上になるように)
  5. ④の画用紙の上にさざれ石を置く
  6. 「この日は天気が良くなりますように」という呪文を毎日唱える

さざれ石とは、天然の小さな石のこと。

加工品ではなく自然にできた石なので、形状としては凸凹が多いのが特徴です。

この凸凹があることでエネルギーを吸収したり出したりしやすい、すなわち「良くない気を吸収する作用が強い」ということから、「さざれ石は浄化力が高い」と言われています。

(※ちなみに、アクセサリー用に加工されたパワーストーンはエネルギーを“蓄える”ことに優れていると考えられています)

ですからこのおまじないには、「天気予報の“雨”をさざれ石の浄化力によって清めて、晴れに転じてしまえ!」という意味があるんですね。

「天気予報を覆したい」「雨をなかったことにして欲しい」という願望をわかりやすく目に見える形にした方法と言えるでしょう。

古くから、「願いは目で見て認識できる形にしたほうが叶いやすい」とも言われていますが、それは天を相手にする願いごとであっても同じこと。

事前準備として、さざれ石に太陽の光をたっぷり当てておくとおまじないの効果が高まりますよ。

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

明日のイベントを絶対に晴れに!「オレンジにお願い」

明日のイベントを絶対に晴れに!「オレンジにお願い」

たいていの予定は雨でもなんとかなりますが、野外フェスや旅行など、外で行うイベントが雨だとテンションがた落ち。

場合によっては中止にあり得るので、なんとしても晴れて欲しい!

そんな大事なイベントの前日は、オレンジを2個買って帰りましょう。

そして、旅行先やイベントの開催地の方角にオレンジを1個置きます。(※家の中心から見た方角です)

もう一つは、その反対側の方角に置いて。

二つをそれぞれの方角に置いたら、まず旅行先のオレンジの前に正座して次のように唱えます。

「明日、楽しく過ごせますように。お天気に恵まれますように」

丁寧にお辞儀をしたら、もう一つのオレンジの前でも同じことを繰り返します。

あとは、2つのオレンジを枕元に置いて眠るだけ。

風水では、フルーツは全般的に「実り」を意味する縁起の良いパワーフードですが、太陽を連想させるオレンジは特にエネルギーが強く、大きな幸運を象徴するフルーツとして知られています。

太陽の恵みをたくさん吸収したオレンジくんが、「俺に任せとけ!」と太陽を引っ張ってきてくれる・・・そんなイメージを浮かべながらベッドに入りましょう。

オレンジ色は「良縁」を意味する色でもあり、カラー心理学でも社交性を高めてくれる色として知られています。

オレンジの色を目にして眠ることで、翌日は些細なことでイラっとしたりせず穏やかな気持ちで過ごせることでしょう。

天気の「雨」だけではなく、人間関係の雨(涙)を避けてくれる効果も期待できるというわけ!

定番だけど効果は強力!「明日天気になあれ」

定番だけど効果は強力!「明日天気になあれ」

「あ~した天気にな~れ」と叫びながら、思いっきり靴を飛ばす。

子どものころ、そんな遊びをしたことはありませんか?

底が下を向いて着地したら晴れ、逆だったら雨。

そんな占いの要素もある遊びです。

実はこれ、ちょっとやり方を変えるだけで「明日を晴れにするおまじない」になるんですよ!

具体的な方法は次の通り。

「明日天気になあれ」のおまじない
  1. 用意するもの:普段から履きなれている靴(※底が平らな靴。例えばスニーカーなど)
  2. ①の靴を履いて外に出て、まず右足から飛ばす
  3. 底が下の状態になって着地するまで何度も繰り返す
  4. 合計3回、底が下で着地するまで続ける
  5. 右が終わったら左も同様に行う(底が下で着地する、を3回繰り返す)
  6. 左右終わったら、「これで明日は太陽の恵みを受けることができます」と3回唱える
  7. 家に戻り、靴の汚れを落として磨き、玄関にきれいに玄関に並べる

このおまじないのポイントは、イライラして自棄にならないこと。

「もういいや」「なんでこんなにやっても表が出ないの」

とネガティブな気持ちが強くなってしまうと、その念が邪魔しておまじないの効果が薄れてしまいます。

お天道様との根気比べのような意味もあるので、最初から「絶対に晴れにしてみせる!」という強い覚悟を持って行ってください。

また、もし雨が降ってしまった場合は、「靴のつま先を整えて⇒つま先で地面を3回叩く」というステップを忘れずに。

これによっておまじないをリセットすることができ、次に同じ願掛けをする時の効果を高めることができます!

本気ならできるはず!「お百度参り」

本気ならできるはず!「お百度参り」

一度や二度、神様にお願いしても叶わないかもしれない。

でも、さすがに100回祈ったらどうにかしてくれるんじゃないか・・・。

そんな思いを込めて生まれたのが、古くから伝わる「お百度参り」です。

読んで字のごとく、神様(神社)に100回祈って願いごとを叶えてもらおうという儀式。

もともとは100日かけて行われていましたが、最近は1日で済ませられる形に変化しています。

具体的には、

「神社の入り口をスタート地点と決めて、本堂まで歩いて祈りを捧げる」

これを100回繰り返すというもの。

近所の神社(氏神様)で、人気(ひとけ)のない時間帯に行うのがおススメです。(誰かに見られると気まずいですし、恥ずかしがってやると効果が薄れます)

実際にやってみるとわかりますが、かなり体力を消耗しますし、忍耐力を要します。

「もう!こんなことして何か意味あるのかな?本当に晴れにしてもらえるのかな・・・」と疑う気持ちが出てきますが、そこで負けてはいけません。

「晴れて欲しい」という想いが本気なら、100回やりきれるはず!

本来は操れないはずの天気を変えてもらおうというのですから、そのくらいの労力を惜しんではいけません。

疲れてくると、何回目かわからなくなってしまいますので、ノートを用意してメモしながら行いましょう。

当日どうしても晴れてほしい!試したい即効性アリのおまじない

スイレンと力を合わせて太陽を呼ぶ!

スイレンと力を合わせて太陽を呼ぶ!

映画『天気の子』では主人公の女の子がたった一人の力で天気を動かしていました。

しかし、普通の人間はそこまで強い力を持っていません。

特殊な能力を持っていない人間が天気を動かすには、自然物のパワーを借りるのが賢明です。

古くから伝えられているのは、スイレンのおまじない。

ご存知の通り、スイレンは水に浮かぶ優雅な姿が印象的な花。

エジプトでは国花となっており、古くから「神聖な花」として珍重されています。

水生植物=雨を好む植物と思われがちですが、実は日光が大好き!

日の光がなければ成長しませんし、日当たりの良い場所で育てたほうが、花がつきやすくなるんです。

ですから、スイレンさんも雨が続くと困ってしまう。

「いますぐ雨に止んで欲しい」という時は、スイレンさんの力を借りましょう。

スイレンのおまじない
  1. 用意するもの:水を入れた皿、スイレンの花(造花でOK)
  2. 「今日だけは私も日光を浴びたいです。どうか、雨を止ませてください」と10回唱える
  3. スイレンの花びらを1枚取り、水に浮かべる
  4. 花びらに対して、「私はあなたを信じます」と唱える

このおまじないでは、使用するスイレンさんと力を合わせて行うことがなにより大事・・・ですが、「ところで、なぜスイレンなの?他の花じゃダメなの?」という疑問を抱いた方も多いことでしょう。

これはプチ知識ですが、スイレンと太陽の間には密接な関係があるのです。

その昔、太陽神には恋人がいました。

しかし両親に結婚を反対され、恋人は自ら死を選び湖に身を投じてしまったのです。

太陽神はどうにかして救いだそうとしたのですが、結局、彼女の姿を見つけることはできませんでした。

しかし、その後、湖に美しいスイレンが咲いたのです。

スイレンは、彼女の生まれ変わり。

恋人である太陽が昇ると花を咲かせ、日が沈むと花を閉じる・・・今回ご紹介したおまじないは、このエピソードから生まれたものなのかもしれませんね。

「あなたも恋人に会いたいでしょう?私も同じだよ。だから、力を合わせて太陽さんを呼びましょう」

と、スイレンに語り掛けるような気持ちで行うと、信頼関係を強めて力を貸してもらえることでしょう。

天火明命のパワーで雨を晴れにする!

天火明命のパワーで雨を晴れにする!

太陽の神様といえば日本では「天照大御神」が有名ですが、実は他にも太陽のエネルギー(光や熱)を神格化した「天火明命」という神様がいます。

関係性で言うと、天照大御神の「孫」に当たる神様ですね。

晴れて欲しい日が、残念ながら雨だった・・・という場合は、この神様に直談判して雨を止ませるという方法があるんです。

天火灯命のおまじない
  1. 用意するもの:透明のコップ、清酒、塩と米(それぞれひとつまみ)
  2. コップ半分くらいまで清酒を注ぐ
  3. ②に塩と米をひとつまみずつ入れ、窓辺に置く
  4. 手鏡を手に取り、そこに映る自分をしっかり向き合う
  5. 「アメノホアカリ(天火灯命)様。あなたのお力で、この雨空から太陽の光を射しこませたまえ」と10回声に出して唱える
  6. 鏡を外に向ける
  7. コップは晴れるまでそのままの状態にしておく

古来、鏡には神聖なパワーがあると考えられてきました。

このおまじないは、鏡の力によって太陽(天火明命)の光を引き寄せる効果があります。

お酒と米はそのお礼(お供え物)ですね。

ただ、天火明命はとても気性が荒く、いわゆる“キレやすい”神様として有名なお方。

そんな神様のお力をお借りするのですから、お供えものは絶対に忘れないようにしましょう。

中途半端な気持ちでやると彼の逆鱗に触れてしまう可能性がありますので、気持ちを込めて、丁寧に行うようにしてくださいね。

また、実際に願いが届いて天気が晴れになったら、「雨雲を追い払ってくださってありがとうござました!」と感謝の気持ちを伝えることも忘れないように!

嘘でしょ・・・!?あなたも「天気の子」になれるかも?

嘘でしょ・・・!?あなたも「天気の子」になれるかも。

これはかなりスピリチュアルに寄っている説なので、「信じられない」という方はスルーしてください。

実は、私たちの「念(考えること)」の周波数は雲にアクセスしやすいという考え方があります。

「不動明王の神」というYouTubeチャンネルですが、実際にこの中で、“念”の力で雲を消している様子が映し出されているのです。

そこそこ大きさのある雲が、徐々に小さくなって、最後には消失してしまいました・・・。

特殊な加工などをしていないのだとしたら、本当に念の力だけで雲が消えた可能性もゼロではないわけです。

このチャンネル主であるチャネラーのリョウさんは、「練習すれば、狙った雲を消せるようになる」「“天気の子”は実在する」とおっしゃっています。

それが本当かどうか、信じるかどうか、あなた自身が「天気の子」になるかどうかはあなた次第。

ですが、科学では説明できないけれど「目に見えない力は確かにあるんだろうな」と認めざるを得ないことは身の周りにもちょこちょこありますよね。

雲と地上の生物の間にエネルギー(念)のやりとりが絶対にないとは言い切れないわけですから、トレーニングしてみる価値はあるでしょう。

それで自由に雲を動かせるようになったら、晴れて欲しいタイミングに雨を止ませることもできるようになるかもしれません。

今降っている雨を止ませる「ホウキの魔女さんにお願い!」

今降っている雨を止ませる「ホウキの魔女さんにお願い!」

「明日、晴れたらいいのになあ」

この願いは、日本のみならずバンコク共通。

世界中を見渡してみても、今のところ個人の力で天気を自在に操れる国はありません。

だからこそ、お天気にまつわるおまじないは世界各地、いろんな場所、いろんな形で生み出されているのです。

中でも、ほうきを使ったおまじないは「効果がある」ということで国をまたいで語り継がれてきました。

方法は簡単です。

魔女さんにお願い
  1. 用意するもの:紙、ペン、ハサミ
  2. 紙に、ホウキを持つ女性の絵を描く
  3. ②の女性をハサミで切り取る
  4. 軒下に吊るし、「雨がやみますように」と天に祈る

これは、今降っている雨を止ませるという即効性のある魔法。

あなたが描いた女性が、ホウキで雨雲をキレイさっぱり掃き去ってくれるのです!

プラスαで、「自分もホウキで玄関周りを掃いていたら、本当に雨雲の隙間から太陽が顔を出しました」という体験談もありました。

その場合も、ホウキで雨雲を掃き清めるようなイメージで行うと、あなたの心にかかった雲までスッキリ消え去ることでしょう。

長期スパンでおまじない!狙った日にピンポイントで晴れるおまじない

気合いと根性!「晴れマーク50枚」の願掛け

気合いと根性!「晴れマーク50枚」の願掛け

超気合入ってるイベント、彼との初デートなど、「なにがなんでも、どうしても晴れて欲しい!」という時、ありますよね。

「初デートは別に雨でもいいじゃん」という方もいらっしゃるかもしれませんが、縁起を気にするタイプの方は、「しょっぱなから雨か・・・。もしかして私たちって相性悪いのかな」」「これって別れを予言しているのかな」なんて気にしてしまう方もいるでしょう。

自分が気にしないタイプだったとしても、意外と彼は気にするタイプかもしれません。

だったらやっぱり、初デートは晴天で迎えたい!

そんな時にぜひ試して欲しいおまじないです。

晴れマーク50枚のおまじない
  1. 用意するもの:白いメモ用紙50枚、ペン、封筒
  2. 50枚の紙全てに晴れのマークを描く(※絵の上手・下手は関係なく、とにかく気持ちを込めて丁寧に書いてください!)
  3. 50枚全て書けたら、封筒に入れる
  4. 「この手紙が天に届きますように」という呪文を唱えながら、②の封筒を自宅のポストに入れる
  5. 晴れて欲しい日時まで、その手紙が誰の手に触れないようにする

50枚、同じマークを描き続けるのは結構、根気のいる作業です。

途中で手が疲れたら、ちょっと休憩をしても良いので、とにかく雑にならないように最後まで気持ちを込めて書いてください。

ポイントは、メモ用紙を折らなくてもすんなり入るサイズの封筒を選ぶこと。

入れる時に手間取ったり、一部が折れてしまったりシワになったりするようでは、おまじないの「流れ」が阻害されてしまいます。

風水の「気の流れ」と同じように、願掛けも「流れ」を意識することが大切。

「あれっ、入りにくいな」とイライラや焦りなど雑念が入らないように注意してくださいね!

また、家族と同居している場合は、「ポストに入っている封筒は絶対に触らないで」と伝えておいてください。

おまじないをしていることを言ってしまうと効果がなくなってしまうので、しつこく聞いてくるような家族だった場合は、「懸賞を当てるためにゲン担ぎみたいなやつだよ!」とでも言っておくと良いでしょう。

あるいは、「待ってる郵便物があるから、しばらくは私が毎日ポストをチェックするからね!」と言っておけば、「じゃあ、お願いするね」と誰もポストを気にしなくなるのではないでしょうか。(ここは家族の性格に合わせて臨機応変に対処してください!)

この日は絶対に晴れて欲しい!という時に「キャンディの魔法」

この日は絶対に晴れて欲しい!という時に「キャンディの魔法」

何か予定を立てる時、それが1週間後だったり2週間後、1ヶ月後とちょっと時間がある場合は、まだ天気予報もわからない状態ですよね。

野外のイベントであればなおさら、どうしても晴れて欲しい!

そんな時、長期スパンでコツコツやって効果があるおまじないをご紹介します。

キャンディを使った雨よけ魔法
  1. 準備するもの:丸いキャンディー、小さく正方形に切ったアルミホイル、赤いヒモを2本
  2. キャンディを包装紙から取り出し、アルミホイルの上に置く
  3. キャンディをアルミホイルで包む(巾着のような形になるように)
  4. ③の一部を赤いヒモでくくってリボン結びにする(イメージ的には、てるてる坊主の形です)
  5. 外が暗くなったら、④を誰にも見られないように木に結び付ける(※庭、あるいは自宅から近い場所にある木が好ましい)
  6. 呪文「精霊さんにお願いがあります。○月○日の太陽をバラ色にしてください」と唱える

樹木に宿る精霊は甘い物を好むということで、このおまじないは「木の精霊さんにお供えをして願いごとを叶えてもらう」という意味があります。

「木の精霊なんているわけないじゃん」と言う方もいますが、私たち日本人は古くから身の周りのありとあらゆるものに「神」の存在を感じながら生きてきた民族です。

それだけ感受性が高い民族であったということですよね。

今もなおそのDNAは脈々と受け継がれているはずなので、私たちは皆、自然の声を聴き、メッセージを受け取る力を秘めているはずなのです。

何も聞こえない、何も感じないのはその“耳”を閉ざしているからだ、とも考えられます。

鬼太郎になったつもりで、自然の中のあちらこちらに潜んでいる“かもしれない”彼らの声に耳を澄ませてみましょう。

自然を相手にするおまじないの効果を高めるには、その“耳”を鍛えることがとても大切です。

この日は絶対に晴れになる!「予言カレンダー」

この日は絶対に晴れになる!「予言カレンダー」

まだ週間予報も出ていないような先の予定だけど、どうしても晴れて欲しい!

そんな時は、スケジュール帳に魔法をかけて「晴れ」を引き寄せましょう。

超カンタンですが効果バッチリの願掛けです。

  1. スケジュール帳やカレンダーで、「晴れて欲しい」と思う日の欄に晴れのマークを描く(あるいは、晴れマークのシールを貼る)
  2. その予定がある日まで、毎日そのスケジュール帳を見て、「この日は晴れの予報です」と口に出して唱える

天気予報を見て一喜一憂するのではなく、あえて自分から「この日は晴れます!」と宣言することによって運気を動かすという方法。

お天道様の機嫌や運気に振り回されるのではなく、「流れは自分で作るんだ」「運は自分で作るんだ」という前向きな気持ちで天気や運気を向き合うことができるようになります。

「個人の気持ちと天気がつながっている・・・なんてあり得るの?」

「私が前向きになったからって、簡単に天気を変えられるわけないよ」

と思われるかもしれませんが、天気を”変える“のではなく”お天道様に(晴れ)を予約した“と考えてみてはどうでしょうか。

そのほうが、「ほんとに晴れるかな!?」とわくわく感を高められますし、そういう遊び心のある人のほうが運を味方につけることができるものです。

好きなものを断って願掛け!

好きなものを断って願掛け!

古くから伝えられてきた願掛けの方法として「断ちもの」もおススメ。

要するに、「願いが叶うまで、好きなものを断つ」という方法です。

この場合は、「○月○日を晴れにして欲しいから、その日まで好きなものを我慢する」ということですね。

たとえば、食べもの、飲み物、嗜好品など。

なにかを犠牲にして差し出すことで天気の願いを叶えてもらおうという発想ですから、生活に密着していてそれを我慢するのが難しいものほど効果があります。

お茶、コーヒー、白米、お酒、チョコレート、たばこ。

どんなものでもいいので、あなたにとって「これがないと辛い」と思うものを一つ選んで、晴れて欲しい日までそれを摂らないように我慢しましょう。

願掛け効果に加えて、ものによってはダイエット効果もあって一石二鳥かもしれませんよ!

自分が“晴れ女”になるのが最強!

自分が“晴れ女”になるのが最強!

世の中には、「私は晴れ女だから、大事な日は絶対に晴れます」と自信を持って言えるタイプの人もいれば、「私は雨女だから、多分、雨になっちゃいますよ」と天気を自虐ネタに使う人もいますよね。

単なる思い込みのようにも見えますが、実際に自称・晴れ女と一緒に行動していると不思議なくらいに晴れることが多いことに気付きます。

それが偶然だったとしても、本当に特別な力があるのだとしても、「晴れ」を引き寄せているのは事実。

予定を立てるタイミングの良さなど、その人がお天気を味方につけていることは確かです。

「いいなあ。私も、晴れにして欲しい日があるんだけどなあ」

という時は、その自称・晴れ女さんと一緒に行動する機会を増やしてみて。

そして、何か食べものをシェアして、彼女が食べていたものを一口もらってください。

その上で、彼女の「晴れエピソード」を聞かせてもらいます。

「こんなイベントの時、こんなことがあって、私がこうしたら、天気が晴れたんだよ」

「私が~したら雨が止んだんだよ」

こんな感じで、「晴れた」「雨が止んだ」系の武勇伝を引き出すことができたら、このおまじないは大成功!

きっと、晴れて欲しい日を晴れにすることができるでしょう。

このおまじないは、長いスパンで見た場合のみならず「今降っている雨を止ませてほしい」という時にも有効です。

晴れ/雨を抜きにしても、自称・晴れ女や晴れ男さんたちは発言もポジティブな方が多いですよね。

天気という、本来は人間が変えられないはずのものまで味方につけているんだ!という自信が彼らを前向きにさせているのかもしれません。

晴れ女と行動することによって積み重ねられる「晴れた」という経験が、あなたにも自信と勇気をもたらしてくれることでしょう。

自分自身が晴れ女になるのが、なにより最強の「晴れのおまじない」!

晴れを願う儀式としておまじないを生活にとり入れて!

晴れを願う儀式としておまじないを生活にとり入れて!

雨の予報を「晴れ」に変える奇跡のようなおまじないを集めてみました。

本来はコントロールすることが難しいはずの天気を思い通りに叶えるために、意識すべきポイントをまとめます。

  • 科学では証明されていないが、願掛けで天気が変わることがある
  • 天気を操ることには代償を伴うことがある
  • 晴れ男/晴れ女の言動には共通点がある
  • 誰でも、リアル「天気の子」になれる可能性を秘めている
  • 願いが叶えられたら、必ずお礼を伝えることが大事!

明日の天気は晴れか、雨か。

些細な事のように思われるかもしれませんが、人の心は面白いほどに天気の影響を受けるもの。

たったそれだけのことで物事の結果が変わることもあるのです。

天気を味方につけられるかどうかは「運」次第とも言えますが、簡単なおまじないでその「運」を変えられるのだとしたら、やってみるに越したことはありません!

「おまじないしたんだから、大丈夫」と自分を勇気づけるために、あるいは「やってもダメだったんだから、しょうがない」と問題を手放すためにも、普段の生活の中に小さな魔法を取り入れてみましょう。

【期間限定】人生や恋愛の事で悩んでいるアナタへ



こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「このままで良いのか…間違っていないのか…」

「コロナ禍の大変な時代…問題を解決して幸せになりたい…」

こんな感じならば、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

【輝とともに】とは、あの東京浅草の神様と言われる占い師「大和」が期間限定で、恋愛・金運・仕事・人生の悩みを鑑定し幸せになる為のヒント、アドバイスを受け取れる今、話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

片思いのあの人や不倫している彼氏の事、復縁の悩みも初回無料で診断できます。



※20歳未満は利用できません。

占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事