【ヒーリングとは?】意味や効果+ほかの癒しと違う点
この記事を読む前に必ずお読み下さい。
不倫や復縁など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

でも不倫や復縁の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

「病気ってわけじゃないんだけど、ずっと調子が悪い」

「どうなるかわからない先のことばかり考えてしまって不安になる」

コロナ禍でこんな悩みを持つ方も増えています。

誰もが「癒し」を求める時代だからこそ注目されているのが「ヒーリング」という技術!

今回は、スピリチュアルヒーリングのA to Zをまとめてみました。

自宅で、自分でできる方法もご紹介していますので、「最近、調子がイマイチだなあ」と感じている方はぜひ試してみてくださいね。

目次

スピリチュアルヒーリングって?詳しく説明

本来の「スピリチュアル」は全然怪しくない!

本来の「スピリチュアル」は全然怪しくない!

「スピリチュアルヒーリング」と聞くと、何やら怪しげな霊感商法みたいなものをイメージされる方も多いかもしれません。

それはたぶん、「スピリチュアル」という言葉の意味が、日本では間違ったニュアンスで広まっているせいでしょう。

「Spiritual」は本来、キリスト教から生まれた宗教用語。

「神の」「精神的な」「霊的な」などの意味があり、ざっくりまとめると「目には見えない世界のこと」を表す言葉です。

ここで、「ほらね、やっぱりちょっと怪しいじゃん」と思われた方もいるかもしれないのですが、海外の方の「スピリチュアル」の捉え方は日本とはちょっと違っています。

日本だと「スピリチュアル=占い、神秘主義、天使、精霊、オーラが見える」みたいなイメージが独り歩きしている感がありますよね。

しかし、海外では「自然の畏怖を感じる」とか「宇宙的なスケールで自分というちっぽけな存在を眺めてみる」とか。

「私はなんのために生まれてきたんだろう?」「神様って本当にいるのかな」「私と彼が出会った意味とは?」

・・・このように、物事や自分を高いところから俯瞰するような考え方を指して「スピリチュアル」と表現する傾向があるのです。

「スピリチュアルヒーリング」も同様で、日本だと「目に見えない精霊に癒してもらう」とか「オーラを癒す」みたいなイメージが強いですが、「見えない自然の力を借りて身体を整える」という意味でとらえることもできます。

「スピリチュアルなことに意識を向ける人はメンタルが健康になりやすいという研究結果もあるほど。

必ずしも「怪しい治療でお金をぼったくる」みたいな世界ではないんだということを、まずは知っておいてください!

エネルギーの乱れが心身の不調につながる

エネルギーの乱れが心身の不調につながる

人の身体にはそれぞれ固有のエネルギーがあって、それが過剰になったり、逆に足りなくなったり、はたまた良くないエネルギーでいっぱいになったりすると心身に不調が生じる。

・・・これが、「スピリチュアルヒーリング」の根っこにある考え方です。

このエネルギーのアンバランスを整えることで心と体を元気にしていこうね!ということですね。

健康診断で血液検査をすると、「コレステロールが高い」とか「血糖値が高い」「中性脂肪が・・・」と要・精密検査の紙をもらったりすることがありますよね?

目に見えないエネルギー(“気”)についても同じようなことが起きていて、その異常を取り除いて正常に戻しましょうね!というのがスピリチュアルヒーリングなのです。

具体的な方法としては、「ヒーラー」と呼ばれるヒーリングのプロが、自分のエネルギーを使って相手を癒していきます。

プラスのエネルギーを分けてあげたり、プラスのエネルギーで相手の心を満たすことによってマイナスなものを洗い流してあげたり。

・・・といっても、何か専用の器具を使うわけではありません。

ヒーラーは相手に手をかざすだけ、あるいは遠隔でエネルギーを送ることでこのヒーリングを行っているのです。

つまり、直に相手に触れるわけではないというのが「医療」との大きな違いですね。

医療では解消されなかった不調が消えることがある!

医療では解消されなかった不調が消えることがある!

スピリチュアルヒーリングの面白いところは、医療では改善しなかった不調が治ることがあるということです。

例えば、慢性的なじんましんに悩んで10年もの間、皮膚科や内科に通っていたAさん。

血液検査をしてもハッキリとした異常は見つからず、とにかく「症状を抑える」だけのために薬を毎日2錠ずつ飲み続けていました。

「じんましんは原因がハッキリとわからないケースが多い」「何かのキッカケで症状が消えることもあるし」という医師の言葉を鵜呑みにし、「まあ、そんなもんか」と思って通院を続けていたのです。

しかし、ひょんなことからスピリチュアルヒーリングを受け、自分の中に押さえこまれていた「怒り」の感情に気づきます。

それは、小学生の時にいじめられたこと、親や親戚から「あなたは運動も勉強もできない」「だからおとなしくしていればいい」と言われたことが原因でした。

それから彼女は、「絶対にいつか見返してやる」という怒りのエネルギーだけを原動力にしてどんなことも人一倍努力してきたのです。

彼女は、人から尊敬されるような学歴をつけ、有名企業に就職し、それなりにステイタスのある人と結婚して子宝にも恵まれ、傍から見れば「幸せそのもの」な人生を送っていました。

しかし、それでもずっと彼女の中には「怒り」のエネルギーが燃え続けていて、それが「かゆみ」という形になって表れていたのです。

ヒーリングを受けて、Aさんは「私はずっと、人を見下すことをエネルギーにして生きてきたんだ」と気づいたのだとか。

その怒りのエネルギーはいつしか自分自身に向くようになり、「かゆみ」や「痛み」へと形を変えてAさんを苦しめ続けていたのです。

そして、「ないものを手に入れようとして頑張ってきた自分」を手放し、「手に入れた幸せ」に感謝できるようになった。

結果として、あれほどまでに彼女を苦しめていたかゆみも痛みも嘘のように消え去り、本当の意味で自分を大切にできるようになったのです。

このように、医者から「ストレス性ですね」「心理的なものですね」と匙を投げられた症状がスピリチュアルヒーリングで劇的に改善したという事例もあります。

「病は気から」という言葉がありますが、それが意識ではなく「無意識」にあった場合はスピリチュアルヒーリングが非常に効果的だと言えるでしょう。

身体の変化は効果の指標となる

身体の変化は効果の指標となる

医学的な治療の場合は、その施術によって「血圧が下がった」「血糖値が正常になった」「コレステロール値が下がった」といった「数値」で効果の有無を判断できますよね。

客観的な指標を元にして効果を評価できるので、「この治療法は効く」とか「この医師は優秀だ」と、判断しやすい。

ですが、スピリチュアルヒーリングの場合は効果を評価するのはかなり難しいです。

なぜなら、「身体よりも精神面をメインでヒーリングするから」そして「人によって感じ方が違う」から。

ヒーリングを受ける人がなにをゴールにしているかによって評価も変わってしまうため、口コミを見てもあまりアテにならないのです。

ただ、一つ言えることは精神面でプラスの変化があればほぼ必ず身体の状態も変わってくるはずだということです。

心と身体はつながっていて、相互に影響を与え合って成り立っています。

身体が変われば心は変わるし、心が変われば身体は変わる。

ですから、ヒーラーさんの腕を見極めたいという場合は、そのヒーリングを受けた方の行動や身体面に表れる変化を見ると良いでしょう。

行動や身体は嘘をつけません。

ヒーリングの効果とは?心がスッキリするのが目的

身体の状態が整う

身体の状態が整う

「スピリチュアルヒーリングというと、「魂」にダイレクトに働きかける癒し法というイメージをお持ちの方も多いでしょう。

確かにその通りなのですが、心と体、そして魂は密接につながっています。

「こころ」というと「実体がなく、扱いにくいもの」と思われがち。

しかし、近年の研究では脳内で起きる現象をコントロールするによって心の問題の多くが解決できることもわかっています。

例えば、うつ病の予防や症状改善は「セロトニン」という脳内物質の分泌が密接に関与しているという話は、あなたもどこかで耳にしたことがあるのではないでしょうか?

朝日を浴びたり、リズム運動をしたりすることでセロトニンを増やすことができれば、気分の落ち込みはかなり改善されるのです。

実はスピリチュアルなヒーリングも、体の反応がセットになっています。

実際に受けたことがある方は実感としておわかりかと思いますが、たとえばヒーリング音楽を聴いてリラックスすると呼吸が深くなりますよね。

すると副交感神経が優位になり、体は戦闘モードから休息ムードに切り替わります。

血圧も安定して、ゆったりした心地になる・・・こういう状態になったとき、多くの人は「ああ、癒された」と言うでしょう。

つまり、セッションによってまず身体のコンディションが改善する。

これがメンタルの改善や安定につながっているケースも多いということです。

謎の焦燥感が和らぐ

謎の焦燥感が和らぐ

ストレス状態にさらされている時、ヒトの身体は「今から戦いに行くぞ!」という戦闘モード。

言ってみれば「いつ敵が襲ってくるかわからないじゃないか」と身体が身構えている状態なので、筋肉はこわばっているし心拍数も血圧も上がりっぱなしな状態です。

現代社会では、いつもこんなギリギリの状態に追い詰められている方も多いですよね。

「休む」「くつろぐ」ということに対して罪悪感を覚え、何かに急きたてられるように仕事をしてしまう。

休んでいても本当の意味で休まらない・・・、これでは自律神経の切り替えがうまくいかず、身体も心も壊れてしまいます。

ヒーリングは、そんな謎の焦燥感を鎮めてくれる効果があります。(※うつ病の症状である可能性もあるので、見極めが難しい場合は心療内科を受診してください)

焦燥感に囚われている時は、往々にして視野狭窄に陥っているもの。

自分の中で暴走する思考にばかりフォーカスしてしまい、「もしこんなことになったらどうしよう」「こうだったら」「ああだったら」と根拠のない仮設に紐づく不安に心がとらわれているのです。

ヒーリングは音、光、温感、香りなど“感覚”を通して心にアプローチする手法が多いので、単純に悩みや不安から気をそらすことができます。

その心地よさに身を任せることで時間感覚も変わり、「時間がない」という焦りから解放される。

結果的に、謎の焦燥感や不安が和らぎ、物事を冷静に、広い視野で見ることができるようになるというわけ!

潜在意識への扉が開く

潜在意識への扉が開く

目を閉じて呼吸に注目することを求められるセッションも多いです。

それは、外部からの余計な情報をシャットダウンするため。

現代人の多くは自分の外側から入ってくる情報に敏感に反応してしまっているため、その反応をストップさせる意味でも「目を閉じる」というのは効果的なアクションなのです。

瞑想もそうですが、目を閉じて自分の呼吸に注目すると、だんだん意識がぼんやりしてきて現実感覚が曖昧になってきます。

要するに、「もうちょっとで寝ちゃいそうなんだけど、ギリギリ覚醒している」というまどろみの状態ですね。

これは、意識と無意識の境界が緩んでいる状態とも言えます。

普段は意識によって抑え込まれている無意識への扉が半開きになった状態。

ですから、自分でも気づいていない本当の気持ちや、しまい込まれていた古い記憶や感情などが呼び覚まされやすいのです。

あえてこのような状態に誘導して感情を吐き出させるというセラピーもありますし、前世の記憶にアクセスする方法もあります。

いずれにしても、しまい込まれていたものを吐き出すわけですから、終わった後はスッキリ!

見て見ぬフリをしていた親への不満、謎の怒りや嫉妬、言いたかったけど言えなかった気持ちなどがあふれ出し、終わった後に涙を流す人もいます。

「なんだかわからないけど心がモヤモヤしてる感じがする」「いつもギリギリのところで幸せを逃してしまう」というタイプの方は、潜在意識にこういった“しこり”を抱えている可能性高し。

ヒーリングセッションをキッカケに、自分の幸せを阻んでいたブロックや本当に求めていたものに気付けるかもしれません。

ネガティブを引き寄せにくくなる

ネガティブを引き寄せにくくなる

「幸せな恋愛をしたいのに、ダメンズばかり引き寄せてしまう」

「お金持ちになりたいのに、出ていくほうばかり増えている感じがする」

このように、「ポジティブを望んでいるのにネガティブを引き寄せてしまう」という現象にお悩みの方も多いです。

それは、心に問題を抱えた状態で無理をしようとしているから。

身体だって、骨折して治り切っていない状態で運動したらますます悪化するか、他の部分をケガしてしまいますよね。

心も同じで、傷が癒えていない状態で幸せになろうとしてもうまくいきません。

しかも、心の場合は自覚できないレベルの傷が多いのも状況を悪化させる原因。

無自覚に心がささくれ、血を流した状態になっている人も多いのです。

まずは自分の状態に気づくことから。

ヒーリングを通じて心の深い部分にあった見えない傷に気づき、それをしっかり癒すことができれば、望んだものを自然と引き寄せられるようになっていきます。

人に優しくなれる

人に優しくなれる

スピリチュアルヒーリングは、自分自身の心を癒すメソッド。

・・・のように思われがちですが、実は人を癒す力を鍛えるトレーニングでもあります。

例えば、ケガをしたら傷口を洗って消毒をし、絆創膏を貼りますよね。

その方法は、誰かに教えてもらって、自分もやったことがあるから他者に対してもできるわけです。

心のケアも同じことで、自分の心が癒えていくプロセスを知ることで人にも同じことを施してあげられるようになります。

「癒す」とか「施す」というとちょっと難しく聞こえるかもしれませんが、単純に、「傷が治って心に余裕ができると、傷ついた人を思いやることができるようになる」ということです。

いつも健康でけがをしたこともない人は、身体が不自由な人の気持ちを本当の意味で理解することは難しいですよね。

自分では相手に寄り添っているつもりでも、実際は傷つけていることだってあります。

自分も同じ辛さを経験した人だからこそ、相手の苦しみを“我がこと”のように感じられるし、求められる癒しを与えてあげることができるのです。

ヒーリングとカウンセリング、占いの違いとは?

【大前提】3つに共通すること

【大前提】3つに共通すること

ネットを見ていても、書店をぶらついていても、やたら「癒し」とか「ヒーリング」とか「カウンセリング」「スピリチュアル」といったワードが目につくな・・・。

そう感じた時は、ちょっと心が疲れている状態なのでしょう。

人の脳は、意識していなくても今の自分に必要な情報を集める性質があります。

ですから、これらのワードにひっかかりを感じたら自分の中に生じているプチ異常やSOSに気づいてあげたほうが良いです。

ヒーリング、カウンセリング、占い。

いずれも、「悩んだ時に何かしらの答えをくれそう」「救ってくれそう」というイメージですよね。

しかし、共通して言えることは「本当の意味で自分を癒せるのは自分しかいない」ということです。

どの方法も、確かに、今のあなたにとって重要な気づきを与えてくれるでしょう。

何か行動するキッカケを作ってくれるかもしれませんし、一見、「心を癒してもらえた」と思う場面もあるかもしれません。

しかし、一部の専門的な施術(薬を処方する、手術をするなどの医療行為、マッサージ、ハリ治療
など)を除けば、結局のところ悩みや症状が改善したのはその人自身の治癒力によるもの。

どんなヒーリングを受けても、その人自身が潜在意識のレベルで「変わろう」「治ろう」と思わなければ根本的な解決にはなりません。

ですから、効果がなかったからといってヒーラーさんに全ての責任を押し付けるのは間違っています。

カウンセリングは論理的に問題を解決する方法

カウンセリングは論理的に問題を解決する方法

ヒーリング、カウンセリング、占いはいずれも人の「こころ」をメインで扱うものなので、その効果を定量的に見るのが難しいという点で共通しています。

ただ、カウンセリングはこの中では最も科学的な手法であり、体系的な学問に基づいたアプローチ。

臨床心理士のようにしかるべき教育過程を経て実践を積んでいないと取得できない資格もあるので、かなり専門性が高いと言えます。

例えば、「仕事のストレスで眠れません」という悩みを抱えた人がいたとしましょう。

心理カウンセリングでは、「なぜ眠れないのか」を一緒に考え、学問的な知見を元にその原因を取り除くお手伝いをしていきます。

本人は「仕事のストレス」と思っていても、実は家族との関係に何か問題があるのかもしれませんし、恋愛がらみかもしれません。

また、「眠れない」という判断基準も人によって異なりますので、「寝付くまでどのくらいかかるのか」「眠れなくなるのはどういう日か」「週にどのくらい眠れているのか」といったことまで深く探っていく必要がありますよね。

言ってみれば、こんがらがってほどけなくなった毛糸を、いろんな方法で一緒に解きほぐしていくのがカウンセリングです。

ヒーラーが目には見えない「エネルギー」を使ってお手伝いするのに対して、カウンセラーは「知識」、つまりは自分の頭脳を使って相手を助けるということ。

ただ、「こうすればほどけますよ」とアドバイスをすることはできても、その糸をほどいていくのはその人自身です。

強制することはできないので、途中で離脱してしまう人もいます。

占いは”気づき“によって背中を押す

占いは”気づき“によって背中を押す

占いは、カウンセリングで使われる「学問」「実験結果」という道具が、カードや天体図などいわゆる「占いツール」に置き換わったもの。

“何か”をベースにして悩み相談に応じるという点では共通していますが、学問的なバックグラウンドはありません。

占星術は天文学と重なり合う部分が大きいのですが、「星の動きが人の人生に影響を与える」というのは実験で証明されているわけではないのです。

※過去には権威ある科学雑誌である『Nature』に「分生子物学者にはおひつじ座の人が多い」「科学ジャーナリストはうお座が多い」という内容の論文が掲載されたことがありましたが、説得力に欠けるものであり賛否両論あったようでした。

同じく、タロットカードが時空とつながって未来を啓示するというのも、科学的に証明するのは難しい。

「占いは統計学です」という説がありますが、何割外れて何割当たるかまで明確にわからないというのは、厳密には「統計学」とは言えません。

しかし、「占いの結果に背中を押されて、その通りに行動したら成功できました」「占いに救われました」「占い師さんの鑑定で癒されました」とおっしゃる方も非常に多いですよね。

それはつまり、「直接的にその人の悩みや症状を改善することはできないが“気づき”を与えることはできる」ということ。

占いは、心の奥にあるスイッチを押すことで暗闇に光をもたらすことができるのです。

ヒーリングの効果にはヒーラーさんの状態も大きく影響する

ヒーリングの効果にはヒーラーさんの状態も大きく影響する

一方、ヒーリングはダイレクトに相手の内面に働きかけます。

例えば、手をかざしてエネルギーを送ったり、音楽や絵、香りを使うヒーリングもありますよね。

学問的な知識やホロスコープなどを使わず、相手の五感にダイレクトに働きかけてその人の状態を良くしていこうというのがヒーリングのアプローチです。

「その人のオーラや“気”に働きかける」という表現を使うヒーラーさんもいますね。

カウンセリングや占いに比べるとスピリチュアル色がかなり濃いので、「胡散臭い」「なんか怪しい」というイメージを持たれる方も多いでしょう。

しかし、実際にヒーラーさんが手をかざしたことで痛みが緩和するケースもありますし、現象から見れば「スピリチュアルヒーリングは手法として確かに存在している」と認めざるを得ません。

ただ、カウンセリングや占いに比べると施術を行うヒーラーさんのコンディションや能力次第で効果がかなり変わります。

そのような意味でも、定量的にその効果を実証するのは難しいと言えるでしょう。

ヒーリングは特に「相性」を重視して!

ヒーリングは特に「相性」が重視して!

いずれの方法も、人が人を癒す方法には違いありません。

ですから、施術してくれる人と自分の「相性」が合うかどうかはかなり重要な問題です。

特にスピリチュアルヒーリングは、目に見えない「波動」を使った方法ですから、相性が合うかどうかを見極めるのも感覚を頼りにするしかありません。

ヒーリングの「heel」という言葉には「欠けてしまった部分を補う」「機能していない部分を活性化させる」という意味も含まれています。

とすれば、時にはヒーラーさんがクライアントに対して自分のエネルギーを分けてあげるということもしなければいけませんよね。

自分が満たされていなければ人に分け与えることはできませんので、やはりヒーラーさんのコンディションによる影響は大きいと言えるでしょう。

ただ、ヒーリングであってもやはりその人自身が心を開くことができなければ望む結果は得られません。

ヒーラーさんの状態もさることながら、「この人に自分の欠けている部分をさらけ出せるかどうか」と、受けて自身が自分の直感に問うてみることも大事ですね。

ヒーラーは医学的な知識もあったほうが安心

ヒーラーは医学的な知識もあったほうが安心

ヒーラーは、特別な資格がなくても「ヒーラーです」と名乗れます。

レイキヒーリングなど一般社団法人が独自に設けている資格制度もありますが、日本ではまだ国家資格としては認められていません。

しかし、インドをはじめ、国家資格として認められている国もありますので、日本でも「ヒーラー」を名乗るのであれば医学的な知識を多少なりとも身に着けている方に施術してもらうのが安心ですよね。

例えば、「腕が痛い」という症状の背景にも、様々な要因が考えられます。

骨に異常があるのか?あるとしたら、どこにどういう形状でくっついている骨?

期間限定
復縁したい元カレや不倫している彼との間に、何が起こるか知りたくないですか?

もしも本当の幸せを手に入れたいのなら、下記の不倫や復縁に特化した初回無料のメール占いと、電話占いを今すぐお試し下さい。

「半信半疑だったけど、怖いくらい当たっていた!」

「鑑定結果で彼と関係の悩みが、なくなった」

と、評判の初回無料の占いなので、是非お試し下さい。

※どちらも両方試しても無料ですので、今すぐ不倫や復縁の悩みを解決する鑑定結果を受け取ってみてください。(20歳未満はご利用できません)

どこか別の場所をかばっているから腕が痛くなっている可能性はないのか?

これら医学的な知識があるかないかで、“気”を送る部位も送り方も違ってくるはずです。

実際、意識の高いヒーラーさんは自身の力だけに頼るのではなく医学や心理学の知識も取り入れる努力をされているようですよ。

また、ヒーリングを受ける側としても、たとえばチャクラについての知識くらいは入れておいたほうが良いでしょう。

チャクラとは「エネルギーの輪」という意味のヒンズー語で、いわゆる「ツボ」のようなもの。

人の身体には頭のてっぺんから足の裏まで全部で9つのチャクラがあり、ここからエネルギーを吸収していると考えられています。

人によってどのチャクラを活性化させるべきかが異なるため、ヒーリングを行う場合はこのチャクラに対応して方法を選ばなければいけません。

たとえば、愛やおもいやりが欠けていると感じるなら胸の真ん中にある第4チャクラに働きかける必要がありますし、他者とのコミュニケーションに問題を抱えているなら喉にある第5チャクラが対応するでしょう。

こういった知識があれば、自分自身でもヒーリングを行うことができます。

「癒されたい」と感じた時は、自分に必要なのはどのチャクラのエネルギーなのか?ということを意識してみましょう。

自宅でできるおすすめセルフヒーリング!初心者でも簡単

リラクゼーション

リラクゼーション

ヒーリングの基本は、「自己治癒力を高める」ということ。

つまり、究極的には専門的な知識がなくても、自分で自分の身体を癒すことはできるということです。

実際、ヒーラーが「私が触れるとラクになりますよ。心地よさを感じてくださいね」と言って触れれば、その言葉だけで症状が改善するという話もあったりするわけです。

スピリチュアルヒーリングは「暗示」による効果もかなり大きいということですよね。

それなら、自分でポジティブな自己暗示をかけて症状を緩和させることもできるはずです。

最も簡単に効果を実感できる方法としては、「リラクゼーション法」があります。

正式にはもっと複雑な手順があるのですが、ここではごく簡単にご紹介しますね。

  1. ラクな姿勢で椅子に座って目を閉じる
  2. 眉間にグッと力を入れる
  3. 力が入っているのを感じたら、今度は抜いてラクにする

どうでしょうか。

力を抜いた後、おでこが広がっていくような、温かくなるような感覚があったと思います。

これは、身体の力を抜いてリラックスする練習としてよく使われる方法です。

「力を抜いてリラックスしてください」と言われると、変に意識してしまって逆に身体に力が入ってしまうことってありませんか?

それを応用した手法で、「力を入れることで、”抜く“という感覚を味わう」という目的があります。

これを、肩、両腕、両足と続けてやってみると、全身がだらーんと脱力して心地よい感覚に包まれるでしょう。

ストレスでがちがちに固まった身体をほぐすことができたはず。

とても簡単ですが、これも一種のセルフヒーリングです!

ボディスキャン瞑想

ボディスキャン瞑想

一旦、身体に力を入れて、その後で抜く。

この「リラクゼーション法」と似たものとして、「ボディスキャン瞑想」があります。

これは、寝転がって目を閉じ、頭からつま先まで順番に身体の各パーツに意識を向けていくという瞑想方法。

「あ、息を吸ったら喉に風が通ったな」

「腕がちょっと重いな」

「胃が重たい感じがするな」

・・・こうして自分の身体と向き合うことは、未来や過去にとらわれず「今」をリアルに感じることに直結します。

続けることで、不安に強くなったり、自分や他者に対する慈悲の念が育まれるといった効果があることも実証されている、最強のメンタルコントロール法。

見方を変えれば心の傷を癒すヒーリングであり、心のケガに強くなるトレーニングとも言えますよね。

他にも、瞑想には「これでもか」というくらいメリットがたくさんあります。

瞑想についてはコチラの記事で詳しく解説していますのでぜひ併せてチェックしてみてくださいね。

カード占い

カード占い

みなさんは、タロットカードやオラクルカードをお持ちですか?

手に取ってみたことがないという方は、ぜひ一度、その世界を覗いてみてください。

タロットもオラクルも非常に種類が豊富で、描かれている世界観も様々です。

「占いにはあまり興味がないんだけど」という方でも、そのカードを眺めているだけでなにか内なる気づきが得られるかもしれません。

特に、オラクルカードはメッセージ性が強いものが多く、例えば「守護天使から、今のあなたに必要な伝言を届けます」というコンセプトで描かれているものもあります。

キャンドルを灯し、心を落ち着かせたらランダムにシャッフルして、1枚引いてみましょう。

解説本を元にしてカードの意味を理解するばかりではなく、手をかざしてエネルギーを受け取ったり、そのカードをお守りとして持ち歩いたり、スマホの待受けにしてみたり。

そのような使い方でカードからパワーをもらっている方も多いですよ。(特に欧米では)

高いヒーリング効果を得るには、相性の合うカードセットを選ぶことも大事。

ネット通販も良いですが、ふらっと書店に出かけてみると運命の出会いがあるかもしれません。

感情面にフォーカスした日記

感情面にフォーカスした日記

自宅でできるセルフヒーリングで最も簡単かつ効果的なのは「感情を書き出す」という方法です。

心理学ではエクスプレッシブライティングと呼ばれる方法で、自分の内面を客観的に見つめ、整理し、なおかつ余分なものを洗い流す効果があります。

誰に見せるわけでもないので、もやもやしているものを包み隠さず言語化するのがポイント。

ファイルでパンパンになったパソコンやスマホの動きが重くなるのと同じように、人の心も保存量が増えると重くなり、適切な判断や処理ができなくなります。

心がずっしり重い・・・。気分が晴れない・・・と感じているなら、心のファイルを整理して不要なものは「delete」で削除してしまいましょう。

エクスプレッシブライティングを習慣化することで、心の容量をいつも最適な状態で維持することができます。

1日ほんの少しの時間でも良いので、日記ヒーリングの時間を作るようにしてみてください!

ヒーリング音楽を聴く

ヒーリング音楽を聴く

眠れない夜、ゆったりとした音楽を流してみたらいつの間にか眠っていたという経験はありませんか?

あるいは、温泉やスーパー銭湯でBGMを聞きながらまったりしている間に眠ってしまったとか。

それは、耳とつながるチャクラが反応していた可能性があります。

耳は第6チャクラとつながっていて、直感の直枢とも言われるパーツ。

活性化させることで、見えないものからのメッセージを受け取りやすくなると言われていますので、積極的にヒーリングしていきたいポイントです。

ヒーリングとして「ソルフェジオ周波数」が推奨されています。

これはグレゴリア聖歌でも使われていたもので、特に528Hzの周波数は「傷ついたDNAを修復する」とも言われているんです。

どんな音なのか?サンプルはこちらのサイトがわかりやすいので、参考にされてみてください。

https://www.miki.co.jp/culture/bizdev/miki_music_lab/1343/

「安定」「調和」「直感」など、周波数によって得られる効果も異なります。

「なんか疲れたな」と思ったら、一つずつ音を聴いてみて、落ち着く周波数を探してみると良いでしょう。

自分の中の“ズレ”が修復され、自然界に同化していくような感覚を味わうことができます。

YOUTUBEでは音と映像で癒されるこんな動画も配信されていますので、合わせてチェックしてみてはいかがでしょうか。

おまじないもセルフヒーリングの一種!

おまじないもセルフヒーリングの一種!

スピリチュアルヒーリングは、「癒されていく」「良くなっていく」「ラクになる」という自己暗示も効果に強い影響を与えます。

そのような意味では、おまじないやスマホの待受けもセルフヒーリングの一種と言えるでしょう。

痛いところをさすりながら「痛いの痛いの飛んでいけ」と唱える。

満月の夜、月光を浴びながら願いごとを唱える。

好きな人のことを想いながら、彼の名前を書く。

夕日を眺めながら呪文を唱える。

スマホのロック画面に設定した朝日の写真を見てリラックスする。

・・・いずれも、自分自身に対して「大丈夫だよ」「きっとうまくいくよ」「安心してね」と愛ある暗示をかける行為です。

なにげなくやっていたおまじないが、実は強力なセルフヒーリングになっていたというのは結構よくある話。

私たちには、心にも身体にも自己治癒力が備わっていて、「自分を癒してくれるもの」を自然と選んで行動するようにプログラミングされているのかもしれませんね。

ヒーリング&浄化効果のあるおまじないについてはコチラの記事でも紹介していますので、ご興味がある方はぜひご覧になってみてくださいね。

ヒーリングを受けるときの注意点!向いていない人も

ネットでヒーリング動画を視聴するときはココに注意!

ネットでヒーリング動画を視聴するときはココに注意!

コロナの影響もあって誰もが不安を感じていた2020年。

さらに、占星術の世界では「風の時代」に入ったこともあり、「見えない世界」いわゆるスピリチュアルな世界に救いを求める方も増えているようです。

ネットではスピリチュアルヒーリングを掲げる動画も増えていますね。

ただ、ネットの情報を元にしてヒーリングを受ける場合は注意して欲しいポイントがあります。

それは、「邪気」に満ちた動画やサイトも多いということです。

例えば、「これを聞くと誰でも一発で幸せになれます」とか「これだけであなたのブロックが外れます」「これをやるだけでお金が入ってきます」とか。

このようなキャッチ―なタイトルをつければ、当然、人が多く集まってくるでしょう。

一見、「あなたを助けたい」と善人ぶって、実はお金儲けをしようとしている詐欺師と同じような手口。

そもそもスピリチュアルヒーリングの効果は人によって違うのですから、このようなタイトルを掲げる時点でスピリチュアルをよくわかっていない証拠です。

マイナスのエネルギーをダイレクトに食らってしまいますので、見るべき動画はちゃんと選ぶようにしましょう。

「なんとなく」で再生してしまわないように!

ヒーリングジプシーにならないように。

ヒーリングジプシーにならないように。

スピリチュアルヒーリングは、ヒーラーさんのコンディションも重要ですがエネルギーを受け取るあなた自身の状態によっても効果が変わってしまいます。

ですから、タイミングが悪ければ効果を実感できないどころか逆にマイナスになったように感じてしまうかもしれません。

しかし、だからと言って次々といろんなヒーラーさんを“ハシゴ”するのはオススメできません。

そういうときは、無意識がヒーリングを受けることを拒否している状態であり、どんなに優れたヒーラーさんからセッションを受けても全く同じ結果に終わってしまうからです。

「ジプシー」になり下がるのではなく、「なぜヒーリングを受け付けられないのか」という自分自身の内面の問題に目を向けてみましょう。

効果を「すぐに」「0か10か」で評価するのではなく、変化を長期的な目線で見ていく余裕を持つことも大事です。

カレンダーに記録をつけてみれば、今までは3日に1回は起こしていたパニックの症状が週に1回くらいまで抑えられているかもしれませんよ。

「慈悲」がマウンティングになる危険性もある

「慈悲」がマウンティングになる危険性もある

精神面のヒーリングでは、「インナーチャイルド癒す」というセッションも多いです。

インナーチャイルドとは、あなたの内側に「こども」のままで残ってしまった、もう一人のあなた。

子供の頃に満たされない“何か”を抱えてしまったことで、成長できないまま取り残されてしまったあなたです。

その原因は無意識の層に鍵がかかった状態でしまい込まれているケースが多いのですが、ヒーリングによってその鍵が外れることがあります。

そこで、「過去にとらわれるのはやめて」「あなたを傷つけた人も許してあげようよ」という働きかけをしていくことになるのですが、セッションでは「傷つけた人の幸せも願ってあげよう」という方向の働きかけをすることも多いのです。

「自分を傷つけた相手を許し、その人の幸せを祈る」

一見、慈悲深く美しい行動のようにも思えますが、そこには「私はお前に散々傷つけられたけど、まあ今は私のほうが上だから、お前の幸せも願ってやるよ」という傲慢さも感じ取れますよね。

インナーチャイルドを癒すつもりが、「マウンティング」という名の他者否定からエネルギーを得る形にもなりやすいので注意が必要です。

できないのに無理して「慈悲」の心を持とうとする必要はありません。

ただ、あなたを肯定して認めてあげられればそれでいい!

本当にヤバイ状態だったら心療内科へ相談して!

本当にヤバイ状態だったら心療内科へ相談して!

スピリチュアルヒーリングによって、医師にも解決できなかった症状が改善した。

これは十分にあり得る話ですが、逆に、医学的なアプローチでなければ絶対に治せない症状もあります。

例えば、「気分の問題」と思っていたことが、実は脳内の腫瘍が原因だったりすることもありますよ。

うつの症状も、投薬と心理的なアプローチを組み合わせて行ったほうが確実です。

統合失調症や認知症の域になるとなおさら、医学的なアプローチは必須。

なかには「どんな不調も私の力で100%治せる」と豪語するヒーラーさんもいるかもしれませんが、○百万円もかけたのに結局治らないというパターンだってあり得ますよね。

どんなタイプのヒーリングであっても、日常生活に支障をきたすような深刻な症状が出ていたり、繰り返し「死にたい」と思ってしまう希死念慮が出ているのであれば、まずは早めに専門医を受診すべきです。

「不調がある ⇒ 医師を受診する ⇒ 医学的に見ても異常はない ⇒ じゃあ、やっぱり原因は精神面にあるのかな。スピリチュアルも試してみようかな」

これが、最悪の結果を避ける基本的な流れです。

身近に「あきらかにヤバイ症状が出ているのにスピリチュアルだけでどうにかしようとしている」という方がいれば、受診するように促しましょう。

スピリチュアルはそれからでも遅くはありません!

「傷ついている私」にフォーカスし過ぎないようにしよう

「傷ついている私」にフォーカスし過ぎないようにしよう

スピリチュアルヒーリングで最も意識して欲しいことは、「傷ついている私」に同情し過ぎないことです。

「ヒーリング」はわりとカジュアルに使ってしまう言葉ですが、ヒーリングセッションを受けるということは「私は傷ついています」と認めることになりますよね。

心に痛みを感じていない人、全く違和感がない人は、そもそも「スピリチュアルヒーリング」という言葉に反応しません。

身体だって、「痛い」「かゆい」「熱が出た」とかなんらかの「異常」を感じたから病院に行くわけですよね。

それは心も魂も同じです。

さらに心の場合は、「ヒーリングを受けなければいけないわたし」を意識することが、かえって症状を悪化させてしまうという厄介な状況に陥りがち。

私は傷ついている。

私は、なんてかわいそうな人間なんだろう。

・・・こうやって自分に同情することで、新しい一歩を踏み出せない勇気のなさを正当化してはいないでしょうか。

村上春樹さんの名作『ノルウェーの森』にもあるように、「自分に同情するのは下劣な人間のやること」です。

自分が子供の頃に親に傷つけられたからといって子供を虐待して良いという理由にはならないし、満たされないまま大人になったからといってパートナーに「尽くしてほしい」とわがままを押し付けてはダメ。

ちょっと厳しい言い方ですが、自分に同情しているだけでは、現実は何も変わりません。

どんなセッションを受けても本当の意味で自分を変えることはできないでしょうし、きっと問題は解決しないでしょう。

ありのままの「私」を肯定し「OK」を出すことは大事ですが、「かわいそうな私」に同情して甘やかすことからは卒業すべきです。

科学的根拠がないヒーリングは人によって効果の出方が違うことも

科学的根拠がないヒーリングは人によって効果の出方が違うことも

プチ不調に効果テキメンな「スピリチュアルヒーリング」についてご紹介しました。

ヒーリングは、受けての心の持ちようも効果に影響を与えます。

大前提として、次の5つのポイントを覚えておきましょう。

  • 「スピリチュアル」は怪しいものではない
  • 身体のエネルギー状態を整えることで不調が改善することがある
  • スピリチュアルヒーリングはヒーラーさんとの相性も効果を左右する
  • 「効果がない」と感じた場合は受ける人の内面的な問題もからんでいる
  • ヒーリングが「傷」をかえって深くしてしまうこともある

スピリチュアルヒーリングには科学的な根拠がないものが多いため、Aさんには効果があったものがBさんには全くないということもあります。

また、「ヒーラーさんにやってもらっても全く効果がなかったけど、信頼できる友達に同じことをしてもらったら症状がグッとラクになった」なんてことも起こり得るのです。

極端に言えば、誰もが誰かにとってのヒーラーになれると言っても過言ではありません。

あなた自身が大切な“誰か”のヒーラーになれるように、日々の生活の中で心と身体を整えていきましょう!

【期間限定】人生や恋愛の事で悩んでいるアナタへ



こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「このままで良いのか…間違っていないのか…」

「コロナ禍の大変な時代…問題を解決して幸せになりたい…」

こんな感じならば、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

【輝とともに】とは、あの東京浅草の神様と言われる占い師「大和」が期間限定で、恋愛・金運・仕事・人生の悩みを鑑定し幸せになる為のヒント、アドバイスを受け取れる今、話題の占いです。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【輝とともに】を初回無料でプレゼントします。

片思いのあの人や不倫している彼氏の事、復縁の悩みも初回無料で診断できます。



※20歳未満は利用できません。

占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

彼から連絡がこなかったり、LINEをしても返事がこない事に悩んでいませんか?

そんな、あなたに大切な質問をしますね。

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼から必要とされる存在になるにはどうすれば良いかわかりますか?

・彼があなたに深層心理で求めているものが何かわかりますか?

・彼がもう一度あなたを幸せにしたいと思ってもらうにはどうしたらいいかわかりますか?

こちらLINE@に登録して頂けると、占い師マダムアリアが初回無料にてこれらの答えを鑑定結果にて今すぐお伝えいたします。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事